しわの原因と対策☆毎日のケアでできることと言えばどんなこと?

年齢と共に出てくる肌悩みの1つで、深刻なのがしわですよね。
しわがあると、一気に老けた印象になってしまいます。

このしわ、「年齢を重ねると自然に出てくるものだから仕方ない」と思ってしまいがちですね。

だけど、よく見てみると同じ年齢でも、明らかにしわが少ない人もいます。

では、このしわができる原因とは一体何なのでしょうか?

また、しわができないように、あるいはできたしわを薄くするためにできる対策には、どのようなものがあるのでしょうか?



スポンサーリンク
スポンサーリンク

しわの原因とは?


しわの原因は、細かく追及すれば色々なことが考えられます。
ですが、大きく言えば主な原因は2つです。

1つ目には、紫外線による影響。
紫外線は肌の奥深いところにダメージを与え、真皮に達する深いしわを刻んでしまいます。

このような紫外線を原因とするしわは、残念ながら対策をしても、消えてはくれないと言われています。

奥が深く、セルフケアではなかなか、改善しないしわなのです。

それからもう1つの原因は、肌の乾燥です。
乾燥した肌は柔軟性を失い、硬くなってしまいます。

すると、健康的な肌であればすぐに消えてくれる表情じわなども、しっかりと刻まれた状態になってしまうのです。

このような乾燥が原因のしわであれば、肌の保湿を徹底するという対策により、改善の見込みがあると言えます。

しっかり保湿ケアをして、表情じわがのこらない、潤いに満ちた肌を目指したいですね。

この原因に関しては、若い時でも起こりうるものだということも忘れてはなりません。

若い肌でも乾燥が激化すれば、しわができる可能性があるので、年代を問わずしっかり対策していきましょう。

しわ

しわの原因☆予防対策を!


しわというのは、1度できてしまうと簡単には改善することができない頑固な肌悩みです。

特に紫外線を原因とするしわは、セルフケアでどうにかなるようなものではありません。

そこで、まず大切にしたいのは「できる前の予防対策」ですね。
予防対策として第一に大切なのは、紫外線ケア。
しっかりUVクリームなどで肌を守りましょう。

それから、帽子やサングラスの着用なども、肌を守るために大切です。
ちょっとしたお出かけでも、紫外線には気を付けましょう。

もちろん、紫外線ケアは年中行います。
冬でも、肌の真皮に影響を及ぼすという紫外線はしっかり降り注いでいます。

紫外線ダメージは蓄積していくものです。
毎日しっかりケアの積み重ねをしていくことで、将来のしわを予防しましょう。

それから、しわの予防対策としてもう1つ大切なのは、肌の保湿ケアですね。
肌を柔らかく、健やかな状態に保つために、特に目元や口元は徹底的に保湿ケアを実践していきましょう。

また、しわは肌のたるみによっても起こります。

これは表情筋を鍛えることでも防ぐことができますので、顔の筋肉をよく動かして、しわのない美肌作りのために、弾力を維持しましょう。

しわができてしまった時の対策


予防してきたつもりでも、しわができてしまうこともあります。
年齢と共に現れるしわは、ある程度は仕方のないものです。

ですが、できてしまったしわを少しでも薄くすることができたらうれしいですよね。

そんな、できてしまった後のしわの対策として有効なのは、やはり保湿です。

化粧水をたっぷりとコットンに含ませて、しわが気になる部分にはコットンを5分程度置き、コットンパックします。

その後、乳液やクリームを塗布して潤いを閉じ込めましょう。

それから、マッサージをしてみても良いですね。
ほうれい線のところなどはしわになりやすいので、マッサージクリームを付けて、優しい力加減で下から上に持ち上げる感覚でマッサージをしてみましょう。

やり過ぎは逆効果なので、適度にします。

こうして肌の保湿ケアを徹底し、マッサージで血行を促進するという対策をしていると、肌の弾力がアップしてターンオーバーも促進されます。

その結果、気になるしわがある程度薄くなる効果は実感できる可能性があるのです。


まとめ


頑固な年齢肌悩みの1つ、しわ。
原因を排除し、できる限り予防対策していくことから始めましょう。

予防対策を始める時期に、早すぎるということはありません。
若い頃から気を付けていれば、将来のしわを減らすことができるのです。

できてしまったしわは、セルフケアでの改善は難しいもの。

すでにしわが気になっている方も、それ以上悪化させないために、UV対策と乾燥対策をしっかり行っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする