高松市にある桜の名所はどんな所がある?オススメスポット3つ

四国地方の北東部に位置している高松市は香川県の県庁所在地です。
四国の中で経済の中心地だとされており、とても豊かな市です。
また国からは中核市として指定されている場所で、多くの人が行き交う場所となっています。

そんな豊かな高松市ですが、自然もとても豊かなのです。
春に咲く桜もとても美しく、多くの人の心を癒してくれています。

今回は高松市の中にある桜の名所をいくつかご紹介していきます!
ぜひ一度自然豊かな高松市に足を運んで美しい桜を見に行ってみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク
スポンサーリンク

高松市の桜の名所☆特別名勝に指定されている栗林公園


高松市の中でも特別名勝に指定されていて有名なのがこの栗林公園です。
ここの特徴といえばやはり回遊式大名庭園に咲くソメイヨシノを中心に、約290本もの桜があることです。

本数も多いので辺り一面桜景色で本当に美しい景色となっています。

また湖面に映し出された桜も本当に見事で幻想的です。
艶やかさがありながらも松の翠の色彩との組み合わせが本当に見事で、来る人の心を癒してくれています。

桜だけではなく是非湖面にも着目してみてはいかがでしょうか?

ここの桜の見頃は3月下旬から4月上旬にかけてです。
また桜の開花の時期に合わせてライトアップも行われており、夜桜も観賞することができます。

夜桜が観賞できるのは21時までなので、時間には注意してください。



交通アクセスはJR栗林公園北口駅から徒歩約3分程で到着します。
またことでん琴平線栗林公園駅からは徒歩約10分程で到着します。

またJR高松駅からバスも出ており、「栗林公園前」を下車した後徒歩1分程で着きます。
また車で行くことも可能で、62台まで駐車できます。駐車料金は25分で100円です。

高松市の中では本当に有名な桜の名所なので、ぜひ一度は立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

高松市の桜の名所☆高松城跡を整備した公園!史跡高松城跡玉藻公園の桜


高松市の名所として有名なものとして高松城跡玉藻公園です。
ここは国の史跡として指定されている名所です。
国の重要文化財として指定されている建物も4棟あります。

また、海水を引き込んでいるお濠にもタイやヒラメなどの魚も泳いでおり、餌やりなども体験がすることができる場所で家族皆が楽しめるような場所になっています。

そしてここ玉藻公園も桜の名所としてとても有名です。
辺り一面に咲く桜ももちろんのこと、水面に映る桜も美しく、毎年多くの人が訪れています。

桜が満開になってきてお花見シーズンになると、桜の馬場が夜間無料開放されており、夜桜の観賞もすることができます。

ここの桜の見頃は4月上旬から4月中旬です。
夜桜を見る時は夜間無料開放されている期間のみなので注意してください。



交通アクセスはJR高松駅から徒歩約3分程で到着します。
また東門に行くには徒歩約10分程到着します。
また車で行くことも可能で57台まで無料で駐車できます。

家族皆で楽しめるような場所となっているので、ぜひ家族連れで行ってみてはいかがでしょうか?

高松市の桜の名所☆桜並木が本当に見事で圧巻!公渕森林公園


春らしい景色を楽しむならこの公渕森林公園がおススメです。
ここは約500mあるメイン通りの桜並木がとても美しくて有名です。
毎年多くの人がこの桜並木に足を運んで美しい桜を眺めています。

また芝生広場周辺やちびっ子広場周辺に咲いている桜も見事で、この桜の木の下でお弁当を食べながら桜を楽しんでいる家族も毎年見受けられます。

桜を色々な方法で楽しむことができるのが人気のポイントとなっています。

またここならではの名物としてチューリップと桜のコラボレーションを見ることができて、春らしい景色を見ることができるのも特徴です。

ここの桜の見頃は3月下旬から4月上旬にかけてです。
夜桜の観賞はできないので注意してください。



交通アクセスはJR高松駅から車で約40分程かかります。
またことでん長尾線高田駅から車で約10分程かかります。

もし車を持っていなかった場合はタクシー等の公共機関を利用しましょう。
また駐車場も完備されているので自家用車でも行くことができます。

春らしい美しい景色を見られる絶好の場所となっています。
ぜひ一度この公園に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

まとめ


高松市は豊かな都市として発展している場所ですが、自然もとても美しくて豊かです。
こういった所に咲く桜は本当に美しいものです。

様々な見方ができる魅力的な桜ばかりなので、ぜひ機会があれば高松市に足を運んで、桜を見に行ってみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする