化粧品の使用期限※未開封ならどれくらい?開封後ならどれくらい?

化粧品は安い買い物ではないので、普段はすごく大切に使っているつもりですよね。

ですが、ついうっかり購入した化粧品を忘れてしまい込んでしまったり、使いかけの化粧品を置きっぱなしにしてしまったり・・・

そんなことってありますよね。

引っ越しや大掃除の時に、そんなもったいない状態の化粧品が出てきて、ハッとすることもあります。

では、そんな化粧品、未開封の時と開封後の時、使用期限はどのくらいなのでしょうか?

安全に使えるであろう期限について紹介します。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

化粧品の使用期限☆未開封なら?


化粧品は封を開けると雑菌が侵入しやすくなるため、品質の劣化が早まりますが、未開封であれば衛生状態を保つことができます。

そのため、未開封状態での使用期限は比較的長めです。

およその目安と考えると良い使用期限は、「未開封で3年」。
ですが、これは化粧品に配合されている成分や、保存していた環境などによっても違ってくるので注意が必要です。

保存料などがたっぷり添加された化粧品であれば、それなりに長持ちはしますね。

最近、化粧品で特に人気なのは無添加で肌への優しさにこだわったものなので、保存料が配合されていないという物も多いです。

こういったものは使用期限も短いと考えましょう。

また、直射日光が当たる場所や高温多湿の場所に保管していた化粧品は、食品と同じで、劣化が早くなってしまいます。

風通しの良い冷暗所に保管してあったものなら、3年くらいは持つと考えて大丈夫でしょう。

化粧品 使用期限

化粧品の使用期限☆開封後なら?


開封した化粧品というのは、空気に触れるために、どうしても酸化が進んでしまいます。
しっかりと蓋をしているつもりでも、どうしても空気が入ってしまうので、そう長くはもちません。

開封後の化粧品の使用期限は、半年程度と考えましょう。
特に、手にとって使用するクリームなどの場合には、手指に付いた雑菌が化粧品の中に入り、ますます劣化が早くなります。

スパチュラなどを使用して手にとった方が、長く良い状態を保てるということが分かりますね。

化粧品は、基本的にはシーズン中に使い切るのが良好な状態で使えるポイントです。

開封後、シーズン中に使いきれなかった化粧品は、翌年のシーズンに持ち越すのではなく、ボディ用に使用するなどして使い切りましょう。

顔のお肌は非常にデリケートですが、ボディなら、大きな影響なく使える可能性があります。

それでも、開封後1年以上経過した場合には、できるだけ使用を控えることをオススメします。
ボディであっても、何かしらのトラブルが起こらないのは限りません。

化粧品☆使用期限を守らないとどうなる?


化粧品は、美しくなりたいという気持ちをサポートしてくれるアイテムです。
ですが、使用期限を大きく過ぎた化粧品を使用してしまうと、そんな「美しくなる」という目的を外れてしまいます。

雑菌が繁殖した化粧品を肌に塗布すれば、肌荒れなど思わぬトラブルを起こす可能性があります。
美しくなるどころの話ではありませんね。

また、すぐには何も問題が起こらなかったとしても、やはり将来的に肌にダメージを蓄積することになるでしょう。

食べ物で例えて考えてみてください。
どんなに美容に良いと言われる食べ物でも、腐ったものを食べても美しくなれるということはありませんよね。

使用期限を過ぎた化粧品も同じことです。
どんなに良い成分が含まれていても、腐ったものを肌に乗せて得られるメリットは無いと考えましょう。

開封後の化粧品で、いつ開けたのかよく分からないというものでも、ニオイや見た目をチェックして違和感がある場合には絶対使用しないようにしましょう。

もったいないという感覚で使ってしまうと、肌にダメージを与え、ますます損をしてしまう事態になってしまうかもしれません。

まとめ


化粧品の使用期限は意外と長いものではありますが、やはり「ついうっかり」という感覚で放置してしまうと、期限を大きく過ぎる可能性があります。

そんな期限を過ぎた化粧品は、使わないほうが得策なので、化粧品の使用期限管理はきっちりすることが大前提ですね!

開封後は半年、未開封なら3年という期限を頭に入れておき、化粧品を大切に使用しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする