菓子をクリスマスに楽しむならどんな物が定番で手作りしやすい?

菓子 クリスマス
クリスマスになると、甘い物をたくさん食べたくなりますね!
どこの家庭でも楽しんでいるのは、やっぱりクリスマスケーキ!
ですが、それだけではなく、クリスマスらしい菓子を食べたいですよね。

では、クリスマスらしい菓子というのは一体どのようなものなのでしょうか?
また、手作りで楽しめる菓子があれば、チャレンジしてみたいですね。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリスマスの菓子といえばシュトーレン


クリスマスの菓子の定番といえば、やっぱりシュトーレンです。
ドイツのクリスマス菓子で、ドライフルーツを焼き込んだ甘い菓子です。
長期間保存すると、どんどん味がなじみ、美味しくなるという素敵なシュトーレン。
クリスマスに購入して、少しずつ食べながら楽しみたいですね。

砂糖をたっぷり使うため、非常に長期間もたせることができます。
保存料を使わない手作りのシュトーレンでも、状態が良ければ1カ月はもつと言われています。
ただし、様子を見ながら、ニオイや状態が気になったら食べないようにしましょう。

それから、シュトーレンをクリスマスに食べたいなら、1週間前くらいに作ることがオススメです。
1週間ほど経過すると、ドライフルーツから風味が周囲の生地にしみだしてくるので、さらに味わいが増すのです。

作り方も、ドライフルーツを購入すれば、わりと簡単にできます。

○材料
・強力粉・・・130g
・アーモンドプードル・・・25g
・シナモンシュガー・・・小さじ1/2
・砂糖・・・20g
・ドライイースト・・・2g
・牛乳・・・50㏄
・溶き卵・・・1/2個分
・塩・・・一つまみ
・バター・・・25g
・ドライフルーツ・・・150g
・アーモンドスライス・・・30g
・バター・・・40g
・グラニュー糖・・・適量
・粉糖・・・適量


○作り方
①強力粉とアーモンドプードル、シナモンシュガーを混ぜて中央に穴をあけ、そこに砂糖とドライイーストを入れる。
②卵と牛乳を混ぜ、これを①の穴に入れ、さっと混ぜる。
③②にバターと塩を加えてまとまるまで捏ねる。
④ドライフルーツとアーモンドスライスを加えて、さらに捏ねて、50分ほど発酵させる。
⑤ラップをかけて20分ほどおく。
⑥綿棒で伸ばし、上下を少しずつ折り曲げ、半分に折って棒状の形に整える。
⑦180℃のオーブンで20~25分焼き、焼き上がりにバターを塗って染み込ませ、グラニュー糖をまぶして冷ます。
⑧⑦にラップをかけて置いておき、冷めたら粉糖をかければ出来上がり!

基本的には混ぜて焼くだけなので、子供と一緒に作ることもできるのが嬉しいですね!

クリスマスの菓子ならマッドケーキ


生クリームたっぷりのケーキが苦手という方が楽しむなら、マッドケーキがオススメです。
マッドケーキというのは、濃厚なチョコケーキ。
生クリームは使わず、チョコを焼き込んで作る焼き菓子のようなスタイルのものです。

イギリスなどで親しまれている菓子で、またオーストラリアなどクリスマスが夏という季節になる国では、特に重宝されています。
夏のクリスマスに生クリームを使うのは、傷みやすく、また温度ですぐにクリームが柔らかくなってしまいます。
混ぜ込んで作られるマッドケーキなら、そんな地域でも美味しく食べられるということで親しまれているのです。

焼き菓子のような感覚のものなので、手作りするのも簡単です。
チョコ好きにはたまらないマッドケーキ。
クリスマス菓子として手作りを楽しんでみましょう!

クリスマスの菓子☆パネットーネ


イタリアで定番となっているクリスマスの菓子は、パネットーネです。
パネットーネというのは、伝統的な菓子パンで、ミラノの銘菓とも言われています。

この菓子は、パネットーネ種という酵母でじっくりと発酵させた生地に、レーズンやプラム等のドライフルーツを加えて焼き上げられます。
シュトーレンと似ているように感じられますが、柔らかく、甘味もシュトーレンよりは少なめです。

ただ、この菓子のレシピにはパネットーネ種を使うのが必須で、この種を使った発酵には非常に手間暇がかかります。
何度も発酵と生地を休ませる行程を繰り返して作られるものなので、家庭で手作り、というのは難しいですね。
日本ではホテルなど、パンや菓子の専門店で販売されることがあります。
クリスマスシーズンにはチェックしてみましょう。

最近では、ドライフルーツを使ったパネットーネだけでなく、チョコチップなどを混ぜ込んだものも登場してきています。
クリスマスに楽しむ甘くてボリューム満点の菓子、パネットーネで、ミラノ気分を味わうのも素敵ですね!

まとめ


クリスマスには、様々な国で親しまれる、伝統の菓子が登場してきます。
各国の伝統菓子を楽しんでみるのも、クリスマスの醍醐味の1つですね。

日本でも定番化してきている菓子、シュトーレン。
今年は手作りにチャレンジしてみるのも良いですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする