わらび餅のカロリーは?ダイエットにも利用できる?味つけは?

春の味覚として、つい食べたくなるものの1つが、わらび餅ですよね。
本わらび粉を使って作ったわらび餅などは、本当においしくて、ついぱくぱくと食べてしまいますね。

ですが、一体このわらび餅、カロリーはどの程度あるのでしょうか?
ダイエットにも適しているのかどうか、気になるところです。

そこで、一見あっさりとしてダイエット向きに思えるわらび餅のカロリーについて、その真実を見てみましょう。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

わらび餅のカロリーは高い!?


わらび餅は、あっさりとした和菓子で、とても低カロリーなダイエット向きのおやつという印象がありますよね。
では、実際にはわらび餅のカロリーはどの程度なのでしょうか?

実はわらび餅は、約1人分で170キロカロリー以上あるのです。
これはわらび餅約150g分程度のカロリーで、意外と高いと感じる方が多いですよね。
そうです。
わらび餅のカロリーは高いのです。

では、どうしてわらび餅のカロリーは高いのでしょうか?
これには、原材料が関係しています。

市販されているわらび餅は、原料を見てみると、その大半がさつまいものでんぷんや本葛、タピオカのでんぷんなどが利用されたものです。 これらにはさらに、旨みを出して美味しくいただくために「糖質」がプラスされています。

糖分もたっぷり入っており、しかもでんぷんが用いられるということで、高カロリーなデザートになってしまうというわけです。
ダイエット中には、市販の安価なわらび餅は避けた方が良さそうですね。

わらび餅のカロリー☆ダイエット中に抑えるなら?


カロリーなんか気にしないから、市販の安価なわらび餅をたっぷり食べたい!というのならそれでもかまわないでしょう。
ですが、ダイエット中にできるだけ摂取カロリーを抑えたいというなら、食べるわらび餅の種類にこだわることが大切です。

本来のわらび餅に用いられる材料は、春の山菜であるわらびの地下茎です。
ただし、これはとても希少な原材料であり、コストもかかることから、あまり市販品ではこれを用いたわらび餅が販売されていないのです。

本わらび粉を使って作ったわらび餅なら、そのわらび粉自体に旨みがあるため、それほど大量の砂糖を加えなくても美味しくいただけます。 そのため、低カロリーで美味しいわらび餅に仕上がるというわけですね。

さらに本わらび餅は、ただ低カロリーというだけではなく、味や食感も市販の安価なものとは比較にならないほど美味しいのです。
適度な弾力があり、クセになる食感で、病みつきになってしまいますね!

わらび餅をダイエット中に楽しみたいのであれば、まずは裏側の原材料を確認してみましょう。
原材料の中に「わらび粉」が少しでも入っているものを選んだほうが、低カロリーになる可能性大です!

わらび餅☆ダイエット中の味つけは?


美味しいわらび餅ですが、原材料の大半はでんぷんなので、市販のものだとイマイチ、風味が無いと感じる方も多いですよね。
そこで、そんな時にはイロイロな味付けで美味しくいただくのがオススメです。

定番はきな粉ですね。
それから黒蜜などをかければ、より甘味が増して美味しくいただけます。

ただし、このような方法で食べる時にはきな粉には砂糖を加えないこと!
黒蜜は砂糖からできているものなので、カロリーを気にするなら、少量でしっかり甘味を感じられる蜂蜜を書けるほうが良いでしょう。

きな粉自体は大豆由来のものなので、比較的、ダイエット向きの食品です。
餡子などを合せるよりはカロリーも抑えられるでしょう。

市販のわらび餅を購入する場合、きな粉も添付されているケースが多いですね。
ですがそういった商品の場合、わらび餅そのものにも、きな粉にもたっぷりの砂糖が添加されているということを忘れてはなりません。 これを控えたいのなら、わらび餅を自宅で手作りして、砂糖を控え目にしてみるのがオススメです。

片栗粉などで簡単に作れますので、気軽にチャレンジしてみましょう!

まとめ


わらび餅のカロリーを見ると、意外とダイエット向きのおやつではないということが分かります。
ただし、本わらび粉を用いた高級品は別。
どうせ食べるなら、少々お金がかかっても、本わらび粉を使った低カロリーで美味しいものを選びましょう。

わらび餅をダイエットに活かせるかどうかは、選び方と味つけの仕方次第、ということですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする