山形大花火大会☆2016の日程や場所は?ホテルならどこがオススメ?

全国各地で繰り広げられる、夏の風物詩である花火大会。
中でも「山形大花火大会」は、毎年40万人以上もの人出で賑わう規模の大きなお祭りの1つですね。

約2万発もの花火が空を彩る山形大花火大会、2016年も見逃せません!
では、2016年に第37回目を向けるこちらの花火大会は、日程はいつで、場所はどこから見るのが良いのでしょうか?
また、周辺のホテルなどのスポットも気になるところですね。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

山形大花火大会☆2016の日程は!?


まずは山形大花火大会の2016の日程をチェックしておきましょう。

2016年、山形大花火大会は8月14日を予定しています。
打ち上げ時間の予定は、午後7時〜午後9時まで。
約2時間の間に、2万発もの花火が打ち上げられる様は、まさに圧巻ですね。

こちらの花火大会は、毎年8月14日に開催されます。
今年は日曜日となっていますので、ますます多くの人出で賑わう予感がしますね。

なお、雨の場合は小雨決行ですが、荒天になると中止になってしまいます。
ややこしい場合は問い合わせてみるか、公式サイトなどの情報で確認しましょう。

山形大花火大会☆場所でオススメは?


40万人以上もの人出で賑わうとなると、「どうすればゆったり楽しめるのか!?」ということをしっかり考えておきたいですよね。 そこで重要となるのが、穴場スポットのチェックです。

まず山形大花火大会の場所ですが、これは須川河畔半田橋周辺となっています。
最寄駅はJR山形駅から徒歩1時間ほどとなっており、かなり遠いので、臨時の有料シャトルバスを利用すると便利です。

山形市総合スポーツセンターや、あかねヶ丘陸上競技場、県工業技術センターなどから、片道500円のバスが出ています。
会場までは車で訪れることができませんので、こういったバスを利用して訪れるようにしましょう。

それから観覧する場所ですが、やはりゆったりと楽しみたいのであれば、桟敷席がベストです。
桟敷席の詳細は、2016年に関してはまだ発表されていませんが、河の両岸に設けられ、チケットぴあなどで前売り券を購入することもできます。

無料で楽しめる穴場スポットを探しているのであれば、西公園の駐車場なら、会場からは離れるものの、意外とキレイに打ち上げ花火を楽しむことができます。 それから、富神山もオススメの穴場スポットです。
打ち上げ場所からは約7キロ離れていますが、標高が402mあり、見おろしながら花火鑑賞が楽しめます。
花火を見下ろすという体験はなかなかないので、これは要チェックですね!

山形大花火大会☆ホテルなら?


山形大花火大会を、よりゆったりと満喫したいのであれば、ホテルからの鑑賞がおすすめです。
ホテルからなら、花火大会の会場までの行き帰りの混雑に巻き込まれることもなく、心からゆったりと楽しむことができます。
花火を見終わったら、そのままホテルに宿泊して寝てから帰れば良いだけなのも嬉しいですね。

山形大花火大会のホテルでおすすめなのが、リッチモンドホテル山形駅前です。
こちらは西側の最上階の部屋を予約すれば、花火を部屋でしっかり鑑賞できます。

また、こちらのホテルは景色も素晴らしいので、花火だけでなく景色を満喫できるのも嬉しいポイントですね。

それから、もう1つおすすめなのがワシントンホテルです。
こちらのホテルは、会場からはやや、離れてはいるものの、美しい花火をゆったり楽しめるということで人気となっています。
花火が楽しめる部屋は多くはなく、すぐに予約で満室になってしまいます。
ですが、当霞城セントラルの4階を解放して屋台が出て、花火鑑賞ができる、などのイベントを実施することもあるので要チェックです。

2016年の花火大会当日の催しについては、ホテルに問い合わせてみてください。

まとめ


山形大花火大会は、2016年も例年通りの8月14日という日程で、盛りあがりを見せてくれそうですね!
東北地方では最大級と言っても過言ではないこちらの花火大会。
ぜひ事前にしっかり下調べして、満喫したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする