安納芋のカロリーは?育て方は普通のサツマイモとどう違うの?

さつまいも
甘くておいしいサツマイモの品種、安納芋。その甘さを知ると、一般的なサツマイモでは物足りなく思えてしまいますよね。だけど気になるのは、やはり甘さが強い分、カロリーが高いのではないかという点ですよね。

それから、この安納芋、一体どうして甘味がこんなにも強いのでしょうか?育て方にどんな違いがあるのかも気になるところです。そこで、そんな安納芋について調べてみました。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

安納芋のカロリーはどの程度?


まず、甘味が驚くほどに強い安納芋のカロリーですが、これは150gというお茶碗1杯のごはん程度の量で換算すると、約210キロカロリーです。こう聞くと、高カロリーに感じられるかもしれませんが、一般的なサツマイモのカロリーを見てみると、その結果に驚きます。

なんと、一般的なサツマイモのカロリーは150gあたり約250キロカロリー。甘さがあれほど強いにも関わらず、安納芋は一般的なサツマイモよりもカロリーが低くなっているのです。

甘さが濃厚で、しっとりとして蜜を含んでいるかのような安納芋。低カロリーなのに満足感が得られるという意味では、普通のサツマイモよりも、こちらを選んだ方がオトクかもしれません。高級品だけのことはありますね。

安納芋のカロリー☆ダイエットの視点で考えると?


安納芋のカロリーを、ダイエットという視点から考えてみるとどうでしょうか?

まず、カロリーが150gで約210キロカロリーとなると、決して低いとは言えませんよね。これをおやつに食べるとすると、ややカロリーオーバーと感じる方もいらっしゃるでしょう。理想的なおやつのカロリーは、150〜180キロカロリー程度。そういった点ではダイエットには不向きかもしれません。

ですが、忘れてはいけないのが、こちらの栄養素です。

安納芋にはたっぷりの食物繊維が含まれ、これが整腸作用をもたらし、ダイエットの天敵である便秘を解消してくれます。さらに安納芋には様々なビタミンが含まれており、中でもビタミンB群の含有量が高くなっています。

しかも、むくみの解消に効果的なカリウムや、代謝促進に無くてはならないミネラルのマグネシウムなども豊富です。これらの栄養面のことを考慮すると、スナック菓子などを食べるよりも断然、ダイエット向きの間食になりそうですね。

おまけに、普通のサツマイモを食べた時よりも甘味による満足感が得やすいので、ダイエット中におやつとしていただくには最適だと言えます。ストレスを溜めないダイエットに、安納芋を活用してみましょう!

安納芋の育て方とは?


ダイエットにピッタリでカロリーも意外と低い安納芋。では、こちらはどうしてこんなにも、高級な品種なのでしょうか?単なる品種の差によるものなのか、それとも育て方が難しいからなのか、気になるところですね。

ちなみにこちらの芋は、安納地区でしか育てられない芋というわけではありません。実は国内の各地で家庭菜園などで育てている方は大勢いらっしゃいます。

ただし、安納芋は育て方や収穫後の取り扱いが難しいという特徴があるのも事実です。そのため、単位面積あたりの収量が少なく、そういった理由から高額になっているということが考えられます。

安納芋の育て方は、基本的には普通のさつまいもと同じです。質の良い土にできるだけ間隔をあけて苗を植え、育てていきます。

よく用いられる窒素肥料は多肥による不作の原因になることもあるので、あまり使用しないほうが良いという声もあります。もみ殻などを鋤き込みすると、よく育つと言われています。

スーパーなどで購入してきた安納芋を使い、苗から育てて収穫に至ったという方も少なくありません。高級品種、安納芋を手作りしてみたい方は、こういった方法にチャレンジしてみるのも良いですね。

まとめ


甘くておいしいのに、意外と低カロリーな安納芋。効果なサツマイモとして知られる理由は、生産性が高くはないということにあると言えます。

ですが、基本的なサツマイモの育て方に精通している人なら、育てられないことはなさそうです。ダイエットにたっぷり活用するためにも、安納芋栽培にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする