ゴーヤ料理※苦くないのでランキング上位に入っているものは?

ゴーヤ
沖縄県産の野菜であるゴーヤは、独特の苦みがあり、食べにくいという人も多い食材です。
ですが、せっかく栄養も豊富なゴーヤ。

できることなら苦くないゴーヤ料理にチャレンジして、子供たちにもたべさせたいですよね。

そこで、ゴーヤ綾里で苦くないということでランキングでも上位に入っているものを紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴーヤ料理☆苦くないもので人気のシリシリ


ゴーヤ料理は、炒めて作るものが多いですよね。
そんな炒め料理の1つに、シリシリと呼ばれるものがあります。

人参シリシリは有名な料理ですね。

それに、ゴーヤを加えて苦くないレシピにしたものが、ランキングでも人気です。

●材料(2人分)
・ニンジン・・・1/2本
・ゴーヤ・・・1/4本
・ちりめんじゃこ・・・ひとつかみ
・粗塩・・・大さじ1/2
・ごま油・・・大さじ1
・めんつゆ(2倍濃縮)・・・小さじ1/2
・すりごま・・・大さじ1/2


●作り方
人参は千切りにします。
ゴーヤはごく薄く切ってあら塩をまぶし、よく揉んで10分ほど置いて、水分が出たら流水にさらして絞ります。
フライパンにごま油を熱し、ニンジン、ゴーヤ、ちりめんじゃこを加えて炒めます。
鍋肌からめんつゆを加えて、すりごまを加えて炒め合わせれば出来上がりです。

苦くないゴーヤ料理のポイントは、薄く切って塩でよく揉む下処理ですね。
ランキングで人気なのも納得の簡単レシピです。

ゴーヤ料理☆苦くないサラダに挑戦!


ゴーヤをサラダにしてしまうという面白いレシピもランキングで人気があります。

苦くないようにしっかりと下処理をしたゴーヤなら、サラダというゴーヤ料理にも活用しやすくなります。

●材料(2人分)
・ゴーヤ・・・1/2本
・塩・・・ひとつまみ
・水菜・・・1/2束
・みょうが・・・1個
・シソの葉・・・3枚程度
・塩昆布・・・大さじ1〜2
・鰹節・・・適量
・青ジソドレッシング・・・適量


●作り方
ゴーヤは薄切りにして塩でしっかり揉み、しばらく置いてから水分をよく絞ります。
水菜は食べやすい大きさに刻み、と合わせます。
みょうがとシソの葉も刻み、塩昆布と共にに加えます。
をよく和えて器に盛り、かつお節をかけて青ジソドレッシングでいただきます。

苦くないゴーヤ料理、サラダ。
ランキングで人気のレシピは、香味野菜にもこだわっています。

みょうがや青ジソが味のアクセントになりそうですね!

ゴーヤ料理☆苦くないゴーヤの佃煮


ゴーヤ料理で有名なものの1つと言えば、佃煮ですよね。
ランキングでも定番の人気料理となっています。

この佃煮も、工夫次第で苦くない料理にできるのです。

●材料(500g分)
・ゴーヤ・・・約500g
・ザラメ・・・150g
・濃い口しょうゆ・・・50
・薄口しょうゆ・・・25
・白砂糖・・・100g
・鰹節・・・15g
・ゴマ・・・15g
・シイタケ・・・1/2パック
・エノキ・・・1袋
・煮干し・・・50g


●作り方
ゴーヤは薄くスライスします。
えのきやシイタケも適当に切っておきます。
ゴーヤ、エノキ、煮干し、シイタケ、ザラメの順に、層にして鍋に入れます。
とろ火で野菜の水分を出しながら煮ていきます。
水分が出てきたら軽く鍋をゆすり、薄口しょうゆを入れます。
甘い香りが出てきたら濃口醤油を加え、弱火で5分ほど煮て、ここでかき混ぜます。
ゆっくりかき混ぜながら火を強めていき、汁気が半分なくなったら砂糖と鰹節、ゴマを加えて汁気が無くなるまで煮詰めれば出来上がりです。

様々な素材から出る出汁の旨みで、苦みが気にならなくなるのかもしれませんね!

まとめ


苦くないゴーヤ料理は、とにかく丁寧な下ごしらえが大切です。

ランキングでも人気の料理を見てみると、薄く切ってしっかり塩もみ、と言うのが基本のようですね。

また、塩もみが一般的ですが、砂糖で揉むことでも水分を出すことができ、こちらの方が苦味も気になりにくくなるという話もあります。

苦くないゴーヤ料理で、レシピでも人気の高いものにチャレンジして、ゴーヤの栄養をしっかりいただきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする