梅シロップのアレンジ☆活用できる方法と言えば!?飲む以外は?

初夏に収穫された梅で、梅シロップを作り、夏の飲み物として楽しんでいる方も多いのではないでしょうか?
梅シロップは薄めれば梅ジュースになり、健康的で美味しい飲み物になりますね。
ですが、それだけだと、どうしても「飽きてしまった」「飲みきれない」という方も出てきてしまうでしょう。

そこで、そんな梅シロップをアレンジし活用できる方法があります。
では、梅シロップのアレンジレシピにはどのようなものがあるのか、チェックしてみましょう。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

梅シロップのアレンジ活用術☆ゼリーに!


梅シロップのアレンジ活用術で、まずチェックしたいのがゼリーを作る方法です。
ゼリーは夏のおやつにぴったりですね。

●材料(10人分)
・濃いめに薄めた梅ジュース・・・900
・ゼラチン・・・20g
・80度程度のお湯・・・180
・梅シロップの梅・・・10個

●作り方
ゼラチンをお湯で溶かしておきます。
を梅ジュースに加えます。
梅シロップに漬けてある梅を器に入れてから、を流し込んでいきます。
を冷蔵庫に入れ、1時間程度冷やし固めれば出来上がりです。

とっても簡単ですね。
シロップに漬け込んである梅が、おしゃれで涼しげなゼリーに仕上げてくれます。
砂糖など、他の材料を使用しなくても、梅シロップの甘さだけで十分においしくいただけるのも嬉しいポイントです。

梅シロップの活用方法で悩んだ時には、まずはお手軽なゼリー作りをしてみましょう!

梅シロップのアレンジ活用術☆シャーベットに!


夏にはゼリーよりも、さらに冷たいおやつが欲しくなってしまうことがありますよね。
そんな時におすすめの、梅シロップのアレンジ活用術が、シャーベットにするという方法です。
シャーベットはヒンヤリ冷たく、夏のおやつにぴったりですね。

●材料(4人分)
・梅シロップ・・・100
・豆乳・・・200

●作り方
梅シロップと豆乳とを混ぜ合わせます。
冷凍保存バッグに入れて、冷凍庫で凍らせます。
十分に凍ったら、砕いて器に盛れば出来上がりです。

手作りで安心な梅シロップと、美容や健康に良い豆乳。
これらから作られるシャーベットは、体に優しいのが大きな魅力です。
優しい甘さのおいしいシャーベットで、夏の火照りを冷ましましょう!

梅シロップのアレンジ活用術いろいろ


梅シロップのアレンジ活用術は、スイーツ作り以外にもいろいろな方法があります。

例えばプレーンヨーグルトに梅シロップをかければ、絶妙な甘味と風味がプラスされ、クセになる美味しさです。
漬けこんである梅を取り出し、果肉を刻んでヨーグルトにトッピングすれば、さらに食感も美味しくなります。

それから、紅茶に梅シロップを加えてみるのもおすすめです。
ストレートの紅茶は飲みにくいという方でも、梅シロップで甘味と風味をプラスすることで、飲みやすくて風味豊かな紅茶になります。

他にも、梅シロップをはちみつの代わりに、ホットケーキにかけていただくこともできます。
はちみつには無い梅の風味で、いつもと一味違ったホットケーキが楽しめますね。

また、梅シロップは意外と、お料理にも使えてしまいます。
ドレッシング作りの際などに加えてえ、甘いばかりではない豊かな風味を満喫しましょう。
それから、煮物にも梅シロップを加えてみると、砂糖とは一味違った仕上がりになります。
甘みと梅の風味が楽しめる煮物が出来上がりますので、普段の煮物に飽きた時には、アレンジとして梅シロップを少々、加えてみると良いですね。

このように、梅シロップのアレンジ活用術は実はとても幅広く、スイーツ作り以外にも、いろいろな用途で活用できてしまうのです。

まとめ


梅シロップのアレンジ活用術をチェックしてみると、飲むことにしか用いていなかった梅シロップには、実は無限と言っても良いほどの可能性が秘められていたことが分かりますね。 いろいろなレシピにチャレンジして、梅シロップが持つ魅力を、余すことなく、存分に満喫してしまうましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする