切干大根は美容やダイエットに効果的?どんな栄養がある!?

乾物の文化は日本が誇るべきものと言っても過言ではなく、乾燥させることで旨みや栄養価が増してしまうものもあります。
そんな乾物の代表格と言えば、切干大根ですよね。

一見、地味な食材のようにも感じられる切干大根は美容やダイエットにも心強い味方になってくれるのです。
そこで、そんな魅力的な切干大根の栄養をチェックしてみましょう。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

切干大根☆美容に役立つ栄養


切干大根は美容に役立つ栄養をたっぷりと含んだ食材です。
美肌を維持するためには、ビタミンやミネラルをバランスよく、しっかり摂取していくことが重要になります。

切干大根は、そんなビタミンやミネラルを豊富に含む、優秀な食材なのです。

例えばカルシウムや鉄分が含まれており、カルシウムはお肌の細胞をつなぐ働きをしてくれます。
鉄分は体の中で栄養や酸素を運ぶ血液を造りだすために重要な働きがありますので、お肌にも十分な栄養と酸素を届けるために大きな意味を持っています。

それから、ビタミンB1とB2。
これらはどちらも、疲労を回復したり、代謝を促進して美肌に導いてくれるという嬉しい働きを担っているのです。

このように、美肌作りに優れた効果が期待できる栄養素がたっぷりと含まれた切干大根。
その地味な見た目とは裏腹に、美容にも大きく貢献してくれる、大変魅力的な食材であることが分かりますね。

切干大根☆ダイエットに役立つ理由


切干大根はダイエットにも役立ってくれる優れた食品です。

まず、切干大根のカロリーですが、これは20gでたったの56kcal程度となっています。
乾物である切干大根は、20gでもかなりボリュームがありますので、その量でたったこれだけのカロリーというのは、大変魅力的ですよね。

それから、切干大根には不溶性食物繊維という食物繊維が豊富に含まれています。
これが体の中に入ると、水分を吸収することで膨らんで、満腹感を得られやすくしてくれます。
そのため、食事に切干大根を適量取り入れると、食べ過ぎをうまくコントロールすることができ、ダイエットが成功しやすくなるというわけなのです。

しかも、切干大根は噛み応えがあるため、咀嚼回数が増える分、満腹中枢が刺激されやすくなります。
これもまた、ダイエット中の食事制限を成功させるためのポイントになるというわけですね。

もう1つ見逃せないポイントが、切干大根に含まれる豊富なビタミンやミネラルです。
いくら食事を制限しても、ビタミンやミネラルが不足してしまうと、キレイにスリムを目指すことが難しくなってしまいます。
しかも代謝が低下するので、ダイエットの効率も落ちてしまうのです。

その点、切干大根には現代人が不足しがちなビタミンやミネラルもしっかり含有されています。
つまり、代謝を維持し、さらにお肌も美しく導きながら、キレイ痩せができるダイエットに役立ってくれるというわけなのです。

このように、切干大根は美容やダイエットに役立つ要素満載の、驚くほど魅力的な食品なのですね。

切干大根☆美容やダイエットに活かす食べ方


せっかく切干大根が美容やダイエットに役立つ食材でも、食べ方によってはうまく活かしきれなくなってしまう恐れがあります。

例えば切干大根は、多くの方が水に戻した後で、水洗いして使用する、という使い方をしますよね。
ですが、こうして水で戻して、戻した後の水を廃棄してしまうと、せっかくの栄養素が洗い流されてしまうことになります。

カリウムなど、水に溶けだしてしまう栄養も含まれていますので、これらも余すことなく摂取できるように、水戻しはせずに利用するのが賢い方法と言えるでしょう。

それから、調理の際には味つけにも配慮してください。
濃い味付けにしてしまうと、生活習慣病のリスクも高まりますし、美容の大敵であるむくみの原因にもなります。

できるだけ薄味で、切干大根が持つ旨みを活かせるような調理を心がけることが大切ですね。

より効果が実感しやすくなる食べ方としては、切干大根をヨーグルトで戻す方法が挙げられます。
ヨーグルトには豊富な栄養や乳酸菌が含まれていますので、これが切干大根と合わさることで、完全栄養食になるとも言われているのです。

こういった食べ方の工夫をしながら、栄養満点で美容やダイエットにも、健康にも役立つ切干大根を、毎日の食卓に、積極的に取り入れていきましょう。

まとめ


切干大根は美容や健康に、驚くほど役立ってくれる魅力的な食品であることが分かりました。
日本に昔からある、一見すると地味な食品なのに、驚きですね!
乾物には、切干大根のように優れた効果が期待できるものが多数ありますので、どんどん取り入れていきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする