東京湾花火大会☆2015の日程は?見どころや観覧席の情報は?

デートスポットとしても名高い東京ベイエリアで、毎年開催される東京湾花火大会。
こちらは毎年、全国から多数の人出で賑わう、名物花火大会として知られています。

そんな東京湾花火大会、2015年の日程はどうなっているのでしょうか?
また、打ち上げ場所はどこで、見どころはどんなところなのでしょうか?

気になる情報を集めてみました!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京湾花火大会☆2015の日程は!?


東京湾花火大会は、正式名称を「東京湾大華火祭」と言います。
東京湾花火大会というのは、通称なのですね。

この花火大会は、隅田川花火大会に匹敵するほどの賑わいを見せる有名なものです。
そのため、事前にしっかり日程を押さえて、ホテルの予約などもしておきたいですね。

では、そんな気になる2015年の日程はどうなっているのでしょうか?

これは、毎年8月の第2土曜日と決められており、2015年は8月8日の19時~20時20分と予定されています。

天候が悪い時には、翌日に順延されますが、それ以降は中止となります。

土曜日の花火大会なので、翌日の仕事が休みという人も多く、ゆっくりと楽しめるのが嬉しいですね。

天気のことも考慮して、翌日の順延時にも対応できるように、余裕を持ってホテルの予約を入れておくのがオススメです。

東京湾,花火大会

東京湾花火大会☆打ち上げ場所から近い観覧席は?


東京湾花火大会の打ち上げ場所は、晴海会場の正面です。
そのため、打ち上げ花火を真正面から堪能したいのであれば、晴海会場を確保することがオススメです。

ですが、大変な人で混雑が予想されますので、事前に場所をしっかり確保する必要があります。

この晴海会場に関しては、入場整理券か、協賛招待券が必要です。

整理券を手に入れるためには、中央区のHP特設サイト「東京湾大華火祭」から応募するか、ハガキで応募し、抽選となります。

募集が始まるのは、6月中旬~7月中旬頃なので、この時期にはしっかりチェックしておきましょう。

料金を支払えば購入できる有料席もあり、晴海個人協賛会場では1口7,000円となっています。

日の出会場も7,000円、豊洲第一会場は5,000です。
こちらは中央区の特設サイトか、あるいはチケットぴあで販売されるので、確実に席を確保したい方はチェックしておくと良いですね。

打ち上げ場所の正面ではありませんが、無料で、しかも自由席となっているのが豊海運動公園会場です。

こちらは満席になり次第終了なので、できるだけ早く確保しておきたいですね。

東京湾花火大会☆2015年の見どころは!?


東京ベイエリアと言えばレインボーブリッジが有名なスポットです。
そんなレインボーブリッジとの共演は、この花火大会の醍醐味の1つだと言えます。
海辺の素敵な夜景の中に、約1万2,000発もの花火が打ち上げられる様は圧巻です。

それから、花火にも毎年、大きなこだわりがあります。
特に名物となているのが、尺五寸玉を10発打ち上げる花火。

直径45センチの花火で、都心で扱われる花火の中でも最大なので、その迫力が違います。

他の花火大会ではなかなか、見ることのできないものなので、これは要チェックですね!

それから、尺玉の数の多さもかなりのものです。
100発打ちがあり、大きな花火は、迫力満点ですね!
名人と言われる花火師が作る芸術玉も入っているので、見どころ満載の花火大会だと言えます。

中には、キャラクターを模ったものや、ハート型などの可愛らしい花火もあります。
こういった花火では、女性や子供も楽しい気分を盛り上げることができますね!

まとめ


年々、訪れる人が増えてきていると言われる東京湾花火大会。
花火も、そして美しい夜景も、一見の価値ありです!

2015年の詳細はまだ発表されていませんが、今年も大賑わいになる可能性大なので、日程に合わせてスケジュールを早めに組んでおきましょう。

周辺のホテルは混雑も予想されるので、早めの予約がオススメです!
昨年の人出は約68万人と言われています。

それに近いか、あるいはそれ以上の人出があることも考えられますので、計画的に楽しんだ方がよさそうですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする