セラミックヒーター☆赤ちゃんがいても安全性は高い暖房器具!?

セラミックヒーター 赤ちゃん
赤ちゃんがいる家庭では、部屋は心地よい室温にしてあげたいものです。そこで冬場になると登場するのが暖房器具ですが、特に気になるのが安全性ですよね。

では、最近人気となっている暖房器具の1つ、セラミックヒーターは、赤ちゃんがいる家庭でも安全性が高いものなのでしょうか?そんなセラミックヒーターについて調べてみました。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

セラミックヒーターは赤ちゃんがいても平気?


赤ちゃんがいる家庭での暖房で、特に気になるのが空気の汚れです。例えば灯油を用いて暖房するファンヒーターでは、どうしても空気が汚れ、一酸化炭素中毒の危険性もあります。では、セラミックヒーターの場合はこういった点の安全性はどうなのでしょうか?

まずセラミックヒーターというのがどのようなものかと言うと、これはガスや灯油を用いたファンヒーターと同じで、温かい風を出すことで温めるものになります。電気を用いて温風を出しますので、一酸化炭素中毒の心配が無く、その点では安全性の高い暖房器具であると言えますね。

空気を汚さずに温かい風を出してくれる、という点では優れた暖房器具です。寝ている赤ちゃんのいる部屋を温める際に、気が付くと空気が汚れて赤ちゃんが苦しい状態になっていたという心配がないのが魅力でうすね。

セラミックヒーター☆火傷の面での安全性は!?


赤ちゃんは大きくなるにつれて、行動範囲が広くなります。そして様々な物に興味を持ち、手で触れ、口で触れて確かめようとします。このような時期の赤ちゃんのいる家庭で、暖房器具の安全性において特に気を付けなければならないのが、火傷のリスクです。

セラミックヒーターに関しては、温風が吹きだすタイプの暖房器具なので、決して安全性が高いとは言えません。温風の吹き出し口に赤ちゃんが触れないように、ガードを付けるなどの対策が必要であると言えるでしょう。

ただ、灯油を使ったストーブやファンヒーターに比べると、セラミックヒーターには安全性で優れた点があります。それは、灯油を舐めるリスクが減るという点です。

灯油は少量でも、舐めることで化学性肺炎という症状を引き起こしてしまうもので、時として重篤な状態に陥ってしまうこともあります。そんな灯油を使わずに使用できるという点では、セラミックヒーターは安全性に優れ、赤ちゃんがいる家庭でも使いやすいと考えることもできます。

セラミックヒーター☆赤ちゃんの暖房器具に向いている?


安全性に優れていると考えることもできるけれど、気を付けなければならない点もあるセラミックヒーター。では、結果的にこれは赤ちゃんのいる家庭に向いている暖房器具だと言えるのでしょうか?

総合的に考慮すると、これにはメリットと言える面もデメリットと言える面もあることが分かります。まずメリットは温風がすぐに出るので、早く温もりたい時に便利だという点です。それから一酸化炭素中毒に関して安全性が高いという点ですね。

では、デメリットにはどのようなものがあるかというと、電気代が意外と高額であるという点です。ガスや灯油を用いたファンヒーターよりもパワーが弱いので、大きな部屋を暖めるのには適しません。

さらに、風が出るタイプの暖房器具なのでホコリを舞い上げてしまうということもあります。これらの点から考えると、セラミックヒーターは赤ちゃんがいる家庭に理想的な暖房器具、というわけにはいかないようですね。

すぐに暖める必要がある夜中の授乳時などにはハロゲンヒーターなどを用いて暖め、部屋全体を暖めたいのならエアコンを使うのが理想的だと言えるでしょう。

まとめ


赤ちゃんがいる家庭では、安全性等、様々な面で暖房器具選びには気を遣うものです。極力、空気を汚さず、しかも電気代をかけずに暖めることができ、火傷のリスクも少ないもの。暖房器具は日々進化しているので、このようなママの理想を叶えてくれるアイテムも、どんどん登場してくるかもしれませんね!セラミックヒーターも上手に活用して冬を快適に過ごすために役立ててみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする