春野菜の栄養や特徴って知ってる?美容と健康が気になる方必見!

春になると、旬を迎える美味しい野菜がたくさんありますよね。
そんな野菜を総称して、春野菜と呼びます。

春野菜は、柔らかくて美味しいものが多いですね。
そんな春野菜、栄養面で言うと、どのような特徴があるのか、気になりますよね。

そこで、春に食べられる美味しい野菜の栄養について紹介します。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

春野菜の特徴とは?


春野菜という言葉を聞いたことはあるけれど、イマイチ、どのような物なのか分かりにくいという方もいらっしゃいますよね。

春野菜というのは、春に旬を迎える野菜のことを指します。

代表的なものは、
・玉ねぎ
・さやえんどう
・グリーンピース
・春キャベツ
・アスパラガス
・ゴボウ

などですね。

これらの野菜を見てみると、大きな特徴があることが分かります。
それは、その多くが独特の風味を持つ野菜であるということです。

苦味やアクの強さ、青臭さなどを感じる野菜がずらりと並んでいますよね。
つまり、春野菜の特徴は、「クセのある野菜である」ということですね。

「春野菜」という響きは、とても優しげな雰囲気があり、柔らかくて食べやすい野菜ばかりなのかと捉えてしまいがちです。

ですが実は春に旬を迎える野菜は、厳しい冬を乗り越えてきた強さを持つ、クセのある食べにくい物が多いのです。

春野菜 栄養 特徴

春野菜の栄養の特徴


春野菜には、他の季節の野菜とは違う栄養面での特徴もあります。
それは、活性酸素を除去する効果が高い栄養素を豊富に含むという点です。

春の野菜はビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。

鉄分やマンガン、亜鉛といった成分も豊富で、こういった成分は普段不足しがちなので、健康の維持に高い効果を発揮してくれます。

特に女性には嬉しい栄養素がたっぷりですね!

また、春野菜には非常に特徴的な栄養素が含まれています。
それが、植物性アルカロイドというものです。
この植物性アルカロイドは、非常に高い抗酸化力を持つ成分です。

つまり、体のサビを取り除き、アンチエイジングなどにも嬉しい効果をもたらしてくれる成分なのです。

実は、この植物性アルカロイドこそが、春の野菜の味にクセをもたらすものであると言われています。

春野菜の栄養はダイエットにも最適!


春野菜の素晴らしいところは、単に健康維持に役立つ栄養が豊富、ということだけではない点です。

春野菜の栄養の中には、補酵素というものも含まれています。
この補酵素というのは、体の代謝を高めてくれる働きをするものなのです。

そのため、春野菜をしっかり摂取することで、代謝が高まり、太りにくく痩せやすい体を実現することも可能となるわけです。

特徴的な味わいを持つ春野菜ですが、積極的に摂取していれば、美容面での効果も多数実感できるということですね。

さらに春野菜の中には、苦味を感じるものもあります。
特に山菜などは苦味成分が豊富に含まれますね。
この苦み成分の正体は、タンニンやサポニン、アルカロイドなどというものです。

これらの栄養素は、摂り過ぎてはいけませんが、適量を摂取すると肝臓の働きを良くしてくれる効果があります。

肝臓は体内において、解毒という働きを担う大切な器官です。
つまり、体内の毒素を排出する、デトックス効果をもたらしてくれるということです。

しかも春野菜は、食物繊維が豊富なものも多いですね。
食物繊維によってスッキリ便秘解消できれば、さらなるデトックス効果が実感できます。

代謝アップとデトックスの相乗効果により、春野菜を意識的に摂取することで、ダイエットが効率的になるのです。

まとめ


厳しい冬を乗り越えてきた春野菜は、特徴的な栄養素を多く含み、美容や健康に多くの効果をもたらしてくれます。

そんな魅力を知れば、苦みやクセを感じる春野菜も、なんだか愛しい存在に思えてきますね。

苦味やクセも、食べなれてしまえば逆に美味しく感じられる春野菜。
大人の味ではありますが、ぜひ、子供たちにも積極的に食べさせてあげたいですね。

春は色々な野菜が収穫できる、希望の季節。
旬の食材を摂り入れて、花粉症や新生活のストレスに負けない体作りを行いましょう!





スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする