化粧品の使用期限は開封後どれくらいの期間使えるの!?

今使っている化粧品、いつ購入したものですか?
ブランドの化粧品になると、お値段もそれなりにします。

折角、購入したからといってポーチの中に入ったままになっていませんか?
化粧品にも使用期限があるのです。

今回は、開封後の化粧品の使用期限についてお話していきたいと思います。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

化粧品の使用期限☆いつ購入したものですか?


次々に新商品が発売…季節が変わる度に、その時の流行の色やメイクも変わりますよね。
いつまでも綺麗でいたいと思うのは、全ての女性のテーマですよね。

流行りのスキンケア用品、使いかけのまま洗面台のそばに置いてありませんか?
昔流行ったあの色のシャドーやリップ、ポーチの中に入ったままになっていませんか!?

つい高かったから…とそのまま入れておいたとしても、化粧品はいつまでも使える訳ではありません。

特にスキンケア用品!油分が多く含まれている乳液や保湿クリームは酸化しやすく、使用期限も短いのです。

無添加化粧品の場合、今は使用期限が記載されているものも増えてきました。
では、一般的な化粧品はどれくらいの期間持つのでしょうか?

化粧品 使用期限 開封後

開封後の化粧品の使用期限はどのくらい?


メーカーによっては、使用期限が定められているものもあります。
しかし、多くの化粧品に関しては詳しく記載されている訳ではありません。

薬事法で化粧品や医薬品は未開封で製造後3年間は品質保証が出来るように作られています。
そのため、未開封の場合は3年間。開封後の場合は、3ヶ月~1年くらいとなっています。

また、保管場所も大事で冷暗所に保存するのが基本となっています。

量が多くて安いからといって、使い切れない量を買うのはお肌にはいいことではありません!
大まかですが、目安があります。

スキンケア用品(化粧水・クリームなど)は、3ヶ月~半年以内。
ファンデーションや下地は、同じく3か月~半年以内。
アイシャドウはパウダーなら2年、クリームなら3ヶ月~半年以内。
フェイスパウダーは2年
アイライナーやマスカラ、グロスや口紅などは2ヶ月~3ヶ月以内。


直接目や口に触れる場合、菌がついて繁殖してより傷みが早くなっていまいます。

毎日同じメイク用品を使ったとしても、なかなかなくなりませんよね。
まだ使えるのに、残っているし…高かったからと言いたくなると思います。

でも、使用期限が過ぎている化粧品を使うと肌が改善して綺麗になるどころか悪化してしまう原因があったのです!

化粧品の使用期限はわかったけど捨てる時の判断基準とは!?


私も恐ろしい現実を知るまでは、ポーチ3個分の化粧品がありました。
でも、今は1個で十分に納まります。

古く酸化した化粧品を肌に塗り続けても、お肌にはデメリットしかないのです。

古くなった化粧品を使い続けると、皮膚のくすみやシミや色素沈着の原因に!折角お手入れしているのに、お肌に悪いなんてショックですね。

そう思うと、勇気をもって捨てることが出来ると思います。
まだ残っている化粧品、捨てるかどうかの判断基準どうしていますか?

化粧品のにおいが変に感じる、成分が分離している、沈殿している場合。
手につけて肌がピリピリして違和感がある場合は捨てましょう。

忘れがちなのが、化粧品を買うときにもらう試供品。
もちろん、これにも使用期限があります。

化粧品を購入したら、まず購入したものから使いますよね。
そうすると、いつまでも残ったままになってしまいます。

確認して、捨てるようにしましょう!

まとめ


高い化粧品は、捨てるのにすごく勇気がいります。

使うかも・・・は、使いません!

本当に綺麗でいたい場合、化粧品やスキンケア用品を開封したら出来る限り早く使い切るように心がけましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする