桜の名所の中で神奈川県にある絶好の桜スポットといえばどこ?

神奈川県には横浜市や川崎市など、日々多くの人が利用している場所が数多くあります。

また、西武線から直通で横浜にも行けるようになったので、神奈川県を利用する人も増えてきています。

そんな中、都会ともされている神奈川県にも実は桜の名所と呼ばれている所が複数あります。
中には日本のさくら名所百選にも選ばれている場所もあります。

今回はその百選に選ばれた場所をピックアップしてご紹介いたします。
ぜひお花見をしに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク
スポンサーリンク

関東内で行ってみたい桜名所ともされている県立三ツ池公園


県立三ツ池公園の特徴としては上・中・下の三つの池があります。
そしてその池を囲むように咲く桜は78種で1600本以上あるとされています。

なので辺り一面桜色に染まっている絶景スポットとなっています。

この絶景から関東の人気お花見スポットランキングで第9位と、関東の行ってみたい桜名所ランキング第8位を記録しています。

池に映える桜は本当に見事で毎年お花見をしに多くの人が訪れています。

ここの見頃は3月中旬から4月中旬までとされています。
夜桜は観賞することができないので日中に立ち寄るようにしましょう。



交通アクセスはJR鶴見駅からバスで10分で寺尾中学校入口下車後徒歩7分です。
またはJR鶴見駅から三ツ池公園北門下車して徒歩3分でも行けます。

駐車場もあるので車で行くことも可能です。

神奈川県の中でも桜の絶景スポットとして人気のある場所ですので、ぜひ一度桜を見に足を運んでみてはいかがでしょうか?

桜の本数はかなりの数!衣笠山公園


この衣笠山公園は桜の本数が多いことで有名です。
桜の木が合計で2000本程あるとされているので、辺り一面桜が咲いています。

ここの美しさが有名となり、今ではさくら百選にも選ばれています。

毎年この地へ訪れている人の話によると、毎年満開の桜を見に行っているが、いつ見ても本当に絶景ですと言っていました。

桜の木の下でお弁当を食べて花見をするのも楽しいし、ゆっくり桜を眺めながら歩くのも楽しいですという感想もありました。

様々な桜の眺め方があるので人それぞれの楽しみ方ができます。
広い公園なので子供たちも遊ぶこともできるので様々な年代の人が楽しめる場所でもあります。

ここの桜の見頃は3月下旬から4月上旬とされています。
夜桜も観賞することができます。



交通アクセスとしては京急本線横須賀中央駅からバスで約20分で衣笠公園を下車後徒歩で10分ほどで着きます。

また衣笠駅から徒歩30分で行くこともできます。

毎年多くの人が訪れていてとても賑わっています。
ぜひ一度2000本もの桜を見に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

長い歴史がある桜の名所小田原城址公園


小田原城址公園付近は歴史深い地でもあります。
そこに咲く桜は本当に見事でさくら百選にも選ばれました。

天守閣は復興されて美しい形となり、そこを中心に歴史見聞館や遊園地などもある憩いの場でもあります。

天守閣を中心にして咲いているソメイヨシノは約320本あるとされており、天守閣の周りを桜色に染め上げています。

お城を背景にして咲く桜はまた見事です。

ここの桜の見頃は3月下旬から4月上旬にかけてです。
夜桜で観賞することもできます。



交通アクセスとしてはJR小田急小田原駅から徒歩10分程で着きます。
また車で行くことも可能です。

長い歴史のある小田原城ですがその桜の歴史もとても長いです。

歴史深いこの地へぜひ足を運んでみて、長い歴史を感じながら桜を眺めてみてはいかがでしょうか?

まとめ


このように神奈川県には桜の名所と呼ばれている所がたくさんあります。

今回ご紹介した場所は百選に選ばれている場所のみでしたが、まだまだ他にも名所はたくさんあります。

都会の神奈川県も魅力はたくさんありますが、こういった場所にも魅力は十分にあります。

ぜひ一度神奈川県の桜の名所に足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする