入園式の服装でママは何を着ればいい?幼稚園と保育園では違ったりする?

子どもの一大イベント入園式。

主役はもちろん子どもですが、一緒に出席するママも大変!
自分の服装はどうしたらいいの…と悩んでいませんか!?

そんなママへ!入園式にぴったりと合う服装の選び方について紹介します。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

入園式の服装、今どきママの服装の傾向は?


春の始まり、入園式。

どんな格好で行けばいいのか?
他のママと違った格好だと浮いてしまうのでは…と心配になりますよね。

購入するのであれば1回だけでなくて、卒園式も入学式も卒業式も…と
長く着られるものを購入したいと考えるのは当たり前だと思います。

毎回買うとなると、出費も痛いですしね。

今の傾向としては…
入園式や入学式には、春らしいパステルカラーの服、卒園式や卒業式は、シックで落ち着いた服で出席するママが多いです。

じゃあ、長く着るには入園式用と卒園式用が必要なの?

そんなことはありません、流行りの形ではなく定番の形を購入し、中に着る服やアクセサリーを変えれば問題なく着られます!

入園式 服装 ママ

入園式のママの服装☆幼稚園、それとも保育園の入園式?


今の傾向が分かりましたが、じゃあどうしようか…と悩みますよね。
そもそも幼稚園なのか保育園なのかでママの格好も違うようです。

保育園では比較的普段着に近い服で出席するママが多いとか。
(さすがにジーンズの方は居ないようですが)

一番安心なのは、近所でその園に通っているママに、以前の入園式でどんな格好の人が多かったのか聞いてみる事。

また、園のHPなどに入園式の写真があれば参考にすること、直接園にどのような格好の方が多いのか尋ねてみるのもアリです。

園の特色が分かりさえすれば、浮くかも…と心配する必要はないですね。

入園式の服装ってママはスーツorワンピース?どちらがおすすめ?


さて、園の特色が分かったところで…服装別のアドバイス!

まずスーツについてです。

入園式は、春らしいパステルカラーや淡い色が人気です。
薄いピンクやベージュ、パステルグリーン、クリームなど。

セットアップで販売してある店舗や通販も多いです。

やはり、長く着たい!ということであれば、定番の形のスーツが無難です。
色もブラックやグレー、紺などであれば卒園式でも問題なく着られますよね。

その場合は、中のシャツを明るい色やフリルなどがついたゴージャスなものにして、ネックレスやコサージュなどで華やかに。

長く着ることを目的にして買うと、ついつい値段の高いものを選びますよね。

入園式から卒業式まで9年間あります。
体型維持できるかな…と不安があるのであれば、高価なものは購入を避けるべきです。

また、絶対に流行りのデザインは購入しない事!

着ようと思ったとき、入らない…とか形が古いとなるともったいないです。

礼服で出席する方もいらっしゃるようですが、どうしても黒だと重たくなりがちです。
合わせ方次第ではありますが、非常に難しい…と思います。

それであれば、スーツを新調されることをオススメします。

次にワンピース。

入園式の季節だと、ある程度暖かくなります。
ワンピースに何か羽織って出席!というのも素敵です。

何と言っても『式』ですから、あまりにも着崩し過ぎるといけません。
ワンピースを着るのであれば、ジャケットが必須です。

カーディガンだとラフすぎます。そして丈が短すぎるのもNG!
あくまで子どもが主役ということをお忘れなく。

ワンピースで出席するのであれば

①シンプルなワンピース×カーディガンにコサージュ
②柄(水玉やチェックなど)のワンピース×カーディガンにネックレス

どちらにせよ、あわせるカーディガンはシンプルなものがおすすめです。

参考になりましたでしょうか?

どっちがいいのか決められない!という方はぜひ店舗へ行ってみてください。
店員さんはプロです。あなたに似合う色やデザイン、今の人気が分かりますよ。

どうしても自分で選ぶと似合う、似合わないでなく自分の好みで選びがちです。

よくある話ですが…大手のショッピングセンターや通販で購入すると、他のママと同じ!?なんてこともあります。

セットで購入するのは非常に楽ですが…一生に一度のイベント、楽しみながら自分に似合う服を選びたいですよね。

まとめ


入園式は一生に一度、子どもが主役です。
もちろん、写真に残りますから綺麗できっちりとした服装で出かけることも大切です。

でも、ほとんどの親はちらっと周りを見渡して浮いていないか…と確認する程度で、どんな服を着ているのかということより、我が子を見る事で精一杯です!

あまり気合を入れ過ぎず、ほどほどが一番ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする