ラッピングの袋の作り方☆簡単に手作りのラッピングができるの?

バレンタインが近づいてくると、「今年はどんなチョコを作ろうかな・・・」と悩む方も多いでしょう。
また同時に、「ラッピングはどうしよう!?」と考える人も多いものです。

そんなバレンタインのラッピングの袋、作り方もあるのです。
今年はラッピングまで手作りで、オシャレで素敵なバレンタインを演出してみましょう!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラッピングの袋の作り方☆封筒リメイク!


可愛らしいラッピングの袋、実は普段、何気なく使用している封筒を使って作ることが可能です。

封筒って、案外使いかけのまま、残りを仕舞い込んでいることってあるんですよね。
そんな封筒を有効活用できる、素敵なチャンスです!

封筒をリメイクしたラッピングの袋の作り方では、まずシンプルな封筒をアレンジします。

表面に絵や文字を描いたり、それが苦手という方なら、スタンプを押したりシールを貼ったりという方法でも良いですね。

それから、封筒の上部分をギザギザばさみなどでカットすると、よりオシャレな仕上がりになります。

次に封筒の端をそれぞれ、2.5センチ程度の部分で折り曲げていきます。
いったん広げて、底部分を開くことでマチのある袋になります。

底部分のエンドを三角に折り、テープで留めましょう。
これで簡易紙袋が出来上がります。

使用する封筒の大きさは、B5サイズ~A4サイズくらいの大き目のものが良いですね。

あとはパンチで穴をあけて持ち手のリボンをつけてみたり、中にチョコを入れてふたしてシールで貼るなど、好きなようにラッピングしましょう。

ラッピング 袋 作り方

ラッピングの袋の作り方☆包装紙をリサイクル


何かをいただいた時に、捨てるのがもったいないような素敵な包装紙に包まれていることがありますよね。

そんな包装紙を利用したラッピングの袋の作り方もあります。

包装紙の長い編に両面テープを貼り付け、丸い筒状にしてくっつけます。
これを、くっつけたところが真ん中付近にくるようにして潰し、長方形にします。

それから底の部分を折り曲げて、マチを作ります。
短い端を中に織り込み、長い端を折り曲げる感じで作ると、うまくマチができます。

さらに両サイドを谷折に織り込めば、本格的な紙袋のようになります。

両面テープを使わずに、あえてマスキングテープで外側から貼り付けてみても、オシャレに仕上がりますね!

包装紙を再利用できる嬉しい方法です。

包装紙を使ってラッピングの袋を作る場合には、できるだけ厚みのある、強度のしっかりした紙がオススメです。

薄い紙で作る場合は筒状にせずに、そのまま封筒の形に折って作っても良いですね。

ラッピングの袋の作り方☆新聞紙を活用!


とってもオシャレに見えるラッピングの袋の作り方で活用するのは、古新聞です。
でも、やっぱり新聞でラッピングするなら、英字新聞が理想ですね。

日本語の新聞だと、どうしても「新聞でくるんだだけ!?」という感じになってしまいます。

もし英字新聞が手に入らない場合には、100円ショップなどで購入できる、英字新聞柄の包装紙を使うと良いですね。

新聞紙でラッピングの袋を作る際に注意したいのは、新聞紙が薄く柔らかい素材であるということです。

そのため、これで袋を作る際には2~3枚を利用して強度を増したほうが安心です。

手頃なサイズのお菓子の空き箱などを用意し、これのサイドと底、2.5㎝程度のところで新聞紙をカットします。

そして、空き箱を包む感じで折り目を付けます。
これを2つ作り、合わせて両面テープで貼り合わせれば完成です。

口の部分をギザギザはさみでカットし、折り曲げてオシャレなマスキングテープで貼れば、とってもクラシカルで素敵なラッピングに仕上がりますね!

まとめ


ラッピングの袋の作り方では、案外身近にある何でもないグッズが活用できたりします。
再利用できるものも多いので、ある意味エコでもありますね!

今年のラッピングの際には、そんなエコで気持ちもこもった素敵なラッピングを楽しんでみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする