バレンタインチョコ☆手作りと市販品はどちらが良いのでしょうか?

バレンタインの日には、想いを込めたチョコギフトを贈りたいですよね。

そんなバレンタインチョコで、まず悩むのは、「手作りにすべきか市販品にすべきか」というポイントではないでしょうか?

では、相手が喜ぶという視点で考えた時、手作りと市販品ではどちらがオススメなのでしょうか?
それぞれのメリットとデメリットを紹介します。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

バレンタインチョコ☆手作りのメリット


バレンタインチョコを手作りするのは、なかなか楽しい物ですよね。

贈る側としては、コストを抑えてバレンタインチョコを用意できるという大きなメリットがあります。

また、オリジナルのチョコを作るのは、楽しみの1つでもあるので、お菓子作りが趣味の方にはたまりませんね!

バレンタインチョコを贈る側の、手作りの際のデメリットとしては、「作るのが面倒」ということですよね。

面倒に感じないのであれば、チョコを手作りする方法は多くのメリットが実感できる方法でしょう。

また、贈られる側としては、手作りのチョコには「より気持ちがこもっているように感じられる」「自然な素材で安心」などのメリットがあります。

作ってくれる相手に要望を伝えれば、オリジナルのチョコを贈ってもらうことも可能です。

例えば、「砂糖を控えめにして」と言えば、ヘルシーなチョコ菓子を作ってもらうこともできるわけです。

それに、手作りチョコというのは、他では絶対に味わうことのできないオリジナルのものですよね。

だから、お取り寄せのチョコよりも、ある意味価値のあるものだと考えることもできます。

デメリットとしては、「気持ちが重く感じられる」「衛生面が不安」といったところですね。

そう考えると、ごく親しい相手から贈られたら嬉しいけど、よく知らない相手からだと、ちょっとどうかな・・・という感じですね。

バレンタインチョコ 手作り 市販

バレンタインチョコ☆市販品のメリット


バレンタインチョコを贈るのに、手作りは面倒だから市販品にしよう!と考える人も多いですよね。

市販品には、贈る側のメリットは数多く挙げられます。

まず、味に失敗が無いことですね。
プロが作るので当然ですが、市販品は味だけでなく、見栄えもキレイに仕上がっています。

それから、作る手間が省けるというのも大きなメリットです。

また、バレンタインチョコはラッピングも大切なポイントとなりますが、市販品はすでにラッピングされているので、この手間も省けます。

ただし、市販品は高額なので、大勢に配る場合にはちょっと、高くつく可能性がありますね。

受け取る側のメリットとしては、市販品は衛生面に配慮されているから長期保存が可能、というメリットがあります。

また、それほど親しくない相手から受け取っても、市販品なら安心して口にできますね。
市販品には市販品の、嬉しいメリットがたくさんあるのです。

バレンタインチョコ☆用途に合わせて選択!


バレンタインチョコを手作りにするか、市販品にするか、というのは、用途に合わせて選択する必要があります。

例えば、付き合っている彼に贈るのなら、手作りで気持ちがこもったもの、彼好みのものを贈ると良いですね。

それから、友チョコなどの場合にも、手作りのバレンタインチョコを交換してみると楽しめますね。

ですが、会社でお世話になっている方々に配る場合などには、手作りでは重く感じられる場合があります。

そのような時には、市販品のほうが無難ですね。

状況に合わせて、最適な方法を選択し、バレンタインチョコで失敗のないようにしましょう。

もちろん、受け取る側としては、手作りでも市販品でも文句は言わないでしょう。

だけど、相手の立場に立って気持ちを考えるということは、とっても大切なポイントですね。

まとめ


バレンタインチョコは、手作り・市販品それぞれにメリットもデメリットもあります。

贈る相手に合わせることが重要ですね!

本命などごく親しい間柄の人には、素敵な手作りチョコを贈ってみましょう。

でも、どうしても腕に自信が無いという方は、無理に手作りせず、失敗の無い市販品を選んでも良いかもしれませんね!

賢い選択で、バレンタインをより素敵なものにしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする