紅白歌合戦の曲順っていつ頃発表されるの?今年の注目曲は何?

年越しと聞いてイメージすることはたくさんありますが、時代が変わっても多くの人がイメージするものの1つが、紅白歌合戦ではないでしょうか?

そんな紅白歌合戦は、1年の流行した曲を振り返り、同時に思い出を振り返る素敵なテレビ番組ですね。

紅白歌合戦には、今年話題になったアーティストや定番のアーティストなどが、素敵な曲をたくさん披露してくれます。

だけど、最初から最後まで全部チェックするのは、けっこう大変。
そこで気になるのが、紅白の曲順です。

では、そんな紅白の曲順って、一体いつ頃発表されるのでしょうか?



スポンサーリンク
スポンサーリンク

紅白の曲順発表の時期


紅白歌合戦の曲順の発表は、かなりギリギリです。
だいたい12月の26日とか27日とか、あと数日で大晦日!という時に発表が行われます。
けっこうギリギリまで、楽しみをとっておけるというのが嬉しいですよね。

また、曲順発表の際には、気になる曲目も発表されます。
好きなアーティストが、紅白歌合戦という大イベントに、どの曲目を持ってくるのかというのはすごく楽しみなポイントですね。

ちなみに、曲順には大きな決まりはありませんが、特に最初と最後を飾るアーティストは、より注目度の高い方となっています。

最初は、明るい雰囲気で盛り上げてくれる若手アーティストが来ることが多く、最後を飾るのは大御所と言われる方が多いですね。

近年では、演歌歌手に限らず、スマップが大トリを飾るということもありました。

それから、傾向としては後半に演歌歌手が来ることが多いですね。

この曲順の発表は、ネットや新聞などで取り上げられるので、紅白当日までにしっかりチェックしておきましょう!

紅白歌合戦 曲順

紅白は曲順以外にもチェックすべきポイントたくさん!


紅白で注目したいのは、曲順だけではありませんよね。
もっと早い段階で発表になる、「今年の司会は誰なのか!?」というのも大きなポイントです。
誰が司会を行うかによって、紅白の雰囲気が大きく変化します。

人気の女優さんとアイドルグループ、という組み合わせが、最近では多く見られますね。
男性は、特にジャニーズの方が多いです。

2013年-2014年の紅白では、綾瀬はるかさんと嵐の方が司会を務めました。
2014年-2015年の紅白の司会予想は、女性では杏さんや井上真央さん。

どちらもドラマやCMで大活躍しているので、あり得る話ですよね。

それから、男性では関ジャニ∞さん。
これは、24時間テレビでパーソナリティーを務めたり、様々なメディアで活躍している熱いグループだからです。

司会の発表に関しては、10月中旬に行われることもあり、かなり早い段階で分かるので楽しみですね。

また、もう1つ気になるポイントが、出演者が誰なのか、という点ですね。
出演者については、10月・11月頃になると、ネット上で様々な予想が飛び交います。
予想の中には、けっこう的を得ている物も多いので、チェックしてみるのも面白いですね。

正式な発表が行われるのは、11月下旬ごろです。
出演者の発表を待つ間、自己流に分析して、誰が出演するのか、誰が大トリを飾るのかを予想してみましょう!

紅白をより楽しむために!


紅白の楽しみは、ただ好きなアーティストを見て、その曲を聴く、というだけではありません。
紅白には、紅白ならではの楽しみ方があります。

まず、衣装。
好きなアーティストがどんな衣装で出演するのかというのは、要チェックポイントです。
1年に1度の大舞台ですから、かなり大がかりな衣装で臨むアーティストが多いですね。

もちろん、特に注目しているわけではないアーティストでも、どのような衣装を身につけてくるのかチェックしたいですね。

普段はそれほど興味を持っていなかったアーティストも、この日の素晴らしい衣装や歌を聞くと、ファンになってしまうかもしれません。

また、紅白にはもう1つ、とっても素敵な楽しみ方があります。
それは、全ての曲をできるだけチェックして、バックダンサーや演出も楽しむことです。

演歌歌手のバックダンサーにAKB48が登場するなど、アーティストは自分の曲を披露する際だけでなく、いろいろなシーンで登場してきます。
これを楽しむのが、紅白の醍醐味ですね!

まとめ


紅白には、数か月前から気になってしまうポイントがたくさんあります。

その中でも曲順は、最も最後まで取っておくお楽しみです。
発表があるまで、大トリは誰なのか、好きなアーティストがどこで歌うのか、ドキドキしながら待っていましょう。

そんな発表を待つ時間も、楽しみの1つですね!



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする