50代からの医療保険の選び方、必要性を考えて一度見なおしてみては?

50代 医療保険
いざというときのためにと、生命保険や医療保険に加入されている方は多いと思います。

しかし若いころに契約した保険をそのまま更新していると、年齢が上がるにつれて保険料が高くなってしまい、保険料の支払いが負担に感じることはありませんか?

最近は50代以降の世代向けの医療保険がいろいろな保険会社から登場していますが、従来の生命保険とは何が違うのでしょうか?



スポンサーリンク
スポンサーリンク

今加入している医療保険に無駄がないか見直してみましょう


50代というと、子供達が独立していたりと、高額な保証はあまり必要でなくなってくる頃でしょう。

毎年見直すタイプの保険などもありますが、逆に、若い頃から加入している生命保険をそのままの保証内容で更新して、実際に必要な保証以上の内容で契約をしていたりして、かなりの額の保険料を支払っている場合が多いようです。

私にも、保険の外交員が見直しや保険の掛け替えを勧めに訪ねてきますが、年齢が上がるにつれて、同じ保証内容でも支払う保険料がいきなり高くなってしまい、どうしようかと考えているところです。

私が加入している保険の医療保障部分で考えてみると、ガンや脳疾患、心臓疾患などの他に、女性特有疾患への備えや、介護が必要になったときなど、さまざまなオプション(特約)から必要と思われる保証を組み合わせて契約しています。

万が一の備えで加入しておくのが保険ですが、健康な方であれば医療保険に加入しても、元が取れるかというとその確率はとても低いですし、何年か毎に祝い金があるタイプでは、その分だけ保険料が上乗せされていることを考えると、元をとろうなんて考えちゃいけないのかもしれませんが・・・。

まあ、もしもの時の医療保険ですけれど、もしもの場合の備えであれば、貯蓄という自家保険で蓄えておく方が合理的という考え方もあります。

格安な医療保険で家計の負担を抑える


50代というと、確かに成人病の心配が出てくるとは思いますが、健康で毎日はつらつと過ごされている方も多いものです。

そういった元気な50代の方ですと、仕事に趣味にと活動的な毎日を送っていますし、自家保険・貯蓄で貯めたお金を、旅行や趣味といった楽しみにも活用出来る自由度があります。

もし、保険外交員の方などから、「50代以降は死亡保障よりも、医療保証が大切よ」と言われるままに、保険料の割高な医療保険に加入されているのであれば、見直すことによって、毎月の負担がぐっと抑えられるかもしれません。

前述したように、格安で掛け捨てタイプの医療保険が沢山登場しています。

50代からの専用医療保険もある程ですからね。

以前は、このような掛け捨てタイプの医療保険でも、50代くらいの年代になると、それなりの保険料になっていましたが、今では20代で加入しても50代になってからでも、極端に保険料が異なるということはないようです。

自家保険・貯蓄だけでは不安という場合には、このような格安の医療保険であれば、家計に占める保険の割合も抑えられて、負担が軽くなりますよ。

まとめ


不況や年金問題で先の見通しが不透明な昨今ですから、ご自身が加入されている医療保険の内容を一度じっくり確認してみませんか?

そして、あまりにも保険の掛け金が高くて負担に感じるようであれば、別の医療保険に掛け替えを検討してみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする