プラセンタ注射とサプリの違いは?更年期の辛い症状をなんとかしたい

プラセンタ 更年期
少し前から、こちらの記事に書いたような症状で通院しています。

その通っているクリニックの待合室で、プラセンタ注射による更年期障害の治療についてのポスターを目にしました。

プラセンタというとドラッグストアなどでサプリメントを見たことはありますが、注射とサプリメントにはどのような違いがあるのでしょうか?



スポンサーリンク
スポンサーリンク

プラセンタの秘められたパワーが注目されています


プラセンタ=哺乳類の胎盤のことで、その栄養素が美容や健康の面で様々な効果が期待されている注目の成分です。

お腹の胎児はへその緒を通じて母体の胎盤とつながっています。

胎盤には、1個の受精卵が赤ちゃんとして成長するために必要な酸素や栄養素を補給したり、胎児から母体へ老廃物を渡すという大切な働きがあります。

胎盤を摂取するなんてと感じるかもしれませんが、胎盤には豊富な栄養成分が含まれていることから、
動物によっては出産後に、血の臭いで寄ってくる外敵から身を守るのと同時に、栄養補給として自ら胎盤を食べることもあるそうです。

プラセンタの栄養成分


プラセンタには、タンパク質、アミノ酸、ビタミン、核酸、ミネラル、糖質といった栄養素が含まれている他にも、細胞分裂を促進させる作用がある成長因子や、女性ホルモンのバランスを整える働きがあるとされています。


更年期障害の治療にプラセンタ注射が使われています


プラセンタは、1974年に厚生労働省から肝機能改善薬として認可され医療機関で使われてきました。

最近では、プラセンタの成分が美容や健康の面で様々な効果が期待されています。

プラセンタを使った製品としては、サプリメントやドリンク、プラセンタ配合化粧品などが市販されています。

これらの製品には、豚や馬、羊由来のプラセンタが使用されています。

手頃な値段でヒトの胎盤に近いとして人気なのは豚プラセンタですが、馬プラセンタは豚由来のプラセンタよりもアミノ酸含有量が多いので、より効果が期待できるのではとされています。

そして、プラセンタ注射ですが、こちらはヒトの胎盤から抽出したエキスが使用されています。

プラセンタ注射は現在、「メルスモン」という更年期障害と乳汁分泌不全の治療のために使われる注射薬と、
「ラエンネック」という肝臓病の治療に使われる注射薬の2つが薬事法の承認を受けています。

このため、更年期障害、乳汁分泌不全と慢性肝疾患と診断され治療のためにプラセンタ注射を処方する場合には、保険が適用されます。


美容外科クリニックや医療機関によっては、上記以外の症状や疾患への治療やアンチエイジンや美容目的でもプラセンタ注射を使用することがあります。

このような目的の場合には自由診療となり保険が適応されないため、医療機関毎に費用は異なるようです。

プラセンタ注射のデメリットは?


プラセンタ注射は直接体内に届けるため、サプリメントと比べ体内への吸収が早く即効性があるとされています。

プラセンタの効果については個人差があり、人によって期待していた効果が得られないと感じることもあるようです。

ですが、プラセンタ注射を打った後、繰り返し打っている人は多いようですから、そういった人達は身体に何らかの変化を感じているのだと思います。


プラセンタ注射は1回打てば終わりというものではなく、週に1~2回とか1~2週間に1回といったペースで打つ必要があるため、通院に要する時間と費用が負担に感じるかもしれません。

またプラセンタ注射を打つ部位によっては痛みが強かったり、打った後でアザが残ることもあるようです。

そして、ヒト由来のプラセンタ注射を打つと、ヤコブ病の感染防止のために献血ができなくなります

これまでにプラセンタ注射によるヤコブ病感染の報告はなく、重大な副作用についてもほとんどありませんが、感染症のリスクが全くないという訳ではないようです。

このため、プラセンタ注射を打つ前には、これらのようなリスクを理解した上でプラセンタ注射を使用するといった内容の同意書の提出が求められます。

まとめ


プラセンタ注射は更年期障害の治療目的であれば保険が適用されるため、費用の負担は軽くなりますが、仕事などで忙しい人の場合には、定期的に通院して注射を打たなければいけないというのは、大変なことだと思います。

また、一度でもプラセンタ注射を打つと献血が出来なくなってしまうというのも、不安な気持ちになってしまうかもしれません。

もし今のつらい症状や悩みを改善するためにプラセンタ注射を考えていたり、医師から勧められた時には、打つ間隔や費用はどのくらいになるのか、どのようなリスクが考えられるのかなど、疑問に思ったことを伝え、しっかりと説明を受けて理解した上で利用するのがよいのではないでしょうか。

プラセンタを使ってみたいけど、やっぱり注射はちょっと・・・という場合には、プラセンタサプリメントやドリンクを試してみるのもいいかもしれません。

プラセンタサプリは沢山のメーカーからいろいろと発売されていますから、ランキングや口コミサイトの情報を参考にしながら、気になるものを試してみるといいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする