ピロリ菌に効くと噂のヨーグルトをせっせと食べてます

私の十二指腸潰瘍の原因はピロリ菌だった!?


健診で胃カメラを飲んだら、十二指腸潰瘍とピロリ菌が判明して、ブルーな日々を送っています。

ピロリ菌に感染していると胃がんや胃炎になるリスクが高くなるそうですが、十二指腸潰瘍も治療してもピロリ菌がいると、再発する可能性が高いということで、主治医から除菌を勧められました。


ピロリ菌の除菌には抗生物質を1週間服用する必要がありますが、抗生物質によって十二指腸潰瘍が悪化する心配があるので、まずは十二指腸潰瘍の方を1ヶ月ちょっと服薬治療して、その後で除菌し、1ヶ月半~2ヶ月後に除菌が成功したか検査をするということに。

以前、実父が除菌した時は1度目失敗し、2回目は薬を飲むとしんどくなるから途中で薬をやめてヨーグルトを食べていたと聞いていたこともあり、無事に除菌できるかドキドキです。

そこで、1回の除菌でピロリ菌がいなくなるように、ピロリ菌に効くと噂のヨーグルトを食べることにしました。

明治のプロビオヨーグルトLG21。



”胃で働く乳酸菌””リスクと戦う乳酸菌”というキャッチコピーがついていますね。

LG21は、ラクトバチルスガッセリー(Lactobacillus gasseri)OLL2716株というのが正式名称だそうですよ。

明治のLG21の紹介ページではピロリ菌に効くとは書いてませんが、食品なので効能効果を謳うことができないからでしょうね。

ただ、同じ明治の公式サイトにある「乳酸菌研究最前線」で、乳酸菌OLL2716株についてのピロリ菌への研究と試験結果が掲載されています。

http://www.meiji.co.jp/yogurtlibrary/laboratory/report/oll2716/top/

「乳酸菌OLL2716株を除菌療法に併用することで、効果的に除菌することを確かめられました」ということですよ。

http://www.meiji.co.jp/yogurtlibrary/laboratory/report/oll2716/03/

除菌療法と併用するのがよさそうですね。

ただ、私の場合は除菌が1ヶ月以上先なので、まずはLG21を食べておこうと思います。


LG21を食べる回数や量は1日2個が目安?


上記で紹介した「乳酸菌OLL2716株の試験結果(ピロリ菌)」では、1日2回食べていたようなので、私も朝と夜に1個ずつ食べることにしました。

LG21には、カップ入りとドリンクタイプがあり、カップには普通のと、低脂肪、砂糖0、アロエ脂肪0という種類が、ドリンクの方も普通のと低糖、低カロリーのものがあります。

私がお気に入りなのは、アロエ脂肪0とドリンクタイプ低糖・低カロリーの2つで、朝はカップを、夜はドリンクタイプにしています。

近くのスーパーでは、だいたい128円位で売られているので、1日2回食べ続けるには、ちょっと値段が高いな~と思いつつも、これでピロリ菌がいなくなるのだったら、次のピロリ菌検査で除菌成功を確認するまでは食べ続けようと思っています。

楽天市場などの通販ショップでまとめ買いをすると安くなるけど、賞味期限内に食べきれないのもマズイですよね。

ショップによってはR-1やPA-3とよりどりでまとめ買いすると送料無料になったりするので、家族と一緒に食べるなら、通販を利用するのが便利かなと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする