浴衣の女性☆印象を良くする色柄や歩き方のポイントとは!?

花火大会などのイベントが増える夏。
特に浴衣の女性は、風情があって素敵なものですよね。
ですが、どうせ浴衣を着るなら、やっぱり「自分に似合っているもの」を厳選したいところです。

では、浴衣の女性の印象を良くする色柄というのは、どんなポイントにこだわって選べば良いのでしょうか?
また、所作によっても印象は左右されますので、歩き方のポイントなども押さえておきたいですね。

そこで、そんな浴衣を着る際に知っておきたいポイントについて紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

浴衣の女性☆印象を左右する色


浴衣の女性の印象を大きく左右するのが、色です。
浴衣には様々な色がありますよね。
どの色を身に着けるかで、お肌の色の見え方が変わったり、印象がガラリと変わります。

例えば白の浴衣は、誰にでも似合いやすく、また男女問わずウケが良いですよね。
しかもレフ板のような効果をもたらし、お肌を明るくキレイに見せてくれるという魅力もあります。

それから青も定番の色ですね。
爽やかで、誰にでも似合ってしまいやすい使い勝手の良い色と言えるでしょう。

意外とおすすめなのが、緑色系の浴衣です。
薄い緑色ならカジュアルな印象、あるいは古風な印象になります。
濃い緑は個性的で、周囲と差を付けたい時にぴったりです。

また、お肌の色が濃い目で、淡い色が似合いにくいという方には、黒もおすすめです。
黒の浴衣はなかなか小粋で、オシャレでかっこよく着こなすことができます。
ただ、地味になってしまいやすいので、花柄などデザインの工夫で素敵に演出しましょう。

色白な女性で、男性ウケを狙うのであれば、ピンク色の浴衣もおすすめです。
女性ウケはイマイチですが、白い肌にピンク色の浴衣は美しく映えますし、男性からは「可愛い」という印象を抱かれやすいですね。

浴衣の女性☆印象を良くする選び方


浴衣の女性の印象は、選び方にこだわることで大きく変わってきます。
例えば体型によっても、選ぶべき浴衣が違います。

華奢な細身の女性なら、浴衣は小さな柄のものがおすすめです。
大きな柄だと、子供っぽい印象になってしまいます。
また、できるだけ淡い色を選んでおけば、膨張色で貧相なイメージも改善されますね。

それから、背が高い女性などの場合には、柄が大きいものを選ぶのがおすすめです。
ポッチャリしている女性なら、細く見えるたてラインが入ったものを選んでみましょう。
あるいは、帯に力を入れることで、帯に目が行くようにしておくと、体型が気になりにくくなります。

浴衣の選び方は万人に共通しているわけではなく、こうして「自分に合うもの」をセレクトすることが大切です。
体型やお肌の色に合わせて、厳選してみましょう!

浴衣の女性☆印象を左右する歩き方


浴衣の女性の印象は、所作でも左右されます。
特に浴衣の女性の歩き方というのは、重要なポイントです。
和服を着慣れていない人は、つい下品な歩き方をしてしまいがちなので要注意ですね。

まず、浴衣を着たら、歩きやすくするために裾割りをしておきます。
これは、足を肩幅に開いてヒザを2〜3回軽く曲げるという方法です。
これである程度動きやすくなったらい、上前、下前はきちんと整えます。

それから、次に歩き方ですが、歩幅を狭くすることが最大のポイントです。
さらに、上前を右手で軽く押さえて歩くと、上品でキレイな所作に見えますね。
裾がめくり上がるのを防ぐこともできます。

普段の洋服のように、大股でずかずか歩くようなことは、してはいけません。
浴衣ならではの小さな歩幅で、上品に歩くことを心がけましょう。

車に乗って移動するような時にも、所作が大切です。
大股を開いて乗るようなことはせず、お尻から入り、上品に浴衣を整えて着崩れを防ぎましょう。

まとめ


浴衣の女性の印象は、ちょっとしたことに気を付けるだけで大きく変わります。
選び方や着こなし方、歩き方などしっかり覚えて、花火大会でも周囲の目を惹きつけられるようなすてきな女性を目指しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする