ラグマットは夏に暑い?敷いたほうが良いの?選び方のコツは?

夏と言えば、インテリアは涼しげな雰囲気にしたいですよね。
フローリングの床は冷たくて快適ですが、ここにラグマットを敷くと、夏には暑いし不快なのではないか、と感じてしまうこともあるでしょう。

では、そんなラグマット、夏に暑いというのは本当でしょうか?
実は、夏でもラグマットを敷いた方がメリットがあると言われています。
そこで、そんな夏のラグマットのメリットと、選び方のコツを紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏のラグマットは暑い?


夏のラグマットは暑いイメージしかない、という方は少なくないですよね。
確かにラグマットと言えば、冬場に床の冷たさから足元を守ってくれるためのもの、という印象があります。

ですが、実は夏のラグマットが暑いというのは大きな誤解であり、夏でもラグマットを使った方が快適に過ごせる可能性が高いのです。

夏の暑さの厳しい日には、クーラーを付けますね。
そんなクーラーの冷気が、なんとラグマットにキャッチされます。
繊維の隙間に冷たい空気が入り込むため、ひんやり快適に過ごせるようになるわけです。

また、ラグマットは吸湿してくれる効果も期待できるので、歩いている時の足裏の汗、寝転がっている時の汗なども吸い取ってくれますね。 フローリングの床だとこうはいかず、ベタベタしてしまうばかりでしょう。

それから、ラグマットは視覚でも、涼しげに演出することが可能です。
例えば青などの寒色系のラグマットを敷けば、それだけでも涼しげに感じられますよね。

このように、ラグマットは夏の暑い季節にも、意外とメリットの大きいアイテムなのです。

ラグマット☆夏の暑いときの選び方


ラグマットは夏の暑い季節にも大活躍してくれるということが分かりましたが、もちろん、何を選んでも大丈夫というわけではありません。 夏には、夏にぴったりなラグを選んでみましょう。

まずは色ですが、これは涼しげな青以外にも、緑などの爽やかな色合いを選ぶのもおすすめです。
視覚というのは体感温度を意外と大きく左右しますので、夏場はできるだけ、涼しい色を選んだ方が快適に過ごせます。
もし季節を問わず使用したいのであれば、アイボリー系などの、夏でも冬でも快適に過ごせそうな色を選んでおくと良いでしょう。

それから毛足ですが、冬場はふんわりしたもの、毛足の長いものが欲しくなるかもしれません。
夏の場合、こういったタイプは暑苦しく感じられる可能性大なので、やめた方が良いでしょう。
毛足が短く、さらっとしたものを選ぶのがおすすめです。

また、暑くて汗をかきやすい季節ですので、できるだけ丸洗いできたり、簡単に干せたりと、お手入れがしやすいものを選ぶというのも大切なポイントですね。

ラグマット☆夏の暑いときにおすすめのもの


ラグマットで夏の暑いときにおすすめのものを具体的にピックアップしてみましょう。

まずおすすめなのは、竹素材でできたラグマットです。
竹は冷感が楽しめるので、夏にひんやりと快適に過ごすことができます。

それから、イグサ素材のものも良いですね。
涼しげなだけでなく、香りが楽しめるので、厚さの厳しい日に癒やしを感じることができます。
よく煮たもので、藤素材のものもあり、こちらもひんやり快適に楽しむことができます。

また、中には夏にぴったりな、冷感素材で作られたラグマットなどもあります。
キシリトールやミントを使った加工により、−2℃の体感を楽しむことができてしまいます。
こういったタイプは、夏こそぜひ、使いたいですね!

小さな子どもがいる過程などでおすすめなのは、キルト素材のラグマットです。
簡単に丸洗いできますし、ふんわりして快適に過ごせるのがうれしいですね。

ラグマットにもいろいろなタイプがありますので、季節や目的に合わせて選んでみてください。

まとめ


ラグマットは夏の暑い季節にもメリットがたくさんあり、また、夏にぴったりなものもあることが分かりました。
夏はフローリングで十分と考えていた方も、そんな夏だからこそのラグマットの魅力を知り、ぜひ使ってみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする