夏バテでだるいし眠いという症状の原因とは?効果的な対処法は?

あまりにも暑さが厳しい夏になると、夏バテでだるし眠い・・・という症状に悩まされる人も出てきますね。
では、なぜ夏バテでは、体がだるくなったり、眠気がしたりするのでしょうか?

そこで、そんな夏バテでだるいし眠いという症状の原因と、これらに対する効果的な対処法について紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏バテでだるいし眠い原因


夏バテでだるいし眠い、という症状が出てきてしまうのは、体が気温の高さに、想像以上に疲れ果てているからです。
夏の高温多湿な気候のもとで、それでも人の体は一定の体温を維持しようとします。
ですが、これを維持するためには、実は相当な体力が必要となっています。

体温調節のためには汗をかきますが、この汗をかくために働くのが自律神経です。
ただ、外気温と室内の大きな気温差などで自律神経が乱れてしまうと、この働きがうまくいかなくなります。

そのため、夏の疲れを感じやすくなり、体がだるいと感じるようになります。

さらに、疲れているにも関わらず、暑さが厳しいためにうまく眠ることができず、不眠になってしまうということもあります。
その結果、日中も眠気が取れず、辛い症状に悩まされることになる人も多いのです。

夏バテでだるいし眠い、という症状の原因は、このような夏の過酷な環境が生み出したものなのですね。
体に大変な負担がかかっていることを考慮すると、しっかり労わってあげられるような対策をしていきたくなりますね。

夏バテでだるいし眠い時の対処法


夏バテでだるいし眠いという時には、まずは自律神経を整えてあげることが大切です。
また、夏バテで眠気を強く感じるのは、睡眠時間が短いからではなく、基本的には睡眠の質が悪いため、と言われています。
自律神経を整えることで、睡眠の質を向上させるためにも役立てることができるので、これは大変効果的な方法と言えますね。

では自律神経を整えるにはどうすれば良いか、ですが、これはゆっくりぬるめのお湯で入浴するのが効果的です。
ぬるめのお湯でリラックスすることで自律神経が整い、疲れが取れ、質の良い睡眠をとることができます。

夏場は湯舟には浸からないという人も少なくありませんが、これが夏バテを悪化させているケースもあるのです。
夏だからこそ、湯舟に浸かるようにしてみましょう。

また、暑さの厳しい日には、体を動かす機会も減るかもしれません。
ですが軽くウォーキングするなど、適度に体を動かすこともまた、質の良い睡眠をもたらしてくれます。
体が適度に疲れるような軽めの運動を取り入れてみましょう。

夏バテでだるいし眠い時はどうする?


夏バテでだるいし眠い、という症状を予防していく方法は分かったけれど、それでもだるいし眠いという症状に陥った時にはどうすれば良いのか・・・ これも気になるところですね。

まず、眠気がひどい時には、首元を冷やすのが効果的です。
熱中症対策グッズなどで、首元を効果的に冷やすことができるアイテムがありますので、そういったものを使ってみてください。

首やワキにはリンパが集まっているので、こういった部分を冷やすことで、眠気が解消さsれやすくなりますし、熱中症対策にもなります。 また、仕事中などで、どうしても眠くなってしまった時には、1度席を立って、軽くストレッチをしてみるのも効果的ですね。

夏に居心地の良い涼しい室内にいると、どうしても眠くなってしまいやすいものです。
質の良い睡眠をしっかり取りながら、できるだけ日中に疲れを持ち越さないこと。
それから、眠気を感じた時には冷やしたり体を動かすことで、うまく紛らわせること。

これらが、夏バテで仕事など日常生活に支障をきたさないためのコツですね。

まとめ


夏バテでだるいし眠いという時には、自律神経が大きく乱れていたり、睡眠の質が低下している可能性大です。
そういった視点からしっかり対策をしていくことで、体を労わりましょう。
今のうちにきちんと対策しておかないと、夏の疲れを秋口まで引きずってしまうことにもなり兼ねないので、要注意です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする