小樽の観光☆穴場で楽しめる素敵なスポットと言えばどこ!?

北海道にはぜひ観光したい素敵なスポットがたくさんありますが、中でも小樽は人気が高いですよね。
そんな小樽、有名なスポットは人が多く、なかなか「ゆっくり癒しの旅」を満喫するのが難しい状況と言えます。

そこで、小樽の観光で穴場と言える、あまり人に知られていない、ゆっくり楽しめるスポットを紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

小樽の観光☆穴場のオタモイ海岸


小樽の観光で穴場として特におすすめなのが、オタモイ海岸です。
オタモイ海岸は、小樽の北西部にあるスポットで、断崖絶壁で迫力満点な景色が楽しめます。

日本海に面た海の一部で、標高370mもある大きさな赤岩山、標高200m前後の崖などがあります。
不思議な形の岩などがあり、神秘的な雰囲気が楽しめる海となっています。

そんなオタモイ海岸は、特に夕暮れ時に訪れるのがおすすめです。
夕暮れ時には、夕日が沈む美しい景色を楽しむことができます。
遊覧船などもありますので、観光の1つとして、スケジュールに組んでおいても良いですね。

また、オタモイ海岸の付近にはオタモイ遊園地跡という歴史あるスポットもあります。
この場所は、昭和の初期に夢の里オタモイ遊園地という遊園地が設けられたのですが、昭和27年に火災で焼失してしまいました。
今は遊歩道トンネルや龍宮閣の磁石などしか残っていませんが、神秘的な雰囲気となっています。

小樽の観光☆穴場の北一ホール


小樽の観光で穴場を探しているなら、北一ホールもおすすめです。
北一ホールは167個もの石油ランプが灯っており、シャンデリアのように連なったランプが、なんとも幻想的で素敵な喫茶店です。 シュークリームなどのスイーツを楽しめたり、どんぶりなどのガッツリと楽しめる食事もあります。

ケーキセットなどもありますので、スイーツのおいしい北海道ならではの味覚を楽しむのにピッタリです。
また、北海道ならではと言えば、こちらのスポットでは海鮮を使った丼なども用意されています。
オシャレで素敵な喫茶店でありながら、北海道ならではの味覚を楽しめるというのも、見逃せない魅力ですね。

小樽は歩いて散策したいスポットがたくさんありますが、歩き疲れてしまうこともありますよね。
そんな時は、このランプの灯りに癒される北一ホールでの休憩がおすすめです。

月曜から金曜まで、午後2時、午後3時、午後4時の3回、ピアノの生演奏も行われています。
まさに、ゆったりと癒しの時間を楽しみたい方にはピッタリな喫茶店ですね。

小樽の観光☆穴場のとんぼ玉館


小樽の観光で穴場のおすすめスポットと言えば、もう1つ、「とんぼ玉館」というスポットもおすすめです。
こちらのスポットでは、その名の通りとんぼ玉のアクセサリーやガラスの政策などを行っており、これらを製作体験することができます。

キルンワーク、サンドブラストなど、色々なメニューが設けられており、自分だけのアクセサリー作りを楽しめてしまいます。
お土産にも、自分自身の旅の思い出にもピッタリですね。

いずれも20分程度で作ることができますので、小樽観光の一環として取り入れやすいのも嬉しいポイントです。

また、こちらではバーナーワーク作家、キルンワーク作家の方々が作ったとんぼ玉、アクセサリー類を多数展示販売してあります。
お気に入りを見つけて購入するのもおすすめです。

アクセサリーや手作りが大好きという女性には、特に注目のスポットですね。
せっかく小樽に観光に来たなら、そんなとんぼ玉館で忘れられない貴重な体験をしてみましょう!

まとめ


小樽の観光は穴場と言える素敵なスポットが多数あります。
観光地であり、大勢の観光客で賑わう小樽。
ですが、ちょっと違うルートを観光すれば、意外と人も少なく、ゆったり楽しむことができます。

小樽は魅力満載な街なので、定番観光スポットだけでなく、ぜひ穴場もチェックしてみてください。
家族連れだけでなく、カップルや1人旅にぴったりなスポットもありますので、きっと満足度の高い旅にすることができるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする