おにぎりラップはどこで売ってる?使い方はどうするのが正しい?

子供のお弁当は、できるだけ可愛く演出してあげたいですよね。
ですが、ご飯でキャラクターを作ったりするキャラ弁は難易度が高くて、なかなかチャレンジできないという方も多いでしょう。

そこで、そんな可愛いお弁当を簡単に実現してくれるのがおにぎりラップです。
ではそんなおにぎりラップ、どこに売ってるか、使い方で正しい方法はどうすれば良いのかなど、気になる点をチェックしてみましょう!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

おにぎりラップはどこに売ってる?


おにぎりラップはどこに売ってるのか、ですが、これは意外と身近で、いろいろな所で手に入れることができます。
例えばスーパーのお弁当グッズコーナーがありますよね。
キャラ弁などが当たり前のように作られる時代になってから、スーパーのお弁当グッズコーナーも大変充実しています。
そんな中に、素敵なおにぎりラップを発見することもできますので、ぜひチェックしてみてください。

それから、より確実に、探す手間を省いて「コレ!」という種類のおにぎりラップを見つけたいなら、通販での購入もおすすめです。
楽天市場やAmazonなどの大手ショッピングサイトでも販売されており、こういったところなら検索窓に条件を打ち込んで検索をかければ良いだけなので、あちこちのお店を探し歩くよりもずっと簡単に購入できます。

そんなおにぎりラップですが、「使い捨て」なので、できればあまりお金をかけたくないという方もいらっしゃるでしょう。
そこでおすすめなのは、100円ショップのものです。

100円ショップのお弁当グッズのコーナーは、意外と充実しています。
おにぎりラップも、ショップによっていろいろなものが用意されており、例えばセリアなどではミッキーやミニーのおにぎりラップも販売されています。

100円ショップならコスパも抜群なので、「試しに購入してみたい」という方にはピッタリですね!

おにぎりラップの使い方の基本は?


おにぎりラップがどこに売ってるのか分かったところで、次に気になるのが正しい使い方です。
おにぎりラップの使い方は、キャラ便を本格的に手作りすることを考えると、驚くほど簡単です。
「可愛いお弁当を作ってあげたいけれど、不器用だからうまくいかない・・・」なんて悩みを抱えている方には、特にピッタリなアイテムと言えるでしょう。

おにぎりラップの使い方は、まずラップを広げて、この上にご飯を乗せて具を入れ、ラップで包んで軽く丸めます。
あとは四隅をうまく調整して、おにぎりラップの表面の絵柄がキレイに出るようにします。
最後に付属のテープなどで留めれば出来上がりです。

この時、おにぎりの大きさによってラップの余り具合が変わってきます。
もしたくさん余ってしまった場合には、これをハサミでカットしておきましょう。

たったこれだけでかわいいキャラクターや動物などのおにぎりが出来上がりますので、不器用さんにもピッタリですね!

おにぎりラップの使い方の注意点


おにぎりラップは使い方もとても簡単で、魅力的なアイテムです。
ですが、使い方には注意すべきポイントもあるのでチェックしておきましょう。

まず、おにぎりラップで包み込む際には、ある程度ご飯を冷ましておくことが大切です。
軽く冷ますことで余計な水分と熱を飛ばすことができ、おいしく衛生面でも安心できるおにぎりに仕上がります。

人肌より少し温かい程度の温度まで冷めたら、握っていきましょう。
これ以上冷めてしまうと、ご飯が硬くなり、握りにくく、美味しくなくなってしまいます。

それから、おにぎりのご飯には塩を加えておきましょう。
塩にも殺菌効果があるため、子供たちのお弁当をばい菌から守ってあげることができます。
しかも少し塩味が楽しめることで、より美味しい仕上がりになりますね!

また、できるだけ手で触らずに、おにぎりラップごしで握ることも大切です。
直接手で触れると菌が付着してしまいますので、おにぎりラップを上手に使って握りましょう。

おにぎりラップはとても可愛らしいので、再利用したくなる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、衛生面を考慮すると、やはり再利用も避けた方が良いですね。

これらの使い方の注意点を守れば、より美味しくて安全なおにぎりを作ることができるでしょう。

まとめ


おにぎりラップはどこで売ってるか、使い方はどうすれば良いかなど、情報をチェックしてみると、このアイテムがとても気軽なお弁当グッズであることが分かりますね。 気軽にスーパーやネット通販、100円ショップでも購入可能で、しかも使い方もかなり簡単です。
お弁当作りで悩まされている方は、試してみる価値ありですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする