新たまねぎの栄養と効果とは?どんな症状に役立ってくれるの?

たまねぎと言えば辛味があり、食べにくい印象のある野菜ですが、新たまねぎは違いますよね。
ほんのり甘味があり、生でも美味しく食べられてしまう魅力があります。

では、そんな新たまねぎ、栄養や効果はどういったものなのかというのも気になるところです。
そこで、新たまねぎの栄養や効果など、その魅力に迫ってみましょう。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

新たまねぎの栄養と効果とは?


新たまねぎの栄養と効果についてですが、基本的には茶色い皮をした、「新」ではない玉ねぎと同じになります。

特に豊富な栄養素というと、ビタミンB1や硫化アリルといったものが挙げられます。
ビタミンB1は炭水化物を分解し、エネルギーにしてくれる大切な栄養素です。
そのため、疲れの解消、ダイエットなどの効果に期待が持てますね。

それから、もう1つ魅力的な栄養素の硫化アリルですが、これこそが辛味をもたらす原因となる成分です。
玉ねぎは「血液サラサラ効果が高い」ということで知られていますね。
その血液サラサラの効果をもたらしてくれるものこそが、「硫化アリル」という成分なのです。

これらの栄養素が豊富に含まれている新たまねぎは、健康面で大変嬉しい効果が期待できる食材であることが分かりますね。

さらに嬉しいことに、この硫化アリルはビタミンB1と結合し、吸収力を高める作用があります。
そのため、より効率良くビタミンB1を摂取できるというわけですね。

新たまねぎの栄養効果の魅力


新たまねぎの栄養効果には、普通のたまねぎには無い魅力があります。
それは、「生のままで摂取できる」という点です。

玉ねぎには新たまねぎと同じ栄養素がたっぷりと含まれているのですが、一般的な茶色い皮のたまねぎは辛味が強いため、生では食べにくく、どうしても加熱調理してしまいますね。 すると、この加熱の過程で多くの栄養素が損なわれてしまうのです。
最も注目したい硫化アリルも、調理の過程で少なくなってしまいます。

その点、新たまねぎは辛味が少ないため、生のままでスライスして、サラダとして食べることもできます。
その結果、たまねぎに含まれる栄養素をそのまま丸ごと、しっかり摂りいれることができるというわけなのです。
栄養豊富なたまねぎを、より効率的に摂取できるのが新たまねぎというわけですね。

せっかく旬の新たまねぎを食べるのなら、ぜひ、生の状態で美味しくサラダとしていただきましょう。

新たまねぎの栄養がもたらしてくれる効果


新たまねぎの栄養は、人の体に嬉しい様々な効果をもたらしてくれます。

まず新たまねぎには、動脈硬化や高脂血症を予防したり、改善したりする効果が期待できます。
それから、血行を良くしてくれる効果が期待でき、血液がサラサラで美しくなります。
血液は全身を巡り、栄養や酸素を届ける大切な役割を担っています。
そんな血液をサラサラにしてくれるというのは、見逃せない効果ですね!

さらに新たまねぎには、毛細血管を強化したり、血栓を分解する効果が期待できることも分かっています。
それから血糖値のコントロールにも役立ち、糖尿病の予防という働きにも注目が寄せられています。

そして、多くの生活習慣病の原因になってしまう症状の1つと言えば高血圧ですよね。
新たまねぎを食べることで血液がサラサラになれば、流れが良くなるので血圧も下げやすくなります。
つまり高血圧の症状を緩和するのにも役立ってくれるのです。

また、腎臓や肝臓の健康を維持する効果が期待できたり、疲労回復効果、便秘解消効果などもあると言われています。

たまねぎには、生活習慣病を予防する素晴らしい効果が期待できます。
そんな魅力的な栄養をしっかり丸ごと摂取できる新たまねぎは、現代人にとって心強い味方と言えるでしょう。

まとめ


新たまねぎは甘味があって美味しいだけでなく、魅力的な栄養素が豊富に含まれています。
生活習慣病は、現代人にとって深刻な問題の1つ。
これを予防していくためにも、新たまねぎを活かしてみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする