マシュマロフォンダンの味はおいしい?失敗せずに作るコツは?

手作りスイーツを作る時には、できるだけ見た目にもこだわりたいですよね!
そこで、そんな見た目にこだわるスイーツ作りにおすすめで、人気なのがマシュマロフォンダンです。

ですが、マシュマロフォンダンの味はおいしいのか、一体どんなものなのか、難しいのではないか・・・と不安だらけの方も多いのではないでしょうか? そこで、そんなマシュマロフォンダンについての解説と失敗せずに作るためのコツを紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

マシュマロフォンダンの味はおいしい?


まずマシュマロフォンダンの味はおいしいかどうかという点についてですが、これは「おいしい」と感じる人が多いようです。

そもそもマシュマロフォンダンというのがどういったものなのかと言うと、これはアメリカで誕生したスイーツのデコレーションです。 マシュマロに粉砂糖などを加えて作るのですが、色を付けることもでき、かわいらしいデザインのカップケーキやクッキーなどを作るのに役立ちます。

ケーキなどによく使用されているデコレーションの素材と言えばマジパンが有名ですね。
ですが、マジパンは硬過ぎて食べにくいと感じる方もいるでしょう。
また、マジパンでのデコレーションは職人技とも言える部分があり、素人にはなかなか難しいのです。

その点、マシュマロフォンダンは粘度のように柔らかく形作りがしやすいため、素人のスイーツ作りでも使いやすいということで人気があります。 素材もマシュマロと粉糖ですので、味がおいしいと感じる方が多いのも頷けますね。
マジパンほどカチカチに固まることもないので、柔らかくおいしくいただけるのも大きな魅力です。

マシュマロフォンダは味がおいしいだけじゃない!


マシュマロフォンダンは味がおいしいだけではなく、他にも大きな魅力がたくさんあります。

まず材料がマシュマロと粉糖というとてもシンプルなものなので、販売している店舗が多く、手に入れやすいというのが大きな魅力ですよね。 さらに、これらの材料はそこまで高額ということもなく、比較的安価で購入できるので、チャレンジしやすいのも嬉しいポイントです。

例えばマジパンの素材はアーモンドプードルですが、これは販売している店舗も限られてきますし、意外と高額なので「たっぷり使うのはキツイ」と感じる方もいらっしゃるでしょう。 その点、マシュマロフォンダンはかなりリーズナブルに用意することができます。

また、マシュマロにはゼラチンや水あめなどが含まれています。
これらの粘度を利用することにより、自在にお好みの形を作ることもできてしまうのです。

とっても簡単に、驚くほどかわいらしいデコレーションを叶えてくれる・・・
そんな魅力に溢れているのが、マシュマロフォンダンなのですね。

マシュマロフォンダン☆失敗しないコツ


マシュマロフォンダンは、実はとても作り方が簡単です。
まずはマシュマロをボウルに入れて少々の水で濡らしてから、レンジで温めてマシュマロを溶かします。
これをゴムベラで混ぜるとクリーム状になります。

ここに粉砂糖を加えてよく混ぜ合わせ、まとまってきたら耳たぶくらいの硬さになるように捏ねていきます。
あとはラップに包んで30分ほど冷蔵庫でしておけば良いだけです。

ここでまず、注意したいのはマシュマロフォンダンを乾燥させないことです。
しっかりラップで包んでおくことで、乾燥を防ぎましょう。
保存する温度も高くなり過ぎるとよくありません。
冷蔵庫で保存し、できるだけ早く使い切りましょう。

それから、マシュマロと粉糖の割合ですが、これも失敗しないおいしいマシュマロフォンダンを作るための大切なポイントです。
マシュマロと粉糖が1:2の割合になるようにしましょう。

このようなポイントに気を付けるだけで、簡単にできてしまうマシュマロフォンダン。
子供でもチャレンジできそうですね。
色を付ける時には、カラフルな食紅を使ってみてください。

まとめ


マシュマロフォンダンは味もおいしいと評判で、しかも自在にオシャレなスイーツを作ることができる魅力的なものです。
入手しやすく扱いやすいマシュマロを使って、オシャレで素敵なスイーツ作りにチャレンジしてみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする