引越し用ダンボール☆無料か格安で手に入れる方法はあるの!?

引越しをする際に、どうしても必要になるモノの1つが、ダンボールですよね。
イロイロな荷物を入れて運ぶのにとても便利なので、引越しの必需品となっています。
ですが、ただ荷物を入れて運ぶだけのダンボールにお金をかけるのはもったいないと感じる方もいらっしゃるでしょう。

では、そんな引越し用ダンボールを無料や格安で手に入れる方法はあるのでしょうか?
そこで、節約しながら引越しするための、そんな気になる情報を紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

引越し用ダンボール☆無料のものは?


まずは、引越し用ダンボールを無料で手に入れたいと考えている方にオススメの方法です。
スーパーやドラッグストアといった施設に訪れ、段ボールが無いかどうか尋ねてみてください。
こういったところには、トイレットペーパー、ティッシュ、お菓子などが大量に梱包されてきたダンボールがあり、それを開いて店頭に並べた後には、段ボールは廃棄物となっています。

そのため、この廃棄物である段ボールは、お客さまが希望すれば無料で持ってかえってもらうというシステムのところが多いのです。 お店側としても、ごみを減らせるというメリットがありますね。

ただし、だからと言って勝手に持ち帰るのは御法度です。
「ダンボールをいただきたいのですが」と、店員さんにきちんと声をかけましょう。

引越し用ダンボールには、様々な荷物が入るよう、それなりに大きさのあるものが便利です。
大きさをよく確認しながら、引越しに使えそうなものを、もらえるだけいただいていきましょう。

このスーパーやドラッグストアのダンボールは、時期や時間帯によってないこともあります。
事前に問い合わせてみたり、午前中に訪れるなどして、しっかり確保してください。
1件でもらえる量はそれほど多くないかもしれませんが、数件回れば、ちょうど良い大きさの箱がいくつも手に入る可能性大です!

引越し用ダンボール☆業者を使えば無料!?


引越しの際には、自力で頑張るという方もいれば、引越し業者に依頼するという方もいますよね。
実はこの引越し業者さんからも、無料でダンボールをいただくことが可能です。

引越しのプランには、基本的にダンボールが数枚、最初から無料でついていることが大半です。
そこで、交渉の際には「引越し用ダンボールを無料でもう少し、つけてくれると嬉しいんですが・・・」なんて交渉してみると良いでしょう。 見積りの際に、このように交渉しておけば、大抵の場合は引越し用ダンボールを無料でたくさんつけてくれます。
ダンボールくらいで他社との競争に勝てるなら、引越し業者側にしてみても、メリットが大きいと言えるのです。

さらにこういった引越し業者を利用した場合には、使用後のダンボールを引き取ってくれるサービスもあります。
無料回収してくれるサービスが多いので、ゴミも増えず、便利な方法ですね。

引越し用ダンボール☆格安なのは?


引越し用ダンボールは無料で手に入れることも可能ですが、完全無料は気が引けるので、格安で購入したいと考える方もいらっしゃるでしょう。
では、どこで引越し用ダンボールを格安販売しているのかについてですが、これはやはり価格の面でも、荷物になって持ち運びが大変という面でも、ネット通販の利用が賢い選択肢と言えますね。

基本的に、引越しに適していると言われるのは120サイズ程度のものです。
このサイズを「引越し用ダンボール」として販売しているサイトは多数あります。
相場は1枚あたり200円程度のところが大半です。

アマゾンなどで購入すれば、10枚で2,200円程度、送料は無料になりますので、格安で手に入ると言えるでしょう。
ですが、2,000円以上の金額が、近所のスーパーなどを回って無料ダンボールを手に入れることで浮くと考えれば、格安とは言ってももったいなく感じられてしまいますよね。 引越し用ダンボールは、格安でも120サイズは1枚200円程度。
その相場を知ったうえで、どうやって入手するか判断しましょう。

まとめ


引越し用ダンボールは無料のものだと理想的なサイズが手に入るかどうか分からないという部分があります。
また、衛生面を考えるなら、やはり新品が良いと感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。
ですが、そういったことを気にしないのであればスーパーで気軽にもらえますし、新品を無料でもらいたいなら、引越し業者の利用という方法があります。 業者の利用なしで、自分で格安な新品ダンボールを手に入れたいなら、ネット通販で便利に購入、ということになりますね。

引越しは、ダンボールの準備からして大変な作業です。
自分に適した入手方法をよく確認して、早めに用意しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする