日焼けの赤みがひかない原因は?どんな対処をすれば改善できる?


日焼けをしてしまうと、その部分のお肌が真っ赤になり、困ってしまうことがありますよね。
そんな日焼けの赤みは、通常であれば自然に改善されていきます。

ですが、中には「日焼けの赤みがひかない!」と悩んでしまう方もいらっしゃいます。
では、日焼けの赤みがひかない原因はどこにあるのでしょうか?
また、このような事態になった場合には、どう対処するのが有効なのでしょうか?

そんな日焼け後の対処に関する気になる情報を紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日焼けの赤み☆ひかない原因は?


日焼けの赤みは、通常であれば、2日~3日程度で改善されます。
ですが、中には日焼けの赤みが1~2週間も続いてしまうような厄介な症状に悩まされる方もいます。

このように、日焼けの赤みがひかない原因として、まず考えられるのは「ケアの仕方」です。
日焼けの赤みが起こってしまった場合には、冷やしたり保湿したり・・・といったケアをきちんとしておく必要があります。
これらのケアを怠ったために、赤みが長引いている可能性が高いですね。

あるいは、日焼け後にきちんと保湿ケアをしなかったために、潤いが不足したお肌に何らかのトラブルが起こっているという可能性もあります。
潤いが不足したお肌は、外的刺激の影響を受けやすくなっています。
そのため、日焼け以外にも何らかの炎症を起こしてしまい、赤みが長引いているということも考えられます。

日焼け後の赤みが長引いている場合、今現在の肌トラブルにも繋がりやすいですし、シミなど将来の厄介な肌悩みの原因になる可能性もあります。
そのため、赤みはできるだけ早く改善できるように、きちんとケアしていかなければならないのです。

日焼けの赤みがひかない原因を撃退!


日焼けの赤みがひかない、という厄介な状態にならないためには、日焼けをしてしまった直後から、きちんと対策をしていくことが大切です。
赤みやヒリヒリとした痛みが改善されるまで、とにかく十分に患部を冷やしておきましょう。
冷やすことで、赤み、火照り、ヒリヒリ感といった症状を早く抑えることができます。

それから、低刺激なローションを用いて、しっかりと潤いを補給してあげることも大切です。
潤いが不足することでバリア機能が低下し、日焼け以外の肌トラブルを起こしてしまうという症状を予防するためにも、保湿ケアは徹底していきましょう。
日焼け後のお肌は、とても乾燥しやすくなっています。
保湿ケアをすると、お肌が欲しがっているように、ぐんぐん入っていくのがよく分かるでしょう。

もし赤みや火照りがひどく、ヒリヒリとした痛みで眠れないというほどつらい症状がある場合には、シップをするのも有効です。
ワセリンを塗布して布を被せ、シップしておくと、潤いが逃げるのを防ぐことができ、外的刺激からもお肌が守られます。

このように、日焼け直後にきちんとケアをしておくことで、日焼けの赤みがひかないという困った症状を予防できるのです。

日焼けの赤みがひかない時は病院も!


日焼けの赤みがひかない、1週間以上経過しているのに治まらないという時には、病院を受診してみるのも1つの方法です。
皮膚科では、日焼けに対する治療も行われています。
「たかが日焼け」と考え、皮膚科に行くほどのことではないと判断してしまう方もいるかもしれませんが、1週間以上も赤みがひかないとなると、これはかなり重症です。
できるだけ早く、皮膚科で専門家に相談した方が安心ですね。

日焼けというのは、お肌が軽く火傷を起こしている状態です。
火傷を悪化させないために、痕をできるだけ残さないためには、皮膚科を受診して適切な治療を受ける方は少なくないですね。
これと同じで、日焼けにも治療を受けておくことで、症状が改善されやすくなるのです。

日焼けの赤みがひかず、不安を感じているなら、ぜひ、病院で相談してみてください。
自己流のケアをあれこれ試すよりも、「病院に行った方が手っ取り早く改善できた!」という結果になる可能性大です!

まとめ


日焼けの赤みがひかないのは、ケア不足であったり、お肌がより深刻な状態になっているためです。
早い段階できちんとケアをして、長引かないように努力することが何より大切ですね。
ですが、努力しているつもりなのに赤みがひかないという場合には、迷わず病院を受診しましょう。
きちんと治療を受けておくことが、今だけでなく、将来のお肌のためにもなるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする