冷蔵庫☆一人暮らしはサイズがどのくらい必要?野菜室の機能は?

春になると新生活を迎えるという方も大勢いらっしゃるでしょう。
中には、実家を出て一人暮らしを始めるという方もいらっしゃいます。

ですが、これまでとは違う生活に、一体何をどうすれば良いのか分からず、悩んでしまうという方もいますよね。
例えば冷蔵庫、一人暮らしならサイズはどの程度で、野菜室などの機能は必要なのでしょうか?

そこで、そんな一人暮らしの冷蔵庫選びのポイントをチェックしてみましょう。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

冷蔵庫☆一人暮らしのサイズは?


冷蔵庫の一人暮らしのサイズというと、できるだけ小さいものを選びたくなってしまいますよね。
確かに一人暮らしの部屋にもよりますが、ワンルームマンションなどを選んだ場合には、なかなか冷蔵庫を置く場所を作りにくくて困ってしまったり、1人だからそれほど食材も増えず、小さいサイズでも十分に感じてしまうというイメージがあるでしょう。

ですが、意外と冷蔵庫が小さすぎるのは不便なのです。
一人暮らしでも冷蔵庫は、意外とよく使うアイテムです。
例えば常にお茶やジュースを冷やしてあったり、友人を招いて鍋パーティーをするのに、食材を買い込んで入れる機会があったり・・・

大は小を兼ねるという言葉もあるように、できるだけ大きめのサイズを選んでおいた方が、何かと楽です。
しかも冷蔵庫のサイズは小さいほど電気代が安いということはありません。
小さいサイズよりも、大きめのサイズの方が電気代がお得になると言われていますので、そういった意味でも、大きめを購入しておいた方が良いですね。

では冷蔵庫は一人暮らしのサイズで考えるとどの程度がベストなのかといえば、大体、200〜300L程度のものが人気となっています。 200〜300Lで中身は大容量なのに、外側はスリムで使い勝手の良いもの。
これがベストな選び方ですね。

一人暮らしの冷蔵庫のサイズ☆野菜室は?


一人暮らしの冷蔵庫のサイズで、次に気になるのは野菜室はどの程度必要か、という点ですね。
そもそも、一人暮らしの冷蔵庫に野菜室は必要かどうかということについてですが、これは自炊を考えている方には必須の機能と言えるでしょう。

野菜室という部分は、普通の冷蔵室と比べると、温度がやや高めに設定されています。
ジュースなどを冷やす冷蔵室は3〜5℃で、野菜室は5〜7度です。
また、野菜を乾燥させてしまわないように保湿する機能もあります。

これらは野菜の鮮度を保つための工夫ですので、自炊をして野菜を買い込み、保存する予定のある方は、きちんと野菜室付きのものを選んでおいた方が安心ですね。 特に一人暮らしだと、自炊する際にも野菜を一気に使いきるのが難しいので、うまく保存していくことが必要になります。
野菜室はそういった意味でも、あった方が便利でしょう。

ですが、もし自炊する気が全くないというのであれば、無理に野菜室のあるものを選ぶ必要はありません。
一人暮らしの冷蔵庫は野菜室よりも、冷凍室の方が重宝するという方も少なくないのです。

食べきれなかった食材を冷凍したり、便利な冷凍食品を保存しておいたりするために便利な冷凍室。
ここが大きいものを選んでおくと使い勝手が良いでしょう。

一人暮らしの冷蔵庫☆サイズ以外の選び方のコツ


一人暮らしの冷蔵庫はサイズ以外にも選ぶ時にチェックしたいポイントがあります。

例えば音。
ワンルームマンションで一人暮らしの場合などは、冷蔵庫の近くで眠ることもありますよね。
そんな時に、夜に冷蔵庫の音がうるさくて眠れない、なんて事態になるのは困りものです。
できるだけ静かで使いやすいものを選んでおくことが大切ですね。

それから棚もしっかりチェックしておきたいポイントになります。
冷蔵庫の棚は取り外したり簡単にカスタムできるものを選んでおくと、自分1人の時と友人が来た時の使い分けができ、便利です。

人を呼んで食事する機会が多いのなら、ペットボトルなどもたっぷり冷やせるものがベストですよね。
また、自炊をする人なら調味料がたくさん保存できるかどうかも見ておきたいポイントです。

設置する部分によって、冷蔵庫の扉が右開き、左開きなどどちらが良いのかも考えて購入しなければなりません。
開いたら壁にぶつかるような冷蔵庫だと、大変使いづらくなります。

このように、一人暮らしの冷蔵庫を選ぶ時には、サイズだけでなく、ニーズに合ったものを選ぶためにじっくりチェックしておかなければならないポイントがたくさんあるのです。 自炊をするかしないか、人を呼ぶ機会があるかどうかなど、冷蔵庫のニーズは人それぞれ。
まずは、そんなライフスタイルをイメージし、合うものを選びましょう。

まとめ


一人暮らしの冷蔵庫のサイズは小さければ良いというものではありません。
様々な視点でじっくり確認しながら、自分のライフスタイルにぴったりなものを厳選しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする