成人式にコートはいらない?邪魔にならないものを選ぶコツとは?

大人になった証とも言える成人式。
大切な人生の1つの門出ですよね。
そんな成人式で、男性が特に気にしてしまうポイントと言えば、スーツの着こなしではないでしょうか?

例えばコートはいらないのか、もしコートを着るなら、邪魔にならないかっこよく着こなせるものとは、どんなものなのか・・・
そんな気になる点について探ってみます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

成人式にコートはいらない?


成人式があるのは1月という、1年の中でもかなり寒さの厳しい季節です。
では、成人式でコートはいらないのでしょうか?
「スーツだけだと寒そうだから、できればコートを羽織っていきたい」と考える男性もいらっしゃるでしょう。

基本的に、成人式は式典なので正装で行くのがマナーではありますが、コートの有無についてまで厳しいルールがあるわけではありません。 着ていくかどうかは、それぞれの自由です。

また、地域により、例えば北海道や東北のように寒さが非常に厳しいところであれば、「スーツだけなんて無理!」という方もいるでしょう。 逆に沖縄など、比較的暖かい地域であれば、「成人式にコートはいらない」と考える方もいらっしゃるでしょう。

そういった状況に応じて、コートを着ていくべきかどうか検討してみましょう。
不安な場合は、友人と相談してみても良いですね。

成人式に、スーツの上にコートを着ていくということに関しては、決して不自然なことではありません。
多くの男性がコートを着込んで成人式に出席していますので、安心してください。

成人式のコートはいらないパターン


成人式にコートを着ていくのは決しておかしなことではありません。
ですが、場合によっては「不要」なケースもあります。

成人式にコートがいらないパターンとしては、例えば車などで式に出向き、式典を終えたらまた、すぐに車で帰宅するという場合です。 車の中は暖房が効いて暖かいですし、式の間は室内で暖かく、コートも脱ぐのがマナーとなっています。
そのため、特にコートを着なくてはならない時間がないのですね。

ただし、「車で行くからコートはいらない」と思い込んでいると、厳しい寒さに辛い想いをすることになる可能性もあります。
なぜなら、成人式というのは式典に出席するだけではなく、その後、会場の外で多くの同級生たちと話をして盛り上がるという時間があるからです。

外で長々と話をする際に、スーツだけで寒さに震えているのは辛いですね。
できるだけしっかりコートを着込んでおきたいところです。

もし、「車で行くしコートは邪魔になるだけ」と考えるのであれば、外で話をする時間の寒さを考慮して、スーツの中に保温性の高いインナーを着込むなど、工夫してみましょう。

成人式のコート☆邪魔にならないアイテムは?


成人式は寒さが厳しく、コートは着て行った方が良いと考える方も少なくありません。
ですが、式典の間は脱ぐことになるので、邪魔になると感じてしまうこともあるでしょう。

では、成人式のコートで邪魔にならないアイテムと言えばどういったものでしょうか?

これについては、やはり冬ですので春のような薄手のものを着るわけにもいきませんし、スーツですので選べるコートも限られてきます。 例えばフォーマルでも使えるコートとしては、セミチェスターフィールドコートと言われるタイプのコートがあります。
こちらはフォーマルでも利用できるタイプなので後々活用できますし、きちんと畳んで持っておけば、そこまで邪魔にはならないでしょう。

それから、どうしても邪魔に感じられる場合には、スーツの中に温かいインナーを着込み、外はマフラーだけにしておくという方法もあります。 マフラーだけなら、室内で外してもそれほど邪魔にはならないでしょう。

まとめ


成人式のコートはいらないという意見もありますが、寒さの厳しい地域では着て行った方が無難ですね。
あるいは中にたくさん着込んでおくなど、邪魔にならない方法をよく検討しておきましょう。
人生で1度キリの成人式。
服装で失敗することのないように、友人ともよく相談しながら、かっこよく決めたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする