バレンタインに手作りは嫌?贈ると迷惑がられるチョコとは?

バレンタインには、「毎年手作りのチョコやお菓子を作って贈る」という方も少なくありませんよね。
チョコを手作りなんて、可愛らしい女の子という印象があるかもしれません。
ですが、実はこのバレンタインの手作りが嫌という男性は少なくないのです。

では、なぜバレンタインの手作りチョコが嫌がられるのでしょうか?
贈ると迷惑にとられてしまうチョコについて知っておきましょう。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

バレンタインに手作りが嫌☆衛生面


バレンタインに手作りが嫌な理由として、まず挙げられるのが衛生面です。
市販のチョコはマスクや帽子などをして、徹底的に衛生管理が行われたところで調理されていますよね。
ですが、手作りのチョコは作る際に手を洗っているかどうかも、定かではありません。

あるいは、家族や友人とワイワイ盛りあがり、おしゃべりしながら作っているかもしれません。
それに、わざわざ家庭のキッチンで作るチョコのために、帽子やマスクまでして衛生管理を徹底する人は少ないですよね。

そのため、どうしても市販のチョコよりも衛生面が劣るという問題が出てきます。
食べてすぐに体調を崩すほどのことは無かったとしても、やっぱり汚い手でベタベタと触られたものは口にしたくない、というのが本音ですよね。

作っているところが見えない手作りチョコは、そんな衛生面への不安が、どうしても出てきてしまうのです。

これが愛する彼女なら許せるのかもしれませんが、そこまでよく知らない女性が、家庭で作ってきたと手渡されても、なんとなく不安になってしまったりします。 職場で配るために大量の手作りをしてくる方などは「本当に清潔?」と疑われることもあるのです。
そういった相手に贈る場合は、やはり市販のものを選んだ方が無難ですね。

バレンタインに手作りは嫌☆何が入ってるか分からない


次にバレンタインに手作りが嫌な理由として挙げられるのが、「何が入っているのか分からない」という不安です。
もちろん毒までは入っていないでしょうが、中には信じられないものを入れてしまう女性もいるのです。

例えば自分の涙や血液、それから爪、髪の毛などですね。
愛する彼への気持ちを過剰に表現した結果であったり、たまたま調理中に混入したものであったり、その原因は様々です。
ですが、やっぱりこういったものが入っている可能性を考えると、気持ちが悪いですね。

もちろん、バレンタインの手作りを楽しむ女性の全員が、こういったものを混入させるわけではありません。
多くの女性は、贈る相手に不快な思いをさせないように、髪の毛の1本すら混入しないよう、細心の注意を払っているでしょう。

ですが、贈られる側としては、手作りをしている場面を観察していたわけではないので、それこそ何が入っているのか分からないのです。 これでは、やっぱり食べるのには不安を感じてしまいますよね。
そのため、バレンタインの手作りのチョコは口にしないという潔癖症の男性も少なくないのです。

バレンタインに手作りは嫌☆味がイマイチ


バレンタインに手作りが嫌な理由として、「味がイマイチ」ということも挙げられます。

中にはプロ顔負けの腕前で、美味しいチョコ菓子を作る人もいます。
ですが、基本的には作るのは素人ですから、やっぱりプロの腕に勝てるわけがありません。

中には、市販のチョコを溶かして固めただけの手作りチョコを贈るという方もいますね。
子供が手作りを楽しむ際にはこれも可愛らしいですが、大人になってから溶かして固めただけのチョコを贈るのは、「それなら元のチョコが欲しかった」ということにもなり兼ねません。

味の美味しさでプロに勝つことは、ほぼ不可能です。
それなら最初から、味が確かなプロが作ったチョコをプレゼントした方が喜ばれるのは確実、とも考えられますね。

まとめ


バレンタインに手作りが嫌という方の意見は、意外と納得できるものばかりです。
「気持ちが冷めている」「失礼」と感じられるかもしれませんが、確かに、そんなに深く知らない女性が手作りしてきたお菓子というのは、様々な意味で不安があるものです。 手作りチョコはよく知り合った恋人や友人、家族などに贈る場合のみにして、職場などで配るのは市販のものを選んだ方が無難と言えそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする