子供の風邪☆安静というのは寝かしておかないとダメ?過ごし方は?

子供は大人に比べると抵抗力が弱いため、どうしても風邪をひきやすいですよね。
そして、そんな風邪をひいてしまった時に悩まされるのが、過ごし方です。

子供の風邪で安静、なんて言われても、小さな子の場合、なかなかじっと寝ていてはくれません。
ではこの時、安静というのはどのような感じで過ごせば良いのでしょうか?

子供が風邪をひいた場合の過ごし方のコツについて紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供の風邪☆安静とは?


安静、というと大人なら静かにベッドで横になっていることをイメージします。
ですが、子供の風邪で安静とは、必ずしも寝ていることではありません。

安静というのは、横にならなくても、例えば座って本を読む、音楽を聴くなど、心と体がリラックしして落ち着いた状態で過ごすことを言います。 家の中や外で走りまわったりしない限り、普通にゆっくり過ごしていれば、安静と言えるのです。

そのため、嫌がる子供を無理に寝かせてしまう必要はありません。
そもそも、風邪をひいていても機嫌がよく、比較的元気な子供は、寝ていてなんてくれませんよね。

暖かくした部屋の中で、自由に遊ばせてあげるようにすると良いでしょう。
ただし、子供があまりにも興奮してしまうような遊びはやめましょう。
また、嫌がるのにお勉強やお稽古をさせてしまうのも、精神的な負担になります。
風邪をひいている時くらいは、ゆっくりさせてあげることが大切ですね。

子供は高熱が出て、本当につらい時は、自分で横になってしまい、そんなに動きません。
子供でも、体の辛さは自分で分かっているものです。
あまり神経質にならず、子供が自分の体調に合わせて過ごせるようにしてあげましょう。

子供の風邪☆安静時の過ごし方


子供が風邪で安静にしなければならない時の過ごし方で、最もお手軽なのがDVDを見せておくことです。
子供の好きなキャラクターの出てくるDVDなんかを借りてきて、つけておけば2時間ほどゆっくり見て過ごしてくれたりします。
その間は安静にしてくれますし、ママも手が空いて楽ですよね。

だけどDVD漬けにしてしまうのはちょっと・・・という方も多いでしょう。
そこで、折り紙、積み木、ブロックなど子供がムシムシと遊べるようなおもちゃを用意してあげましょう。
折り紙なんかは、ママも一緒に遊んであげると、子供が喜んでくれます。

また、ママが横になっていれば、子供もママの側でゆっくりしていることが多いですね。
家事もあって大変ではありますが、できるだけママもバタバタせず、子供と一緒に寝転がってあげるようにしてみましょう。
絵本なんかを読んでみるのも良いですね。

室内でも楽しめることはたくさんありますので、ママの時間がある時にはある程度、関わってあげながら、安静に遊べる方法を実践してみましょう。

子供の風邪☆安静時の外出


子供が風邪で安静と言われても、買い物など、外出しなければらないことはありますよね。
だけど安静と言われている子供を連れまわすのはかわいそうだし、また、周囲に風邪をうつしてしまうかもしれないし・・・
色々と悩まされてしまうものです。

基本的には、安静と言われている子供をアチコチに連れまわすのは避けるべきと言えます。
買い物などは、パパが帰宅した後に行ったり、あるいは誰かに必要なものを買ってきてもらったりするのが理想的です。

ですが、そうはいかないこともあるでしょう。
今すぐ必要なものがあり、誰にも頼めない時、パパの帰りが遅い時・・・
そんな時には、安静と言われていても、近所の買い物くらいなら意外と大丈夫だったりします。

ただし、できるだけ子供の体調が良さそうな時に、暖かい服装をさせて、短時間で済ませてくること。
これが大切ですね。
よほどの不調でない限り、子供は風邪くらいなら、少し外出しても平気なことが多いです。
様子を観察しながら、買い物に連れていけるかどうか判断しましょう。

まとめ


子供の風邪で安静と言われた場合の過ごし方は、多くのママにとって悩みの種となっています。
ですが、安静と言われたからと言って、必ずしも寝て過ごさなければならないわけじゃないと考えれば、気持ちが楽になりますよね。 最低限の注意はしながら、それでも無理矢理子供を寝かすようなことはせず、快適に過ごせる工夫をしてあげましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする