もつ鍋のスープをリメイク☆最後まで美味しくいただくための方法は?

色々な鍋料理が登場してきていますが、そんな中でも根強い人気を誇り続けているのが、もつ鍋ですね。
では、このもつ鍋のスープ、リメイクして違った楽しみ方をすることはできないのでしょうか?

せっかくもつの旨みが溶け出したスープですから、リメイクしながら最後まで存分に楽しみたいものです。
そこで、そんなもつ鍋のスープを使ったレシピについて紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

もつ鍋のスープ☆チーズリゾット


もつ鍋のスープのリメイクで、特に美味しく、病みつきになるのがチーズリゾットです。
お鍋をしたら、その後にはシメを楽しみたいですよね。

もつ鍋のスープを使ったシメというと、麺類をイメージしてしまうかもしれません。
確かに麺類は相性抜群ではありますが、ちょっと雰囲気を変えて、チーズリゾットにしてみましょう。

作り方はいたって簡単で、まずもつ鍋のスープを温めて、ご飯を加えて煮込みます。
ご飯が柔らかく煮えたら、仕上げにピザ用のチーズをかけて、とろければ出来上がりです。

たったこれだけの簡単なレシピで、濃厚で美味しいチーズリゾットが出来上がります。
例えば味噌ベースのスープでもつ鍋を楽しんだ場合、味噌とチーズは驚くほど好相性!
これは病みつきになること、間違いなしです。

チーズリゾットはまるでイタリアンのような雰囲気で、もつ鍋とはちょっと違ったオシャレな雰囲気でいただくことができます。
女性にもおすすめのしめのレシピですね。

もつ鍋のスープ☆リメイクで焼きラーメン


もつ鍋のスープをリメイクして、全く違うお料理にすることも可能です。
そんな中でもおすすめのレシピが、焼きラーメン。
つまりラーメンを焼きそばのように炒めて作るお料理ですね。

このお料理では、もつ鍋のスープだけでなく、具材も一緒にリメイクしてしまいます。

作り方は、ラーメンともつ鍋の残った具材を一緒に炒め、スープを少々加えて炒めることで味付けをしていきます。
調味料の代わりにスープを使用することで、もつ鍋風味のおいしい焼きラーメンに仕上がるのです。

水分が無くなるくらいまでしっかり炒めたら、あとは塩コショウで仕上げれば良いですね。
豚肉などの代わりにもつが入っていて、味付けももつ鍋のスープの風味で、いつもの焼きそばや焼きラーメン、焼うどんとは違った風味のお料理に仕上がります。 麺類と好相性なもつ鍋のスープを最大限に活用してみましょう。

焼きラーメン以外にも、色々な麺を使ってチャレンジしてみると良いですね。
煮込んだうどんやラーメンなら定番のレシピになりますが、煮込まずにあえて、炒めた麺にアレンジするのも1つのポイントです。

もつ鍋のスープ☆リメイクでポトフに!


もつ鍋のスープをリメイクして、よくある家庭料理に変身させることもできます。
例えばポトフ。
ポトフと言えば、野菜を煮込んだ簡単なお料理で、冬には定番メニューとして食卓に出す家庭も多いですね。

そんなポトフが、もつ鍋のスープをリメイクすることで一味違ったこだわりの味に仕上がるのです。

作り方もとっても簡単で、もつ鍋のスープやもつが残っている中に、大きめにごろごろ切った人参、ゴボウ、玉ねぎ、キャベツなどを加えて煮込むだけです。 具材はお好みのものをセレクトしてください。

このポトフを作る際には、もつ鍋のスープは味噌ベースよりも、醤油ベースがおすすめです。
醤油ベースのあっさりもつ鍋で、あっさり和風のポトフに仕上げてみましょう。

ポトフと言えばウインナーやベーコンなどを使用擦る場合が多いですが、これはもつを使用しているところが魅力的なポイントですよね。 他のポトフにはない風味を楽しむことができます。

一緒に煮込む具材にも、じゃがいもなどの定番の具材をあえてやめ、ポトフのイメージがないゴボウや大根などの和風食材を加えてみると素敵です。 冬の食卓がマンネリ化してしまっているという方には特におすすめのレシピですね。

まとめ


もつ鍋のスープはリメイクすると色々な楽しみが広がります。
ただのもつ鍋で終わらせることなく、色々なアレンジレシピにチャレンジしながら、もつ鍋をより満喫していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする