りんごジャムのカロリーは?ダイエットには活かせる?栄養は?

秋になると色々な果物が美味しくなりますよね。
特にりんごは甘みと酸味が絶妙にマッチしていて、風味も格別!というファンも多いでしょう。

そんなりんごをたくさんいただいた際なんかに、保存用に作ったりするのが「りんごジャム」です。
では、そんなりんごジャム、カロリーはどのくらいあるのでしょうか?
ダイエットには活かせるのか、栄養面ではどうなのかなど、気になるポイントを紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

りんごジャムのカロリーは?


ジャムはとってもおいしいものですが、甘く煮詰めてあるため、気になるのがカロリーですよね。
確かに保存食として、砂糖をたっぷり使用したジャムの場合、どうしてもカロリーが高めになってしまいます。

加える砂糖の量など、作り方によってカロリーは多少変わってきますが、一般的なりんごジャムのカロリーとしては、100gで213kcal程度となっています。 大さじ1杯程度なら、約45kcalです。

たった大さじ1杯で45kcalというのは、とても高く感じてしまう方も多いでしょう。
ですが、これは工夫次第で減らすこともできます。

例えば砂糖不使用で、果物が持つ甘味だけを活かして作られたりんごジャムなども販売されています。
これなら安心して食べることができますよね。

また、甘みをしっかり感じられるのにカロリーの低い甘味料なども販売されています。
こういったものを用いて手作りすれば、簡単にカロリーを落とすことができます。

りんごジャムはカロリーだけを見れば、決して低いものではありません。
ですが、りんごジャムだけを大量に食べることって、ありませんよね。
大さじ1杯程度をパンにつけて食べるくらいなら、ダイエット中にも大きな問題にはならないと考えても良いでしょう。

りんごジャムでダイエットは?


カロリーだけを見ると決して低くはないりんごジャム。
では、これはダイエットに活かすことは可能なのでしょうか?

実はりんごジャムをトーストに塗って食べるという方法をチェックしてみると、これはチーズやバターを使ったトーストよりも、カロリーを抑えることができてしまうのです。

りんごジャムのトーストのカロリーは、約219kcal。
これに対して、バタートーストは233kcal。
少しの差ではありますが、ダイエット中には、こういったちょっとした差も大切なポイントになりますよね。

また、りんごという果物はダイエットに向いている栄養が多数含まれることで知られています。
そんなりんごから作られたりんごジャムもダイエット向けの食べ物であると言えます。

りんごジャムの栄養とは!?


では、りんごジャムの栄養はどのようなものなのか、というのも確認しておきたいポイントですね。

りんごジャムには、食物繊維が豊富に含まれています。
ジャムというと、長時間加熱して作られる食品なので、栄養が損なわれている印象があるかもしれません。
確かに、熱に弱いビタミンCやビタミンB群は損なわれてしまいますが、食物繊維などは影響を受けにくく、しっかり残ってくれるのです。

また、りんごジャムにはポリフェノールも多く含まれ、これは身体を活性酸素から守り、若々しく維持するために働きかけてくれます。 中でもジャムという食品は、生の果物にはない「メラノイジン」という強力な抗酸化作用のある物質を含みます。
これがコレステロールの低下、発がん予防、糖尿病予防などにも活躍してくれるので、見逃せないですね。

つまりりんごジャムは栄養も豊富で、キレイに痩せたい、ストレスなくダイエットしたいという女性には見逃せない魅力溢れる食品であると言えるのです。 上手に活用して、甘いりんごジャムを摂りいれながらストレスフリーなダイエットを楽しみましょう。

まとめ


りんごジャムはカロリーは低くありませんが、ダイエットに役立つ栄養も豊富に含まれた、優秀な食品であることが分かりました。
ダイエットしたいけれど甘い物はやめられない、という方はぜひ、そんなりんごジャムを取り入れて、甘くておいしいダイエットを成功させましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする