安納芋のカロリーの違い☆普通のさつまいもとはどんな差がある?

さつまいもと言えば、女性ファンも多い、甘さやホクホクした食感が人気の野菜ですよね。
そんなさつまいもの魅力がさらに進化したものとして、注目を集めているのが安納芋です。

では、安納芋のカロリーは普通のさつまいもと比べてどうなのでしょうか?
また、他にもどんな違いがあるのか、気になるところですね。

そんな安納芋が持つ魅力をチェックしてみましょう!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

安納芋のカロリーとは?


まず、そもそも安納芋がどうして、これほどまでに注目され、人気を集めているのかと言えば、これは普通のさつまいもからは考えられないほどの濃厚な甘味があるというのが第一ですよね。
まるで天然のスイーツのような感覚でいただくことができ、またさつまいものように「水なしでは食べられない!」というものではなく、しっとりとしているのが大きな特徴です。

となると、甘味が強い分カロリーも高いのではないか、という不安が生じてきますね。

まず、一般的なさつまいものカロリーを見てみると、大体150gあたり、約250キロカロリーとなっています。
これは意外と高カロリーですね。

では安納芋は甘味が強い分、さらにカロリーも高いのでしょうか?
実はそんなことは無く、なんと安納芋は150gあたりのカロリーが、約210キロカロリーとなっています。
つまり一般的なさつまいもよりも、カロリーが控え目なのです。

安納芋は甘味が強く、食物繊維もたっぷり含まれているため、食べると少量でも満足感が得られます。
白いご飯を同量食べるよりも満足できるので、ダイエット中には適した食べ物であると言えますね。

安納芋の違い☆見た目は?


普通のさつまいもと安納芋の違いで、大きいのは見た目です。
一般的なさつまいもは、見た目は紫色をしており、中は白っぽい色ですね。

ですが、安納芋は外の皮は白っぽい色をしています。
中身を割れば、加熱前はそれほど色は濃くありませんが、じっくりと中に火を通せば濃いオレンジ色になります。
見た目にも、いかにも「甘そうでおいしそう!」という印象が強いのが安納芋ですね。

さらに安納芋は水分を多く含んでいるため、食感もしっとりしているのが特徴的です。
糖度に関しても、一般的なさつまいもの倍近くあり、甘みが強いことでも知られています。

ただし、さつまいもは長期保存がきく印象がありますが、安納芋は水分が多い分、そうはいきません。
「腐りやすい」というデメリットもありますので、その点には注意が必要です。
美味しくて低カロリーで魅力的ではあるものの、デリケートな面も持ち合わせている安納芋。
収穫後はできるだけ、新鮮なうちに食べてしまいたいですね。

安納芋の違い☆お菓子作りに使う時は?


さつまいもと安納芋の違いでは、もう1つ着目したいポイントがあります。
それは、適したレシピです。

例えばさつまいもの場合には、裏ごしして生クリームや牛乳と混ぜ、適度に粘度を調整すれば様々な形状を作りやすくなります。
そのため、スイートポテトなども気軽に作れますよね。

ですが、安納芋の場合は少し、取扱い方が変わってきます。
こちらは元々水分が多いため、成形するタイプのスイートポテトなどには、やや不向きであると言えます。
もしスイートポテトを作りたいのであれば、絞り出した安納芋のクリームを用いるということになりますね。

基本的に、安納芋はそのままで食べても十分にスイーツの味わいを楽しめる食品です。
お菓子に加工しても美味しいですが、どうせなら、ダイエットのためにも、そのままいただいてしまうのがオススメです。

また、もしお菓子作りに使用する際にも、水分の量とお砂糖の量を調整しながら、普通のさつまいもとは違ったレシピで作っていきましょう。 べちゃべちゃになる、甘すぎるといった失敗を防ぐためには、「安納芋は普通のさつまいもとは別物」という感覚を持ってレシピにチャレンジするのがオススメです。

まとめ


さつまいもと安納芋のカロリーの違いや特徴の違い、適したレシピなどをチェックしてみると、これはさつまいもとは別物として取り扱うべき食材であることが分かってきますね。 色々な特徴を理解して、安納芋ならではの楽しみ方を満喫してみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする