日焼け止めは大事!男性用でおすすめの日焼け止めとは?

   

日焼けと聞くと女性が悩んでいるようなイメージがあると思います。
しかし男性でもやはり悩んでいる人が多いようなのです。

また紫外線が与えるダメージは男女関係なく受けてしまうものなので、男性であっても日焼け対策というのはしっかりとらなくてはなりません。

そこで今回は男性が行う日焼け対策に注目して日焼けについてご紹介していきたいと思います。

今まで日焼け対策をしてこなかったという人のために日焼け止めの基礎知識や、
男性用のおすすめの日焼け止め等をご紹介していきたいと思います。

ぜひこれらを参考にして男性の皆さんもぜひ日焼け対策を行うようにしていってください!

スポンサーリンク


日焼け止めの基礎知識SPFとPAについて


日焼け止めを買おうと思った時に必ず見かけるのはSPFとPAの文字です。
これは簡単に言うと紫外線への防御力を表しているものです。
この数値を軽視していると肌荒れの原因ともなるのでしっかり把握しておきましょう。

まずSPFというのは、UVB(皮膚を赤くさせて火傷のような症状を引き起こす強力な紫外線)を遮断する力の程度を表す数値です。

基本的にSPFは一桁〜50+まで表記されています。

SPFの後ろに記載されている数値が表しているのは、紫外線を浴びて赤い斑点が出てくるまでの時間を何倍にまで延ばせるかというものを表しています。

紫外線を浴びて5分後に赤い斑点が現れる人がSPF30のものを使用すると、150分の間、日焼け止めの効果が出ているというふうに見ていきます。

またPAというのは、UVA(浴びた後に皮膚を浅黒くしていく紫外線)を防止する力の程度を表すものとなっています。

PAの後ろは数値ではなく「+」の数で効果の程度を表しています。

+の数は1個〜4個まであり、多くなればなるほど効果が高いものだと言われています。

この二つの表記の意味を知った上で日焼け止めを選ぶようにしましょう。
また用途に合わせた選び方をすることで肌に負担をかけないようにすることが大事です。

ちょっとした買い物などで使うならSPF10〜20のPA+程度で十分ですし、海水浴や屋外での部活などの場合はSPF40〜50のPA+++のものを使うなどするようにしましょう!

日焼け止めの正しい使用方法とは?


自分に適した日焼け止めを見つけても正しい使用方法で使わないと効果が出てきません。
そこで次は日焼け止めの正しい使用方法についてご紹介いたします。

まずは正しい量を使うということです。

日焼け止めを間違って使用してしまうものの中には塗る量が少ないというものがあります。
先程ご紹介したSPFやPAの指数に関しては1平方センチメートルの皮膚に2mgと設定しているのです。

これらのことを踏まえて大体の目安としては、顔全体に塗る場合は500円玉サイズの量が適量だと言われています。

日焼け止めをたくさん使うのはもったいないという気持ちもわかりますが、適した量を使わないと効果が出ないので量はしっかりと適量を使用していきましょう。

また、1日に塗る回数にも注意しましょう。

勘違いされやすいのは1日に1回塗れば効果は続いていると思っていることです。
実際の所日焼け止めというのは汗をかいたり水に濡れたりすると落ちていってしまうのです。

なので1日に1回で済ませてしまうと、結局日焼けをしてしまうということになってしまうのです。

理想とすれば2〜3時間置きに日焼け止めを塗りなおすのが理想だとされています。

なので家で塗ったからと言って安心せずに、その日焼け止めを持参して外出するようにしていきましょう!

男性用のおすすめの日焼け止めをご紹介!


では最後に男性用のおすすめの日焼け止めをご紹介します!

まず「ウェアルーUV」という日焼け止めです。SPF25でPA++の効果があります。
これは天然成分100%でできているので肌にとても優しいとされています。

もちろん女性も使用することができており、自然体な仕上がりとなっているのも人気のポイントとなっているようです。

また石鹸で綺麗に洗い落せるので、とてもお手軽に使うことができます。

また「24hメンズUVベースローション」もおススメです。
SPF15でPA++の効果があります。

これも100%の天然素材でできているので肌にも優しいです。
男性にとっては欠かせない髭剃りの後でも使用することができます。

ただしウェアルーUVと比べるとやや効果が低いので定期的に塗りなおすようにしていく必要があります。

他にも強い成分で「サンプロテクトミルク」があります。
これはSPF50+でPA++++の効果があるので強力な日焼け止めです。

ただしこれはナノ化原料が含まれており、100%天然素材でできているものではありません。
日中ずっと外にいるような場合はこちらを使用するのがおすすめです。

注意してほしいこととしては、屋内で過ごす場合はこれを使わないようにしましょう。肌荒れの原因にもなってしまいます。

このように男性へのおすすめの日焼け止めもたくさん出ています。
ぜひ自分に見合った日焼け止めを見つけて上手に使っていきましょう!

まとめ


このように日焼け止めは女性だけではなく男性も必要なものとなっています。

紫外線を浴び続けると日焼けだけではなく、皮膚がんなどの大きな病気にもなる恐れがあります。

男女共に日焼け対策は万全にとっておくようにしましょう!

 -未分類

スポンサーリンク

  関連記事

no image

七五三の家族写真☆服装はそれぞれどんなものを着れば良い!?

七五三と言えば、子どもの門出の1つ。 せっかくなので、家族写真を撮影して思い出に残しておきたいもので

no image

切り餅で大福☆レンジで作る簡単で便利な方法とは?どんなレシピ?

お正月シーズンになると、無性に食べたくなる物の1つが、お餅ですよね。切り餅を買い込んでしまうという方

no image

日傘☆晴雨兼用の効果はどの程度あるの?持続させるお手入れ法は?

春夏になると紫外線が強くなりますので、徹底したケアをしておく必要がありますね。 そんな紫外線の対策に

no image

アロマキャンドルの効果とは?より有効な使い方のコツは!?

ストレスが溜まってしょうがないという時に、癒しを与えてくれる嬉しいアイテムと言えばアロマキャンドルで

no image

東京のお土産で日持ちするものは?ぜひおススメしたい商品をご紹介!

少し前まで、東京のお土産といえば?と聞かれたら「東京ばな奈」という人が多かったと思います。 しかし最

no image
節分のいわし☆地域による風習の違いは?由来や意味とは!?

冬の行事の中には、節分というものがありますよね。 クリスマスや年末年始に比べると小さな行事かもしれま

no image
新婚旅行の意味は?行きたくない場合は行かなくても良い!?

結婚すれば、次に行うことと言えば「新婚旅行!」という方が多いですね。 だけど、そもそも新婚旅行はどん

no image
結婚式の費用を抑える方法は?夫婦で分担するならどんな割合?

カップルがゴールインし、夫婦として新たなスタートを切る結婚式。 一生の思い出として、大切にしたいです

no image
風邪の食事☆アイスを食べると良いって本当?どんなメリットが?

風邪をひいてしまった時には、できるだけ薬に頼らず、食事の改善などで早く治していきたいと考える方も多い

no image
卒業旅行☆アジアでおすすめの場所と言えば?学生に人気なのは?

高校や大学で、青春時代を共に過ごした大切な仲間・・・ そんな仲間と、学生最後の思い出作りのために卒業