七五三の母の服装☆妊婦の場合はどんな服を着ていけばOK!?

七五三には、子供に着物やフォーマルな衣装を着せて楽しむのが一般的ですよね。
子供の当日のファッション選びに悩む親御さんは少なくないでしょう。

ですが、もう1つ忘れてはならないものがあります。
それは、親がする服装です。

例えば七五三の母の服装、妊婦の場合にはどうでしょうか?
どんな服装であれば、身体に負担をかけずに、このような大切な場でも恥ずかしくない服装に仕上がるのか紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

七五三の母の服装☆妊婦は洋装で!


七五三の母の服装は妊婦の場合、オススメなのが洋装です。
中には子供の服装に合わせて和装で・・・と考える方も多いでしょう。
もちろん、昔の日本では妊婦さんでも和装を着ていらっしゃる方は大勢いたわけですから、必ずしも洋装でなければならないということはありません。

ですが、最近では和装を着慣れた人というのは少なく、どうしてもその日限りの不慣れな和装になってしまいます。
そのため、例えば草履や着物を着たままで歩くしぐさが慣れておらず、転んでしまうという可能性もありますね。
これは妊婦さんには危険です。

それから、着物を着る際には着付けの時間も必要ですし、どうしても帯である程度締めてしまいます。
これがお腹に負担をかけてしまう恐れもあります。

これらの点を考慮した際に、やはり妊婦さんが楽に、そして安全に着ることができるのは洋装であると言えるでしょう。

七五三の母の服装☆妊婦はワンピがオススメ


七五三の母の服装で妊婦さんに最もオススメなのは、お腹に負担がかかりにくく、尚且つ「きちんと感」も実感できるワンピです。
ワンピもデザインやカラーなどをきちんと選べば、フォーマルに活用できるアイテムは多数ありますね。
そんなワンピを用いて、七五三の場に相応しい服装に仕上げてみましょう。

上品なデザインのワンピを選び、この七五三での使用だけではなく、様々な場面で活用してみましょう。
例えばAラインワンピースはお腹が目立ちんくいうえにきちんと感もあり、上品に着こなせます。

色はシックな黒やグレー、ネイビーといったものがおすすめです。
こういったものを選んでおけば、子供の卒園式、入学式などでも活用できますね。

七五三だけではなく、このように色々な場面で使えるようなワンピを選んでおくことも1つのポイントです。

ワンピは長袖1枚で着ても良いのですが、ノースリーブのものにカーディガンやジャケットを合わせても上品で素敵ですね。

七五三の母の服装☆妊婦は足元も気を付けて!


七五三の母の服装、妊婦の場合は足元も気になるところですね。
一般的に、洋装でフォーマルに合わせる靴と言えばパンプスになります。
ですがヒールが高いものだと、やはり妊娠中の不安定な身体を支えるのには不向きであると言えるでしょう。

そこで、パンプスはできるだけペタンコでヒールのない上品なものを選びましょう。
例えばバレエシューズと言われる形状のペタンコシューズなら、フォーマルでも活用できるような上品で可愛らしいデザインが豊富にありますね。

妊婦さんだからと言って、足元はスニーカーでも良い、というわけにはいきません。
できるだけ上品で、フォーマルな服装に合う靴を選んでください。

足元は特に大切なポイントになります。
意外と人からもよく見られる部分なので、靴には気を遣うことが大切ですね。
また、パンストなどをしっかり履いて、足元の冷え対策も万全にしておきましょう。
七五三の時期はけっこう冷えますので、妊婦さんは特に、冷えない工夫のある服装をすることも大切なポイントの1つですね。

まとめ


七五三の母の服装、妊婦さんの場合には、特に悩みも増えてしまいますね。
ですが基本的には、妊娠中は身体に負担をかけない範囲で、お上品なデザインの洋服を選んでおけば大丈夫!
体に負担がかからないことを第一に考えて、素敵なフォーマルファッションを楽しみましょう。

妊婦さんでも、TPOに応じたファッションをすることは大切です。
カジュアルになり過ぎないように気を付けながら素敵なファッションを心がけてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする