アロマのキャンドルの効果とは?正しい使い方はどうすれば良い?

中には医療の分野にも活用している国もあるとうほど、神秘の力を秘めたアロマ。
これを気軽に楽しめるグッズの1つが、アロマのキャンドルです

では、そんなアロマのキャンドルには、一体どのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?
意外と知られていないアロマキャンドルの効果について紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

アロマキャンドルの効果☆癒やし


アロマキャンドルの効果として、特に大きいのは癒しというポイントですね。
アロマキャンドルには、非常に高い癒し効果が期待できるのです。

例えば優しくゆらめく炎。
これを見ているだけで、なんとなく癒されたりしますよね。
電気の光などとはまた違った、優しい自然の光が楽しめます。
暗闇で、その炎が放つ光をじっと見ているだけでも、心が洗われる感じを楽しむことができます。

漂う香りもリラックスなどに嬉しい効果を発揮します。
香りの種類により、得られる効果は違ってきますが、キャンドルもまたアロマテラピーの1種であり、ディフューザーと同じように、素敵な香りを届けてくれるものなのです。

アロマキャンドルの効果☆香りごとの違い


アロマキャンドルの効果は、他のアロマテラピーと同様、どの香りを選ぶのかによっても変わってきます。
高いリラックス効果を得られるものから、身体のデトックスに役立つものまで、その効果は様々です。

例えば人気のジャスミンは、疲労回復や痛みの軽減といった効果が痛いできます。
それからハニーサックスはデトックス効果があると言われており、発汗作用をもたらします。

さらに意外なことに、バニラの香りはダイエットにも効果を発揮します。
これはバニラビーンズの中のバニリンという成分に、食欲を抑制する効果があるためです。

また、中にはリラックス以外の効果を発揮してくれる香りもあります。
例えばレモングラスは、リフレッシュ効果があります。
これからシャキッとして頑張りたいという時には、レモングラスを利用してみると良いでしすね。
虫除け効果もありますので、虫が多い時期にお部屋でキャンドルを焚くのもオススメです。

ローズマリーというアロマも、集中力を高めることで知られています。
これも仕事をする際などに、ぜひ用いたい香りですね。

他には、女性から人気の高いアロマとして挙げられるのがローズです。
ローズと言えばアンチエイジングや女子力アップなどに効果的なことで知られていますよね。
アロマキャンドルとして使用した場合にも、これらのローズが持つ嬉しい効果を実感することができます。

このように、実は香りは、身体や心に意外と大きな効果をもたらしていることが分かっています。
ご自身の求める効果や、「今心地よく感じる香り」を見つけ出し、活用してみましょう。

アロマキャンドルの効果的な使い方


アロマキャンドルは効果をしっかり実感するためにも、効果的な使い方を実践していく必要があります。
火をつける際には、表面全体のロウが溶けるように火をつけます。
こうして全体のロウを溶かしていかないと、最終的に溶け残りが生じることになるのです。

それからキャンドルの芯の長さは、5mm程度にしておきましょう。
長くなってきた時にはハサミで切って調整します。
芯の長さにより炎が調整されますので、安定的に美しい炎を楽しむためにも、この長さにはこだわってみてください。

芯はとても重要な部分です。
購入時にも、芯がまっすぐに立っているものを選んでおくと、より快適に使用しやすいでしょう。

それから、火を消す際には息をふきかけるのではなく、ピンセットなどでつまんで決しておきます。
消えたらロウを少し芯に付けてまっすぐに立てておきます。
こうすれば、次に使用する時に、スムーズに火をつけることができるのです。

まとめ


アロマキャンドルの効果は、実は奥が深いものであることが分かります。
ただ灯りをともすだけではなく、香りで心や身体にも嬉しい効果をもたらしてくれるアロマキャンドル。
自分の心と体が求める香りを選び、正しい方法で活用しながら、アロマの時間を楽しんでみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする