赤ちゃんに日焼け止めはいつからOK?おススメの日焼け止めとは?

日焼けというのは私たちに大人にとっても天敵ですよね!
なので日々の日焼け対策は欠かせないのではないでしょうか?

しかし日焼けに影響を受けるのは何も私たち大人だけではありません。

最近では産まれたばかりの赤ちゃんにまで様々な影響を与えることが明らかとなってきたのです。

では赤ちゃんを日焼けから守るためにはどうすれば良いのでしょうか?

今回は赤ちゃんの日焼けについて色々とご紹介します。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

紫外線が赤ちゃんに与える影響とは?


もともと日焼けというのは子供にとって健康の証拠だと言われてきました。

なので外でたくさん遊んだあとの日焼けに関しても特に気にする人は少なかったのです。

しかし最近になって紫外線が与える肌の影響について問題視されるようになりました。

そこから子供の時からの紫外線対策についても注目されてき始めているのです。

さらに最近になって変わったことといえば、母子手帳です。
実は母子手帳には昔は乳児を日光浴させることを推奨していました。

しかし最近の紫外線の強さからそれが良くないのではないかということになり、今では「日光浴」ではなく「外気浴」と書き換えられました。

それだけ紫外線に対する注意が重要視されてきているのです。

紫外線は浴びるたびに肌に蓄積されていき、大人になる頃にはシミやシワなどの肌トラブルへ繋がっていってしまいます。

そして最近では赤ちゃんの紫外線対策というのも注目されてきました。

実は赤ちゃんの頃の肌は大人と比べると薄くできています。
なので紫外線から肌を守るバリア機能というのは不十分なのです。

つまり私たち大人よりも紫外線対策はしっかりとしていかなくてはならないのです。

実際に赤ちゃんや子供の頃に紫外線対策をしたのとしていないとでは将来に大きな差が出ます。

紫外線をたくさん浴びて生活していると成人した後に皮膚がんであったり、白内障の発症リスクが高くなっていることが明らかとなったのです。

つまり赤ちゃんの頃から紫外線対策をしっかりすることが大切となってくるのです。

なので日焼けの正しい対策方法を知って赤ちゃんを紫外線から守ってあげましょう!

いつから赤ちゃんに日焼け止めを使っても大丈夫?


しかし対策をしようと言っても赤ちゃんに日焼け止めを使っても大丈夫なのかという不安が出てきますよね?

もちろん日焼け止めを使う時期というのも赤ちゃんの肌を守るには大切なものなのです。

しかし実際の所いつから日焼け止めを使用して良いのかというのは医師によってそれぞれ異なっているのです。

ですが一番有力だと言われているのは6ヶ月を過ぎたら使っても良いという意見です。

理由としては肌のアレルギーを起こす可能性があるのが6ヶ月未満だとされているからです。

なので赤ちゃんに対して日焼け止めを使うとなった場合は6ヶ月以降にした方が良いでしょう。

ちなみに赤ちゃんに日焼け止めは本当に必要なのかと疑問に思う人もいるのではないでしょうか?

実際親からの意見としてはなるべく日焼け止めを使わないようにしたいというのが本音のようです。

なので日差しが強い時間帯のお散歩を避けて、衣類や日傘等で日を避けるようにしている人も多いようです。

日焼け止めを使うと肌荒れをしてしまう赤ちゃんも多いようなので、こういった対策も日焼け対策としては効果的のようです。

赤ちゃんにおススメの日焼け止めとは?


しかし最近になって赤ちゃんに対しても使えるような日焼け止めも販売されるようになってきました。

そこで次は赤ちゃんにおススメの日焼け止めをご紹介いたします。

まずは和光堂の日焼け止めです。
和光堂は赤ちゃん用品の老舗となっているので信頼できるものです。

特にサンカットベビーというのがおススメです。
一番弱いタイプのものではSPF17でPA++のものです。

他にもピジョンの日焼け止めもおススメです。

この会社から出ている日焼け止めも様々な種類のものがあります。
ウォーターミルクタイプのものだったら一番弱いものでSPF15PA++です。

またピジョンには日焼け止めを落とすためのクレンジングシートも併せて販売されているので、こちらも一緒に購入するのをおススメします。

他にもユースキンの日焼け止めがあります。

これは肌に極力優しい成分を使ったことをウリにしている商品です。
なのでアトピーのある赤ちゃんでも使えるのが特徴です。

一番弱いものはSPF25PA++です。
低刺激なものとなっているので肌が弱い大人でも使いやすいものです。

ただ他の商品と比べるとややべたつきやすいのでその点は注意してください。

またアトピタの日焼け止めもおススメされています。
保湿UVクリームとしても使えるのが特徴です。

ただしこれは一番弱くてSPF29PA++で他の商品と比べるとやや刺激が強いものとなっています。

また容量が少ないのであっという間に使い切ってしまいます。

このように様々な日焼け止めの種類が出ていますが、一番大事なのは赤ちゃんの肌が荒れてしまわないようにすることです。

なので日焼け止めを使用する前に必ずパッチテストをしてあげてください。

パッチテストの方法は10円玉くらいの量の日焼け止めを二の腕の内側につけて、30分後の2日後にその場所をチェックしてください。

そこに赤いブツブツができていなければ使用しても大丈夫ですが、赤みが出ていたりした場合は使用を控えるようにしましょう。

紫外線からも肌を守るのは大事ですが日焼け止めからも肌を守るようにぜひ意識してください。

まとめ


このように日焼けというのは今では赤ちゃんにまで注目されてきています。
そして赤ちゃんのための日焼け止めまで販売されるようになりました。

それはやはり紫外線がどんどん強くなってきているという背景があるからなのです。

なので紫外線から極力守ってあげて、健康的な肌を維持できるように注意してあげましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする