ドライアイの原因はストレス!?ドライアイのことについて知ろう!

皆さんはドライアイに悩みを抱えていませんか?
実は最近、このドライアイに悩まされている人が増加傾向にあるのです。

そこで今回はドライアイというのはどのような症状なのか?
そしてその原因というのはどういう所にあるのか?
対策方法はあるのかなどをご紹介していきたいと思います。

もしドライアイに悩まされているという方がいましたら、ぜひ参考にしてみてください!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそもドライアイというのはどのような症状?


ではまずはドライアイの症状についてご紹介いたします。

そもそもドライアイというのは涙の量が足りなくなってしまったり、涙の質のバランスが崩れてしまうことで涙が均等に渡らなくなってしまい目の表面が傷ついてしまう状態のことを言います。

そもそも涙というのは目の表面を守ってくれる機能を果たしています。
私たちが無意識にしているまばたきも、涙の分泌を促しており、目の表面を守るためにするものなのです。

そしてその涙はそれ以外にも乾燥を防いだり、殺菌や洗浄をしてくれる効果もあるので、涙の質のバランスが崩れてしまうと目が傷ついてしまうのです。 なのでドライアイというのは目が傷ついてしまいやすいものなのです。

ドライアイになっていることで感じる症状としては、まず目の乾燥です。

パソコンやテレビの画面を見ていることでまばたきの回数が多くなっていき、涙の量も普段より減少していることがあります。

そうなると目が乾燥してくるようになり、目を守るバリアの機能が働かない状態となっています。

また他にも物が霞んで見えるという症状もあります。
視力が良くてもドライアイだと物が霞んで見えてしまうということも多く、中には結構深刻な悩みになっている人もいるのです。

さらに目がごろごろするというケースもあります。
ドライアイによって角膜や結膜に傷がついてしまい、ごろごろ感や異物感を感じることもあるようです。

そのまま放っておくと結膜炎や角膜炎の原因にもなってしまうので注意が必要です。

このようにドライアイというのは目の乾燥以外にも様々な症状をもたらします。
なのでしんどいなと思ったらすぐに眼科へ行くようにしましょう!

ドライアイとストレスは紙一重?意外と知らないドライアイの原因


ではそのドライアイというのはどのようなことが原因となるのでしょうか?

まず考えられるのはコンタクトレンズを使っているというものです。
実はコンタクトレンズをしている人は目が乾燥しやすいものなのです。
なので目がごろごろしたり充血したりした場合はドライアイの可能性があります。

また他にもパソコンを長時間使うというのもあります。
先程もあったように画面を見ることで涙の質のバランスが狂ってしまうのです。
なので目が乾燥しやすくなってしまうのです。

さらに精神を集中させることで画面を凝視してしまうとやはりドライアイになりやすいです。

また精神を集中させることでドライアイになるケースとしては車の運転もあります。
集中しているとまばたきのペースが狂っていき、ドライアイになりやすくなります。

また他にもエアコンを長時間使うのも原因となります。
空調の風が顔にあたっていると目が乾きやすいとされています。

なので空調完備がされている屋内で仕事をしている人はドライアイになりやすいのです。

このように日常生活を送る上でドライアイというのは身近に感じられますよね?
しかしもっと身近な原因としてストレスが関係していることも明らかになってきました。

ストレスが溜まっていくことによって、自律神経の乱れが生じてきます。
そしてその自律神経は目を涙で潤す時にも重要なものなのです。

なので自立神経が乱れることによってまばたきの回数が減って、結果ドライアイになってしまうのです。

こう考えるとドライアイというのは本当に私たちにとって身近なものなのですね!
ではこれらの対策をしたい時はどうすれば良いのでしょうか?

ドライアイの対策方法とは?


ドライアイの対策方法というのは実は色々なものがあるのです。

まずは仕事等でパソコンによく向き合っているという場合です。
目を大きく見開かないようにすることが大事です。

なのでパソコンの画面を目より下に置くと効果的なのです。
そうすることで目を見開かずに画面を見ることが可能なのです。

そしてパソコンで仕事をする時でも長時間画面を見るようにするのは控えましょう。
こまめに休憩をとって、まばたきも意識してするようにしましょう。

また空調完備の屋内にいる時も色々と対策ができます。
大事なのは顔に風が当たって乾燥しないようにすることなのです。

なので風が顔に当たらないようにまずは意識しておきましょう。

そして同時に加湿器などを使って部屋の湿気を保つようにもしておくとより良いです。

また常にコンタクトレンズを使用しているという人は、まずは使い方を確認しましょう。

今の使い方は本当に正しい使い方なのかを一度チェックしておくことが大事です。

先程にも言ったようにコンタクトレンズを使っている人は目が乾燥しやすい状況となっています。

なので目薬を定期的に使用したり、加湿器などを使って常に潤いがあるような状況を作るようにしておきましょう。

このように身近なところにドライアイの原因はありますが、その分身近なところから対策をとることもできるのです。

なのでドライアイに悩んでいる人はこれらを試してみてくださいね!

まとめ


今回ご紹介したドライアイの対策は軽度だった場合です。
これでも治らなかったりした時は必ず眼科へ行くようにしましょう。

ドライアイは身近なものなので皆なっているから大丈夫だろうとは思わないようにすることも大事です。

いつまでも健康な目でいられるように意識していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする