老眼の眼鏡で老眼が進む!?意外と知らない老眼の豆知識をご紹介!

年齢を重ねていく度に悩みの一つなってくるのが老眼ではないでしょうか?
近くのものが見えなくなって老眼鏡を買ったという人も多いと思います。

しかしそんな中「老眼用の眼鏡をかけると老眼が進む」という話を聞いたことがありませんか?

今回はこういった老眼のことについてと、こういった老眼についての豆知識等をご紹介していきたいと思います。

老眼について知っておくことで老眼を防止することもできるのです。
ぜひ参考にしてみてください!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

老眼の症状が出てくるのは何歳くらいから?


老眼の症状は目のピント合わせの機能がある水晶体の弾力性が衰えてきてしまうことで、ピントが合わなくなってしまい、近くのものが見えにくくなってしまう症状のことです。

では実際に老眼の症状が出てくるのは何歳くらいからなのでしょうか?
実は明確に何歳から出るというのはハッキリされていません。

早い人は30代から老眼の症状が出てくる人もいますし、50歳過ぎてから症状が出てきたという人もいます。

このように老眼というのは年齢も一つの要因かもしれませんが、それぞれ個人差もあるのです。
中には90歳を過ぎても老眼にならずに生活できている人もいるのです。

前から言われているのは、老眼は遺伝的要素が大きいということです。

確かに遺伝的な要因も含まれていますが、実は若いうちにどのように目を使っていったのか、どんな食べ物を食べてきたのかによっても影響されていることが明らかになってきました。

ではこの老眼というのは予防することができるのでしょうか?
また対策できることがあるのでしょうか?

実は科学的な証明はまだされていませんが、いくつかその方法があるようです。
次はそのことについてご紹介していきたいと思います。

老眼予防と対策について何かあるのか?


最近では老化を予防するために様々な老眼予防対策トレーニングが紹介されています。

老眼が進行しないためには、毛様体の筋肉の動きを衰えさせないことが大事なのです。

老眼の初期段階の時に毛様体筋トレーニングというのは効果的なものなのです。
では毛様体の筋肉の鍛え方とはどのような方法があるのでしょうか?

まず知っていただきたいのは、毛様体は自分の意思で動かすことができないということです。

そのトレーニング方法というのは、できる限り遠くを見て、その後に近くのものを見たりというのを繰り返していきます。

これだけで毛様体は鍛えられていきますし、パソコン作業など目をたくさん使ったなという時はぜひ取り入れてみてください。

回数を増やせば増やすほど効果が出てくるはずです。

このトレーニングが効果的だとされている理由としては、やはり目の筋肉を鍛えるという点にあります。

人間の筋肉は鍛えないとどんどん衰えていきます。
それは目の筋肉にも同じようなことが言えるのです。

老眼対策にも効果がありますし、疲れた目にも効果的なので、ぜひ思いついたらこのトレーニングを取り入れてみてください。

また老眼を予防するために食べた方が良い食べ物というものもあります。

栄養が足りないと目が見えにくいということもあるので、ぜひバランスの良い食事を意識していきましょう。

また目に優しい食べ物として有名なのがブルーベリーですね!

もちろんブルーベリーも目に効果的ですが、他にもナスにも効果があるとされています。
ぜひ健康な目にするためにこれらを意識して取り入れてみてください!

老眼用の眼鏡をかけると老眼が進むというのは本当?


最初の方にも書きましたが、皆さんは「老眼用の眼鏡を使うと老眼が進む」という話を聞いたことがありますか?

確かに一時期ではこういう話をよく耳にしたかもしれません。

今でも視力が落ちたなと思って眼科へ行った所、「老眼なので眼鏡をかけると良く見えますよ」と医者が伝えても「老眼用の眼鏡をかけるとますます老眼が進むから絶対に嫌です」と言う人がいるくらいなのです。

先程にもあったように老眼というのは30代になって症状が出たという人もいれば、50歳過ぎて症状が出てきたという人もいます。

ふと手元から30cmほどのものを見るときにぼやけて見えてくると老眼の可能性があります。

本来これは筋肉の弾力性が影響しているものですが、眼鏡をかけないで過ごしていると、ずっと見えにくい状態が続くことになってしまいます。

そうなるとどんどんと老眼が進んでしまう可能性が高くなってきてしまうのです。
なので実は老眼用の眼鏡をしないと老眼は悪化してしまうということなのです。

では何故こういう逆の情報が出回ってしまったのでしょうか?

老眼が進むのは年齢が主な原因となっているので実は老眼用の眼鏡はあまり関係がないのです。

なので視力に少しでも違和感を感じたという場合には、なるべく早い段階で老眼用の眼鏡を着用して、目を疲れさせないようにさせて、老眼が進むのを少しでも遅くさせていきましょう。

まとめ


老眼というのは突然やってくるものだとされています。
何だか見にくくなったなと思ったら老眼の可能性が高いです。

ぜひ自分に見合った眼鏡を見つけてしっかりと対策をするようにしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする