コーヒーで胃が痛い時の対処法とは?おいしくコーヒーを飲もう!

コーヒーが好きな人は1日に10杯以上飲む人もいるようです。

しかし中にはコーヒーを飲むと胃が痛くなるという人もいます。
コーヒーは好きだけれども胃が痛くなるのは嫌だなと思って、好きなコーヒーを諦めている人も多いのではないでしょうか?

そもそも何故コーヒーを飲むと胃が痛くなってしまうのでしょうか?

今回はその理由とその対処方法についてご紹介していきたいと思います!
自分なりにしっかりと対策をして、好きなコーヒーが飲めるようにしていきましょう!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

何故コーヒーを飲むと胃が痛くなるの?


そもそも何故コーヒーを飲むと胃が痛くなってしまうのでしょうか?
その原因は実は様々なものが考えられるのです。

まずはカフェインが原因だというものです。

カフェインは思考をクリアにしてくれたりと脳にとっては良い作用もたくさんあるのですが、内臓にとっては刺激物となってしまうのです。

そのため空腹時にカフェインが入ってきてしまうと、胃酸がいつもより多く分泌されてしまいます。

なので胃がもたれてしまったり、痛くなってしまったりしてしまうのです。

また他にも過敏性腸炎の可能性もあります。

本来カフェインは普通はそれほど大きな害はないものです。
しかし過敏性腸炎の人がカフェインを摂取してしまうと、刺激物として認識されてしまい、腹痛や下痢の原因になってしまうのです。

過敏性腸炎の場合だとカフェインだけではなくストレスでも症状が悪くなってきてしまうので、注意しておきましょう。

また他にもコーヒーが酸化してしまっているという原因もあります。

コーヒー豆から出てくる油がとても酸化しやすいもので、時間が経ってしまった豆を使用してしまうと胃の痛みに繋がってきてしまいます。

酸化したコーヒーを飲むとやや酸っぱい味がするので、比較的わかりやすいかもしれません。

なのでこういったコーヒー豆は使用しないようにしておくと良いでしょう。

このようにコーヒーで胃が痛くなる原因というのは様々なものが挙げられています。
もし当てはまっている部分があるなら、しっかりと対策をしていくようにしていきましょう!

コーヒーを飲む時の対処法とは?


コーヒーは好きなのに我慢しなくてはならないと諦めていた人も多いと思います。
しかししっかりとした対策をしてコーヒーを飲めば、おいしくコーヒーを飲むこともできるのです。

その対処法についてご紹介していきたいと思います。

まずはカフェインレスのコーヒーを飲むようにしましょう。
妊娠中でも安心して飲めるというカフェインレスコーヒーですが、カフェインによって胃を痛めているのであればこのコーヒーは効果的です。

今ではスターバックスでも「デカフェで」と注文すれば承ってくれるので、安心して飲むことができるのです。

風味はやや劣るかもしれませんが、そんなに気になる程度でもないので、もしカフェインが原因であればぜひ試してみてはいかがでしょうか?

また先程もあったように胃が空っぽの状態だと胃酸過多の原因にもなってしまうので、コーヒーを飲む前に食事をしておくと良いでしょう。

胃に物があれば胃もたれを防ぐことができるので安心です。

またブラックで飲むのではなく、ミルクを入れるともっと症状が軽減されます。

そして酸化をしていないコーヒー豆で飲むようにします。
一番良いのは自分で豆を挽いて飲むようにした方が新鮮なコーヒーを飲むことができます。

自分で挽いた豆で飲むコーヒーも格別においしいです!
もし定期的に飲むのであればコーヒーミルも検討すると良いでしょう。

このようにコーヒーを飲む時にしっかりと対策をすれば胃に負担をかける恐れもありません。

ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

コーヒーの飲み過ぎも危険!程々が一番大事!


コーヒーを飲んでもあまり悪い症状が出ないから何杯でも飲んでいるという人も多いと思います。

仕事している時などでも気軽に飲めてしまうので、そういった傾向になってしまっているのだと思います。

しかし、コーヒーも飲みすぎると病気の誘発や女性の悩みへと繋がってしまうのです。

まずカフェインを過剰に摂取していってしまうと、胃を荒らしてしまって、知らないうちに胃炎などの病気にかかってしまうこともあります。

またカフェインによって鉄分や亜鉛などのミネラル分の吸収を妨害されてしまい、貧血になりがちになってしまいます。

また興奮剤とされているカフェインなので質の良い睡眠がとれなくなってしまったり、自律神経が乱れてしまってだるい気分になってしまうこともあります。

また女性特有の悩みにもつながってしまう原因にもなってしまいます。

カフェインはメラニンを拡散させてしまう作用があり、シミになってしまうなど肌トラブルを引き起こしてしまいます。

また、体を冷やしてしまう作用もあるので、生理中に飲みすぎたりすると冷え性になったり生理痛の悪化に繋がったりしてしまいます。

また流産の危険性もあるので、妊娠中のカフェインは控えるようにしましょう。

こう見てみるとコーヒーの飲み過ぎというよりもカフェインの過剰摂取から上記のような症状が表れてきてしまいます。

なのでコーヒーの飲み過ぎも体に良くないことがわかります。
どうしてもたくさん飲みたいと思うならデカフェのコーヒーを飲むようにしたりしましょう。

まとめ


コーヒーはとてもおいしくて、ついついたくさん飲んでしまいがちですが、飲みすぎると様々な症状を引き起こしてしまいます。

楽しくおいしく飲むためにもしっかりとした対策をしてから飲むようにしていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする