白鳥おどりの日程はいつ?ぜひ見に行ってほしい白鳥おどりとは?

白鳥おどりは岐阜県郡上市の白鳥町を中心に踊られているものです。

これは郡上おどりと一緒に踊られることが多く、たくさんの人が楽しく踊っています。

毎年この踊りに参加しているという人もいるくらい人気の踊りです。

では、この白鳥おどりとはどのような踊りなのか?
そして今年の日程はいつなのかなどをご紹介していきたいと思います。

ぜひ一度この踊りを見に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?



スポンサーリンク
スポンサーリンク

白鳥おどりの歴史とは?


ではずっと前から踊られている白鳥おどりの歴史とはどのようなものなのでしょうか?

この踊りの始まりは実は定かではありません。

ただ1723年の「経聞坊留記の中にこの踊りのことについて記載されています。
なので少なくてもその頃からは盛んに踊られていることが明らかになっています。

その時に踊られていた白鳥おどりの特徴としては、まず痛快なテンポであるということです。

このテンポは若者から大変な人気を集めていました。

また若い人に人気になった理由としては昔から若い男女が踊りを通して心を触れ合わせていくためのきっかけとして踊られていたというのもあります。

想いを込めて踊ってきたものでもあり、そこから多くの人達に親しまれてくるようになったのです。

そしてもう一つの特徴としては、キリコ燈籠というものを吊るした下で踊るという特徴があります。

この燈籠はお盆の時期に吊るしておくものです。
また仏教にも深いつながりがあり、神仏習合の時代では長滝白山神社に吊るされていました。

そこから各地の神社でもこのキリコ燈籠を吊るすようになってきたのです。
そう考えると白山信仰がとても深いものだったというのもわかりますね!

この踊りは毎年7月下旬〜8月下旬にかけて約1ヶ月の間踊られています。

その中でも注目していただきたいのが、8月13日〜15日のお盆の時期に、キリコ燈籠を灯し、そこを屋台で囲んで夜明けまで白鳥おどりをするというものです。

この踊りは全国からも注目されているもので、たくさんの人々が夜明けまで楽しく踊っているので、機会がありましたらこの光景もぜひ一度見てみてください!

白鳥おどりの具体的な日程について


さて長期間の間踊られている白鳥おどりですが、2015年も踊ることが明らかとなりました。
そして詳しい日程も決まってきているので、主なイベントについてご紹介いたします。

2015年では7月9日〜8月22日の間の22夜に開催することが決まっています。

●7月9日→長滝白山神社にて白鳥の拝殿踊りの発祥祭
●7月18日→上本町で発祥祭と郡上宝暦義民太鼓上演
●7月25日→栄町でちびっこ踊り講習会


●8月1日→橋本町でおどり名人コンクール
●8月12日→新栄町で徹夜おどり前夜祭(郡上宝暦義民太鼓上演)が深夜の1時まで
●8月13日→上本町で徹夜踊り
●8月14日→駅前通りで徹夜踊り(郡上宝暦義民太鼓上演)
●8月15日→橋本町で徹夜踊り(郡上宝暦義民太鼓上演)と宝暦義民の日
●8月16日→前谷白山神社で拝殿踊り
●8月17日→白鳥神社で拝殿踊り
●8月20日→野添貴船神社で拝殿踊り
●8月22日→新栄町でおどり納め


●9月26日→変装踊りコンクール
●9月27日→拝殿踊り


を開催する予定となっています。

こう見てみると各地で踊りが踊られているので町全体が活気に溢れていく印象がありますよね!

色々な所で踊りが踊られていると思うと楽しい気持ちになりますね!
ぜひ都合の良い日程があったら見に行ってみてください!

白鳥おどりの口コミをご紹介!


では実際にこの踊りを見に行った人たちの口コミをご紹介いたします!

郡上おどりと共に有名とされているのがこの白鳥おどりです!
開催されている場所をしっかり調べておき、駅の近くで踊る日に行くようにすると、運が良ければ郡上おどりと一緒に見ることができます! 各地で開催しているので2つ同時に見たい!という場合はぜひ調整してみてください!


白鳥おどりと共に有名なのが郡上おどりです。
せっかく岐阜まで来たなら両方見てみたいですよね?

もし日程の調節が可能で両方見てみたいという場合は、駅前で踊っている日程に見に行くようにすると郡上おどりも同じタイミングで見ることができるかもしれません!

もし余裕があればぜひ日程を合わせながら立ち寄ってみてください!

郡上おどりと比べると若干穴場とされている白鳥おどりですが、本当に楽しくい踊りだと思います!
踊りも簡単でその場で覚えて踊れるようになるのでとても楽しいです♪
郡上おどりと併せてぜひ踊ってみてください!


踊りが簡単だというのも人気のポイントの一つです。
ややこしい踊りではないので誰でも楽しめるのが魅力的ですよね!

とても楽しい雰囲気となっているので、ぜひこれを機会に一緒に踊ってみてはいかがでしょうか?

まとめ


このように白鳥おどりというのはたくさんの人から親しまれてきた踊りです。

なのでぜひ上記に記載した日程を参考にしてみて、行けそうな日がありましたらぜひ足を運んでみてください!

またその踊りも複雑なものではないのでぜひ覚えて一緒に踊ってみてください!
きっと楽しい思い出になると思いますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする