スポーツサングラスの違い☆意味のある役立つ機能のあるものは?

紫外線が人の体の様々な部分に悪影響を及ぼしてしまうということは、もはや誰もが知っていることですね。
特に気になるのが目に受ける紫外線です。

スポーツをする際などには、屋外の場合、この影響が大きく懸念されます。
そこで愛用者が増えているのがスポーツサングラスですね。

ただ、選び方が難しく感じてしまうという方も少なくありません。
そこで、そんなスポーツサングラスの違いを知り、意味のある機能的なものを選ぶためのポイントを紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポーツサングラスの違い


まずいくつか種類のあるスポーツサングラスの違いを知ることが、意味のある物を選ぶための第一のコツですね。
スポーツ選手がかけているサングラスを観察してみると、外見からも違いがあることが分かります。

例えばよく見かけるのが、サングラス表面がぎらぎらと光るミラーのようなレンズのものですね。
このミラーレンズは、レンズ表面が光を反射するよう、膜をコーティングしてあります。
水面や雪からの反射に適したサングラスであると言われています。

それから、このミラーレンズのもう1つのメリットが、外側から見ても目元の表情が分かりにくいということです。
そのため、野球の際など表情を相手に読み取られないようにするためにも役立ちます。
一見、外側が見えにくいのではないかというイメージを持ってしまいますが、光の量や色調も調整可能で、良好な視界を保つことが可能です。

それからもう1つ、今大変人気が高いのが、偏光レンズと言われるものです。
これは光の乱反射光線をカットする効果が高く、ギラギラとした視界を整えてくれます。
水上、雪上のスポーツや、芝の色を見極めたいゴルフの際などに役立ちますね。

また、調光レンズと言われるものもあります。
これは紫外線量によってレンズの色が変化するという面白いものです。
光の加減により、色を変えながら目に入る光を調整してくれる便利なアイテムで、夜間や室内でも使用できるのが嬉しいですね。

スポーツサングラスをかける意味


スポーツサングラスをかけている選手などを見ると、オシャレのためにかけているのか、なんて考えてしまう方もいます。
ですが、これは決してオシャレのためではなく、スポーツサングラスには大きな意味があるものなのです。

まずは強烈な紫外線から目の健康を守るための意味があります。
目に入る紫外線は様々な眼病の原因になるだけでなく、お肌にシミを作る原因にもなります。
そのため、男性のみならず女性アスリートの方などもサングラスをかけているのをよく見かけますね。

また、このスポーツサングラスは、まぶしい強い日差しの中でも視界を良好に保ち、スポーツのパフォーマンスを向上させるという意味もあります。
照り返しなどで視界が悪いと成績が落ちてしまうこともありますが、うまく光を遮りながらも視界をきちんと保つスポーツサングラスを用いれば、この問題を解決することができるのです。

スポーツサングラス☆意味のある物の選び方


スポーツサングラスを活かすためには、意味のあるものを選ぶ必要があります。
まずは色ですが、実はこれには大きな意味はありません。
色が濃ければ濃いほど良いというものではなく、逆に色が濃いと瞳孔が開き、かえって影響を受けやすくなるので注意が必要です。

重要なのは紫外線カット機能が付いたレンズであるかどうかという点ですね。
極端に言えば、紫外線カット機能さえあれば、透明の伊達メガネでも良いわけです。

それから、スポーツサングラスはスポーツのパフォーマンスを向上させるべきアイテムですから、動きにくくなるようなものも避けなければなりません。 きちんとフィットする使用感のモノを選びましょう。

また、フレームの大きさ、太さといった点も視界を決める大切なポイントになります。
どのようなスポーツをするのか、目的に応じたスポーツサングラスを選ぶことが大切ですね。

まとめ


スポーツサングラスは違いが大きく、スポーツによって適したものを選んでいくことが重要です。
実は意外と奥が深いものなのですね。
かっこよく見えて、ファッション性に優れているという印象のスポーツサングラスですが、見た目だけでなく、しっかり意味を感じられるものを選んでいくようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする