春野菜の栄養の特徴とは?美容やダイエットに良いものはどれ?

春野菜というと、苦みがあったり独特のニオイがあったりと、食べにくさを感じるものも多いですね。
実はそんな春野菜、体に見逃せない栄養が含まれているものなのです。

では、春野菜の栄養の特徴と言えば、どういったことが挙げられるのでしょうか?
特に美容やダイエットに効果的と言われるものも、知っておきたいところですね。
そこで、そんな春に旬を迎える野菜について、紹介していきましょう。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

春野菜の栄養の特徴とは?


春野菜にもイロイロな種類がありますが、トータル的に見てみると、栄養面で特徴があることが分かります。
そんな春野菜の栄養の特徴的なものが、植物性アルカロイドと言われるものです。
これは特に、独特の苦みやニオイを持つ春野菜に多く含まれるものとなっています。

植物性アルカロイドというのは、体の中にこもる熱や水を排出する作用を持つ成分で、腎臓の濾過機能の向上にも役立ってくれます。

それから、他にも香りの強いセリ科の春野菜などは血圧の調整に役立つテルペン類が含まれていたり、キャベツ等の辛味を感じる野菜ではグレコシノレートという肝臓の機能向上に役立つものも含まれています。

もちろん春野菜には、各種ビタミン類やミネラルも豊富で、様々な方面から健康を支えてくれる心強い味方になってくれます。
例えば抗酸化作用のある成分を含むものも多く、こういったものを食べることで、生活習慣病の予防やアンチエイジングにも役立ちます。

春野菜の美容効果は?


春野菜は、美容面での効果も高いとされています。
春に大きく育つ野菜は、厳しい冬を乗り越えてきたものばかりです。
そのため、厳しい環境でも育っていくために、豊富な栄養を蓄えており、これが美容面での嬉しい効果を発揮するのです。

例えば春野菜の定番である新じゃが芋。
これは皮ごと食べられるほど柔らかいのが魅力で、美容に嬉しいビタミンCがたっぷりです。
しかもでんぷんに守られて、ビタミンCを摂取しやすい形で含んでいるのもうれしいですね。
カリウムもたっぷりで、むくみの解消にも役立ってくれます。

それからもう1つの定番、春キャベツですね。
ビタミンCや抗酸化物質が豊富で、美容効果が抜群です。
春キャベツは柔らかくて甘味があるので、加熱せずに生の状態で、栄養をしっかり摂り入れられるようにしたいですね。

春の野菜と言えば筍をイメージする人も多いでしょう。
特に食物繊維が豊富なので、便秘の解消に役立ってくれる野菜ですね。
亜鉛、ビタミンBやE、カリウムなどが豊富で、美肌や美髪づくりに役立ってくれます。

このように、春野菜はそれぞれに、様々な美容効果を発揮してくれます。
イロイロな春野菜をまんべんなく摂り入れて、美と健康に役立ててみてください。

春野菜☆ダイエット効果は?


栄養豊富で美容にも嬉しい効果が期待できる春野菜。
実はダイエットにもしっかり働きかけてくれます。

まず、春野菜に含まれる植物性アルカロイドやグレコシノレートといった栄養素は、体の中で腎臓、肝臓の機能向上に役立ちます。
これらの機関は体のデトックスに大きく関係しており、特に肝臓は毒素を分解して排出する大切な役割を持っています。
そのため、春野菜を積極的に摂取することでデトックス効果が期待でき、体内の余分なものを排出することで代謝アップが狙えるというわけです。

また、春野菜の中には食物繊維が豊富な物も多く、これはダイエットの大敵である便秘の改善に役立ちます。
さらに、豊富に含まれるビタミンやミネラルも身体の代謝促進に効果を発揮し、痩せやすい体作りを目指すことができます。

また、春キャベツなど柔らかくて生で食べられる野菜も増えますので、こういった生野菜を食べれば、酵素も摂取できます。
酵素と言えば代謝アップには欠かせない、ダイエットの心強い味方ですね。

このように、春野菜はダイエットに役立つ要素がたっぷりある、女性にとっては特に見逃せない野菜なのです。
ぜひ、旬の野菜をたっぷりと取り入れた食卓を、美と健康の維持に役立てていきたいですね。

まとめ


春野菜は栄養の特徴が大きく、健康の維持に役立つだけでなく、美容やダイエットといった視点でも非常に魅力的であることが分かりました。 野菜は旬で美味しい季節にしっかり食べるに限りますね!
春には、春に旬を迎えた美味しい野菜をバランスよく食べて、内側からキレイを目指してみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする