きゅうりの漬物☆ダイエット中には役立つ?カロリーはどう!?

c074691a1c072a47023293e5f0c27d62_s
夏になると旬を迎える野菜の1つ、きゅうり。
あっさりとしており、いくらでも食べられそうになってしまいますね。
そして、この食材を使用したお料理で、定番中の定番と言えば、漬物です。

そんなきゅうりの漬物、ダイエットという視点で考えると、これは役立ってくれるものなのでしょうか?
また、カロリーなども気になるところですね。
そこで、そんな気になるきゅうりの漬物について、調べてみました!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

きゅうりの漬物☆ダイエット向き!?

28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_s
夏と言えば薄着になる機会が増え、ダイエットを考える方も急増する季節ですね。
そこで、きゅうりの漬物がダイエットに向いているという朗報があります。

きゅうりはその成分のほとんどが水分ですが、ホスホリパーゼという酵素もふくんでいます。
この酵素は脂肪を分解する作用があると言われており、ダイエットに役立ってくれることが分かっているのです。

そんなホスホリパーゼは、酵素ですので加熱することで効果が得られなくなるというデメリットがあります。
つまり、せっかくダイエットに活用するなら、きゅうりは生で食べるべきというわけですね。

その点、漬物は加熱せず生の状態ですから、この酵素を効率よく摂取することができます。
そして、身体の中で脂肪を分解してくれるという効果を得られやすいのです。

さらに糠漬けなどにした場合、乳酸菌などの効果も得られます。
糠漬けにすることで栄養価が増し、乳酸菌パワーでダイエットの大敵である便秘の解消にも役立てることができます。

漬物ならカリウムなども豊富に含まれたままなので、むくみの解消にも役立ちますね。

ダイエットのためにと、酵素ドリンクや酵素サプリなどを購入すると、お金がかかってしまいますよね。
それに、ドリンクやサプリでお腹を満たすのは難しいものです。

そんな時、きゅうりの漬物なら食べ応えもそこそこありますし、旬の夏場ならお金もほとんどかかりません。
これならダイエットにも活用しやすいですね。

きゅうりの漬物☆ダイエット時の注意点

0d4304a4763f49bec3c2bdc55729475b_s
きゅうりの漬物をダイエットに活用したいのなら、気を付けるべきポイントがあります。

まず1つ目に、加熱してしまわないことです。
中には、軽く煮立てた漬け汁にきゅうりを加えてひと煮立ちさせ、それから漬け込むといった方法もあります。
ですが、こうして加熱することで、せっかくの酵素が無くなってしまいます。

それから2つ目に、味の種類に気を付けることです。
きゅうりの漬物と言っても、糠漬けや甘酢漬けなど、様々な種類があります。
ダイエットに適したものなら、やはり糠漬けでしょう。
甘酢漬けの場合には、砂糖を入れすぎないように気を付けなければなりません。

それから、3つ目に食べ過ぎないことです。
きゅうりの漬物は、ついついお箸が止まらなくなる美味しさを持っています。
ですがだからと言って食べ過ぎてしまうと、やはり太ってしまいます。

塩分の摂り過ぎでむくむこともありますし、きゅうりは身体を冷やす食べ物なので、冷えすぎて代謝を落とす可能性もあります。
そのため、適量の摂取というのを心がけなければなりません。

きゅうりの漬物☆カロリーは?

195c0a7e54697e666d78fe7eabac18ef_s
では、そんなきゅうりの漬物、カロリーはどの程度なのでしょうか?
これは、種類によって異なります。

例えば塩漬けの場合、カロリーは1本分でも15キロカロリー前後です。
浅漬けの場合も17キロカロリー程度で、それほど高くはありません。
糠漬けなら20キロカロリー程度です。

実はきゅうりという野菜は、そのほとんどが水分であるため、特にカロリーの低い野菜として知られています。
ビタミンKやビタミンC、葉酸などを含み、特にダイエットで気になる栄養素というのはありません。
ただし、漬物になることで塩分は高くなっていますので、そこは注意が必要ですね。

カロリーという視点で見てみても優秀なきゅうり。
これを漬物にして、酵素ごと食べていれば、夏痩せにも成功できるかもしれません。

まとめ

きゅうりの漬物はダイエット中にぴったりです。
おやつ代わりにポリポリといただいてみると良いですね。

ただし、ご飯が進む味なので、ついご飯を食べ過ぎてしまうということのないように要注意です。
気を付けながら、上手にダイエットに活かしてみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする