スニーカーの洗い方、シミや臭いを防いで白く洗い上げるには?

スニーカー 洗い方
遊んだり運動したりと元気いっぱいな子供たちのスニーカーって
すぐに汚れてしまいますよね。

そのまま履き続けると、臭いがキツくなり、足の臭いの原因にもなってしまいますので、
こまめに洗いたいものです。



スニーカーをブラシでゴシゴシ洗って綺麗になったと思ったのに、
乾いたスニーカーを見ると、茶色いシミが浮き出てきたり、
汚れが残っていたり、白いスニーカーに黄ばみが目立ってしまったり・・・

さらに、乾かし方に問題があるのか、くさい臭いがするなど、
洗いあがりに不満を感じている方は結構多いのではないでしょうか?

スニーカーの効果的な洗い方ってどうすればいいのでしょう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手洗いでのスニーカーの洗い方


洗う前の準備


紐がついているものは紐を外します。

泥がついていたら、古歯ブラシなどのブラシを使って、落とせるだけ泥を払い落としておきます。

洗い方

(手が荒れやすい方は、ゴム手袋を着用するようにして下さい)

洗剤は、スニーカー洗い専用のものが売られていますが、普通の洗濯用洗剤でもいいです。

汚れが酷い時は、ブラシを使ってゴシゴシこすり過ぎると生地が傷んでしまうので、つけ置き洗いがオススメです。

バケツや洗い桶に洗剤をぬるま湯で薄めた洗濯液を作って、スニーカーを数時間から半日程度つけ置き、その後ブラシでこすり洗いします。

ヒモ穴周辺など細かい部分は古歯ブラシなどを使うとよいでしょう。

また、部分洗いに歯磨き粉や、固形石鹸を使うのもおすすめです。

すすぎ方


すすぎは水を何度も替えながら、ブラシでこすって内側に染み込んでいる洗剤をしっかりとすすぐようにしましょう。

すすぎが不十分だと、乾いた後で汚れた洗剤液が茶色いシミとして表れることがありますので、よくすすぐようにして下さい。


スニーカーを洗濯機で洗う方法


スニーカーを何足も洗わなければいけない時など、1足ずつブラシで洗うのは大変ですよね。

そんな時に便利なのが、洗濯機を使ったスニーカー洗いです。

洗う前の準備は手洗いの時と同様に、紐を外して、泥汚れをブラシで出来るだけ落としておきます。

最近では、洗濯機でスニーカーを洗う人が多くなっているらしく、スニーカー専用洗濯ネットなども発売されています。

専用ネットがない場合は普通の洗濯ネットを使ってもいいですが、片方ずつ別々の洗濯ネットに入れるようにして下さい。

また、外した紐も別の洗濯ネットに入れておきましょう。

洗濯機での洗い方のコツ


洗濯機での洗い方のコツは、
「高水位」で「規定量よりも多めの洗剤」を使うことです。

水の中でスニーカーが泳ぐようにすると、靴同士が擦れたりぶつかった時の摩擦による痛みを減らすことができます。

ブラシでこすらない分、汚れが落ちにくいので、洗濯機の中で数時間から半日程度つけ置きしてから洗うようにします。

洗濯機の脱水機能によりしっかり水気を切ることができるので、その分早く乾燥させることができます。

手洗いでスニーカーを洗った時も、洗濯機で脱水しておくと、早く乾きますし、生乾きの時間が短くなることで、雑菌の繁殖に寄る嫌な臭いが発生するのを防ぐことが出来ます。


また、最近ではスニーカー専用洗濯機を設置しているコインランドリーもあるようです。専用の洗剤を使用して洗うので、手洗いよりもキレイになると評判になっています。


スニーカーの臭いが気になる時は


白いスニーカーなど色落ちが気にならないものであれば、漂白剤につけることで臭いが気にならなくなります。

洗濯液を作る時に一緒に漂白剤を入れてもいいですし、洗った後で漂白液につけ置くのもOKです。

漂白剤につけ置きした後は、すすぎが不十分だと黄ばみの原因になることがありますので、しっかりとすすぐようにしましょう。


まとめ


革製や合皮のスニーカー、アディダスやナイキなどブランドスニーカーで色落ちや痛みが気になるものは水洗いは避けたほうが良いでしょう。

そのため、日頃から軽くブラッシングしてホコリを落としたり、硬く絞った雑巾で汚れを拭くなど、こまめにお手入れをするようにしましょう。
臭いが気になる時は、風通しの良い所で内側を乾燥させるようにしたり、消臭スプレーをしておくといいですね。

また、防水スプレーをかけておくと、汚れが付着しにくくなり、また汚れが付いても落ちやすくなりますから、スニーカーを購入したら、履く前にスプレーしておくといいですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする